Daily Colour Magic /// 毎日かけたい色の魔法 inluce.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心を身軽にして、人生をのびのびと生きたい方をサポートしている言の葉カラリスト:イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:メタファー ( 3 ) タグの人気記事



こんにちは、イン・ルーチェです。
週末二日間は、思いっきりオフモードを満喫できました。お陰様で、週明けの今朝は、心地よくスタートしています。

メタファーでもシンボルでもイメージでも。ピクチャー化させることの大切さ。_f0043134_09483293.jpg

と言っても、特別なことは、何もせず、ひたすら自宅の屋上で、ぼ〜っとしていました。
土地が狭く、庭らしい庭を用意できない代わりに、屋上を設けています。

今年、ようやく屋外用のソファセットを設置できたので、こうしてお茶を飲んでみたり(*^_^*)

メタファーでもシンボルでもイメージでも。ピクチャー化させることの大切さ。_f0043134_09483463.jpg

「家を建てる時に、色々、こーしたい、あーしたい、と夫婦で話し合ったんですが、結局、普通の家になってしまいました」

このように言われる方、結構多いです。

普通の家の定義というものがよく分からないですし、仮に普通の家というものがあるとして、それにはそれで良いところが沢山あるからこそ、普通(一般化)されたのだろうと思います。

ただ、少しは普通でない家がいい、と望んでいたにも関わらず、結果として普通だな、、、と思われたのであれば、それは少し残念に思われるかもしれませんね。

メタファーでもシンボルでもイメージでも。ピクチャー化させることの大切さ。_f0043134_09484143.jpg

「普通でない家にしたいと思ってできた人と、できなかった人との違いってなんだろう?」
私の興味・関心は、ここに向かいます。

そして、そのような興味・関心がわき上がると、それを答えてくれそうな人に尋ねてみるのですが、

「イメージしきれたか、しきれなかったかの違いだろうね」

との答えが戻ってきて、素直に納得してしまいました。

メタファーでもシンボルでもイメージでも。ピクチャー化させることの大切さ。_f0043134_09483844.jpg

イメージ、シンボル、メタファーの中では、イメージが最も日常口語として使われているかと思います。
「イメージングの大切さ」なども、頻繁に言われていますよね。

ただし、イメージと言われるものには、雰囲気といった、何だかほんわりとした感覚のものも含まれているように思います。
もし、何かを叶える(実現させる)ことを強く望むのであれば、具体的に描画できるレベルにまで、昇華させることが大切です。

私はこれをピクチャー化させると言っています。
1枚の静止画像でもいいですし、行為であれば、4コマ漫画のような感じでしょうか。

セッションでも、ピクチャー化させることを大切にしています。
そうすると「実際の生活が変わってきています」というフィードバックに繋がりやすくなります。

ただ、イメージングって魔物のようで、ねつ造もできてしまいます。
そうすると、叶えられることなく、疲弊だけしてしまう、ということもなきにしもあらずらので、ピクチャー化にご興味ある方は、丁寧にデリケートに行うことをお薦めします。

また、イメージ=右脳的、と思われがちですが、どうしてどうして、イメージは思考連想でも成立します。しっかりと左脳的であったりもするんですよ。

ですから、私は、セッションでは、余りイメージという表現を用いることはなく、メタファーあるいは、シンボルと言っています。

クリーン言語のカイ先生も「メタファーって何ですか?」との質問に対し、「描くことができる物」と答えておいででした。

ほんわりとした状態には、心地よさもあったりしますが、是非、もう一歩進めて、ピクチャー化されてみてはいかがですか?
メタファーでもシンボルでもイメージでも。ピクチャー化させることの大切さ。_f0043134_09482984.jpg


センスいいな〜。
by inluce | 2019-08-26 10:14 | クリーン言語

こんばんは、イン・ルーチェです。
満月を控え、夜空も明るさを増しています。
未知の解の訪れ方と、新しいアイデアの生まれ方…その時、私に何が起こっているか!_f0043134_22151948.jpg
本年度の講義が始まりました。
「色彩学」→「カラーデザイン」→「カラーコーディネート」と、講座名称の変更はありましたが、かれこれ20年になります。

基礎理論として伝えることに変わりはないのですが、講座の組み立てを一新したいと、頭をひねっていました。
その甲斐あってか、これまでとは、全く異なるスタートのきりかたを思いつき、学生の反応も上々です。

以前、クリーン言語のセッションで、新しいアイデアを生み出している時、私に何が起こっているかを、メタファー化したことがあります。

百科事典の中で、ページとページの間にはしごがかかり、
書かれている情報が、ページを超えて、再編纂されている。
私は、そのはしごを自由に行き来している。

私のメタファーは、このようなものでした。
『こびとの靴屋』さながらに、自分が、こびとサイズになった感覚がありました。

その時味わった実体感を、思い出しながら、授業のアイデアをギリギリまで練っています。

メタファー化することで、おぼろげな感覚にアウトラインを与えて、認識を促すことが可能になります。
認識されれば、その後の再現は容易になり、必要な時に、自分のリソース(資質)として、役立てることができます。

この百科事典の中の、はしごを行き来するこびと、のメタファーは、私の出会ったメタファーの中でも
特にお気に入りです。

お気に入りのメタファーは、思い出すだけでも楽しいものですが、必要に応じて、自分にとっての強力な助っ人になってくれるのも、嬉しいところです。

未知の解の訪れ方と、新しいアイデアの生まれ方…その時、私に何が起こっているか!_f0043134_22152556.jpg


ハートの日でした。
by inluce | 2019-04-18 22:38 | クリーン言語

こんばんは、イン・ルーチェです。
強風に閉口しながらも、春めいた陽光に心浮かれた1日でした。

〜探求せよ。そうすれば見つけることができる〜_f0043134_23101684.jpg

誘われて、初シルク・ドゥ・ソレイユに行ってきました。
今回の演目「キュリオス」は、産業革命の頃が舞台となっています。

私を虜にする歯車の重なりがモチーフだったり、、、などなど、ど真ん中直球ストライク!といった感じで、思いっきり楽しむことができました。

小道具の中には、イン・ルーチェにディスプレイしている物と同様の類いを発見したり、ニマニマと顔が緩みっぱなしでした。

参加している講座やら、大好きなアイテムやら、、、繋がるとは思っていなかった物が、繋がってくる瞬間の興奮とワクワクは、いつになってもたまらない感覚です。

以前にクリーン言語のセッションで、メタファー(比喩)を使って、自分の強みを発見している時にも、同じような経験をした記憶があります。
その時も、今回も、自分自身がとても活性化できました。

お陰で、翌日から、サクサクと身体が動いています。

〜探求せよ。そうすれば見つけることができる〜_f0043134_23101948.jpg



More
by inluce | 2019-01-29 23:29 | クリーン言語