ハートを軽くのびのびと /// ココロ体重を軽くして、多様性社会をしなやかに生きる /// イン・ルーチェのセッションルーム便り inluce.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心を身軽にして、人生をのびのびと生きたい方をサポートしているイン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:ハート瞑想 ( 5 ) タグの人気記事



こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
こちらはミストの前身スーツに覆われているような高湿度です。
お肌にはいいのかもしれませんが、カラッとしたいです。


f0043134_14134072.jpg




前回の投稿をフェイスブックにリンクシェアする際に、

「セッションに出現するメタファーを描けたら、私、きっと、画家になります。
誰もが目にしたことのないモチーフを、延々と描き続けることができるのですから、きっと、天才画家って言われるはずです(^_^;)」

と、追記しました。

この誰もが目にしたことがないモチーフ………は、ハート瞑想の時にもしばしば出現します。「これって、確かに花だけど、このような花、見たことないな〜、いったい何処に生息しているんだろう???」とか、「うわぁ〜、グランドキャニオンみたいな赤土の大地に座っているけれど、目の前に臨むのは氷河だ〜」とか、とか。

これを描画表現できたならば、どれほど幻想的で独創的な表現ができることかと、いつも思います(^_^;)

これらの経験から、クリエイターに限らず、独創的な展開が必要な立場の人が、瞑想愛好家であることも頷けますし、クリーン言語のカイ先生の個人セッションが、シェイクスピア劇俳優やノーベル受賞科学者、政治家、企業の重役の方々に及んでおられるというのにも納得できます。
(「クリーン言語とEK」日本支部 公式サイト参照しています。詳しくは以下オフィシャルサイトをご覧下さい。)



さて、前回の投稿でも告白したように、描くことに大の苦手意識を持っている私として、クリーン言語に伴う画像問題の解決策としての試みが、の画像です。


f0043134_14134072.jpg




トレーニングの土産話、狭い自宅で参加していたZOOM開催によるカイ先生のトレーニング講座の雰囲気などなどから、パートナーが抱いていたらしい、クリーン言語のイメージなどが反映されています。

下の方の余白部分は、これから、少しアイデアがあります。どうぞお楽しみに!

最初は「CLEAN LANGUAGE」のみの表記だったのですが、デイビッド・グローブとカイ・デイビス・リン(カイ先生)開発の、オリジナルなクリーンランゲージであることを伝えるという意図をもって、David Grove`s CLEAN LANGUAGEとなりました。これはクリーン言語日本支部代表の泉圭子さんのご助言によるものです。

このオリジナルなクリーンランゲージということについは、先日参加した「#ドラマフリー」の講座の中でも、ケイトリン先生が明言されていたことです。

「#ドラマフリー」講座も、とても有意義な内容で、お伝えしたいことが沢山ありますが、それはまた別の機会にいたします。

私は、これまで、各種様々なトレーニングに参加をして、それを実践の場に持ち込んで…ということを繰り返してきました。それを通じての私の個人的な意見として、「どれ一つとして万能と言い切れるものはない」ということです。それは、人それぞれ、状況それぞれだからです。

ですから、源流を同じくしながらも、支流のごとく、様々な技法として展開されることは当然のことだと思っています。
だからこそ、系譜の理解は大切です。それにより、支流として流れ出しているそれぞれの流れが尊重されるのだと思っています。

今回の私の画像は、いちクリーン言語テクニシャン 吉野たか美として、クリーン言語についてお伝えする場合の画像として使われるものです。クリーン言語のオフィシャルロゴではありませんことを、先だってお伝えしておきたいと思います。

ディビッド・グロブ&カイ・ディビス・リンセミナーのロゴは、先にご紹介したクリーン言語日本支部の公式サイトでご覧頂けますので、是非、お尋ね下さいませ。

f0043134_07000630.jpg

f0043134_14224073.jpg



新緑の庭。
by inluce | 2019-07-22 14:36 | クリーン言語

画像問題発覚中です。


こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
この週末は、地区の夏祭りなのですが、生憎の空模様。
それでも浴衣姿の小学生を見かけると、嬉しくなってきます。

f0043134_07000630.jpg
今は、この木々を眺めながら、このブログを書いています。

春先以降、セッションメニューのリニューアルと並行して、ホームページのメンテナンスに取り組んでいます。
そして、私を一番に悩ませるのが、画像問題。

クリーン言語セッションやクリーンスペース、ハート瞑想、サトルボディヒーリング、マインドヒーリング、そしてインナービーングセッションに至るまで、現在のイン・ルーチェセッションメニューのほとんどが、ツール(道具)を使いません。使うとしても、時折、それも、紙とペンやクレヨンで充分です。

f0043134_07001991.jpg
これまでは、パーソナルカラードレープや1000色以上が含まれるカラー見本帳アンコンシャスカラーの色彩版、それにオーラ・ソーマのボトルなど、カラフルで見た目にインパクトのあるツールが私のセッションのお供でした。

色は目で受け止める感覚ですから、今でも色彩学の講義やカラーコーディネート関連の仕事に、パーソナルカラードレープやカラー見本帳は欠かせませんし、これはこの先も変わることはありません。

f0043134_07032533.jpg

その一方で、心理面やメンタル面をサポートするセッションにおいて、「ツールを使わない方向を目指したい!」とは、長い間の夢というか、私が目指していたことです。

現在、カウンセリングやコーチング、ヒーリングなどのメニューで、ツールを使うことが少ないというのは、その方向にシフトすることができている証でもあるので、とても喜ばしいことですし、私自身も嬉しい思いでセッションを提供しています。

ところが………唯一の問題と言えば、、、、、

そう、画像問題なのです。

2、3日前のニュースでは、インスタグラムが「いいね」の不可視化を試験する、とのことでしたが、どれほど「いいね」が不可視化されようが、昨今の情報伝達にビジュアル画像は欠かせません。ツールというのは、その情報伝達画像として、非常に働き者でもあったのです。

ところが………ツールがない、、、、、働き者を手放した、、、、、画像が、、、、、。

「セッションをイメージさせる画像を使えばいい」とは分かっていますし、実際にホームページもそのように対応しています。

f0043134_07002391.jpg
が、しかし、ブログとなると、それが追いつかない、と、さりげなく言い訳を(^_^;)

クリーン言語のセッションでは、テーマや、セッション最中に出現するメタファーやシンボルを、画像化するというのも、ユニークなアイデアとは思いますが、描けない私にとっては、画像を探すことに追われる羽目になるのです。

もし、描くことができたのであれば、それはそれは、独特のビジュアル情報になること間違いありません。
クリーン言語のセッションを提供するようになって、一番残念に思ったことは、描くことが恐ろしく不得手ということでした。。。。。。。

f0043134_07001991.jpg
と、あれやこれやウダウダぐだぐだとなりましたが、そもそも画像問題は、私が目指していた方向で、心理セッションが提供できることになっていることの副産物のようなものですから、楽しみながら、この問題と格闘しようと思っています。

というわけで、「インスタ映えって何?」って感じのブログですが、それでもよろしくお付き合いくださると嬉しいです。

f0043134_07003064.jpg


お味以上のお土産は…。
by inluce | 2019-07-20 07:10 | セッションルームから

こんにちは、イン・ルーチェです。
手の中に、水滴を収めることができそうな湿度ですね。いかがお過ごしでしょうか?
6月は、当初の予定以上に、トレーニングやプラクティスの日々となりました。
f0043134_16153766.jpg
まずは、ユニオミスティです。
アートオブリーディングのトレーニングを受けてきました。
兼ねてから興味があり、メニューとしてご提供できればいいなぁ、という思いはもちろんでしたが、

それ以上に、主催者が、高いホスピタリティとサポートで、いつも本当に満足したトレーニングを提供くださる和尚アートユニティさんであることや、
開催地が鎌倉という点も後押しとなりました。

「ハート瞑想ができればいいなぁ」ということも含まれていました。

瞑想リトリートへの参加が遠のいていたので、しっかりとした瞑想リーダーの元で瞑想したい!となっていたのです。
f0043134_16280228.jpg
コースの内容は、想像以上に素晴らしく充実したものでした。
初めまして、の私を、暖かく迎え入れてくださり、とても満たされる思いで過ごすことができました。

そして、期せずして、ティーチャートレーニングコースへの進級が叶い、ティーチャーとして、ユニオミスティ アートオブリーディングのコースをご提供できることになりました。

ユニオミスティについての詳しいことや、コースについては、また別の機会にお伝えしますね。どうぞ、お楽しみに。


f0043134_16154170.jpg
もう一つは、クリーン言語です。
カイ先生のマスタークラスに加えて、クリーン言語テクニシャンのアセスメントを控えておられる方々へのピアサポートグループに参加しました。

サポートといっても、毎回、しっかりと復習することができ、とても貴重な時間でした。

カイ先生のクラスは、イギリスとの兼ね合いで20時〜、
そして、サポートグループの集まりも、お仕事から帰宅されて、あるいは、子供さんの熟の合間を縫って、という事情から、20時開催が多く、最近の私にしては珍しく、夜遅くまで頭を駆使していました。

11月には、カイ先生の来日も予定されており、今からとても楽しみです。
予復習をしっかりしておこうと、俄然、やる気スイッチが入りました。

f0043134_16581111.jpg
ユニオミスティと、クリーン言語とで、ほぼ埋め尽くされた6月でした。

人によっては、全く似ても似つかない2つのプログラムに見えるかもしれませんし、
人によっては、某かの類似性を見いだされることもあるかもしれません。

アプローチこそ異なりますが、複雑怪奇な、思想や哲学、秘境などを介在させることなく、LESS IS MOREで、心の変容を起こすことを促している。
これが私にとっての共通点です。

どちらもシンプルな魔法のようです。


それはまるで魔法のよう。
by inluce | 2019-06-30 17:40 | easy going

f0043134_23283026.jpg
こんばんは。イン・ルーチェです。
昨日のキレの悪さから一転、今日は朝からサクサクでした101.png

ハート瞑想を日常的に行うようになってから、昨日のようなキレの悪い日や、何だかスムーズにいかない日でも、心の中がモヤモヤ、ワサワサすることなく、穏やかに過ごしていられるようになりました。

【今、ここの感覚を大切にする】といった感じです。

そうすると、ものごとは、必要以上にはややこしいことにはならないんだな〜ということにも、随分と信頼をおくことができるようになってきました。動きたくても動かない時は、そのことにジタバタせずに、動きの流れがくるまで、ゆったりと任せている感じです。

動き出すタイミングがくれば、必ず、動き出すものなんだなぁ〜ということも、随分と体得できるようになりました。

このことが“ゆる気”を支えています110.png


【今日は、これまでの講義で一番難しかったです。でも、一番楽しかったです!】

疲れも一瞬で吹き飛ぶような学生のコメントです。しなやかさが清々しく、改めて、学生に指導する機会を与えられていることに感謝した1日でした。


「いろのミミログ」も、随分と段取りよく進めることができるようになってきました。
どんどんと、マニアックな方向に進んでいきたいな〜というのが本音です。

よろしければ、お耳くださいませ。






久々に同行しました。
by inluce | 2017-06-06 23:42

f0043134_17440094.jpg
こんにちは。イン・ルーチェです。

午後のインナービーングセッションを終えて、ほっと一息ついたところです110.png

「活動状態の自分に、より価値を与え、沈静状態の自分に、より批判的になる」
このパターンに巻き込まれる人が、多くいるなぁ〜ということを、痛感した1ヶ月でした。

このパターンのままでは、本質的な寛ぎを得ることは、なかなか難しいのです。
瞑想をベースとしたセッションで、ほぐれていただくことを多くしていました。

「働いていない状態」と「寛ぎの状態」とは、似て非なるもの。
「何もしていない状態」
と「寛ぎの状態」とも、似て非なるもの。

「寛ぎの状態」には、穏やかさと静けさと活力とが共存しています。
だからこそ、そこで、皆さん、リチャージすることが叶えられるんですよね。
もちろん私もですが109.png

おサボりしている間に、エキサイトのブログも随分と様変わりしていることを発見。
まずは慣れていかないとな〜と、あちらこちらをいじっています105.png




花壇に出没する野菜たち
by inluce | 2017-05-28 09:33