セッションルーム便り /// イン・ルーチェのブログ /// ココロ体重を軽くして、自分らしく生きるために。 inluce.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心を身軽にして、人生をのびのびと生きたい方をサポートしているイン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

f0043134_23255574.jpg
皆さま、こんにちは、イン・ルーチェです。今日も冷えましたね。
今朝9:00あたりにサロンのセッションルームにあるファンヒーターのスイッチをいれたら、気温3℃と表示されました。見ているだけで、凍えそうです。雪の影響も出始めているようです。積雪地帯の皆さまには、大事ないことを願うばかりです。


f0043134_23310336.jpg

今週に入り、ようやくイン・ルーチェも平常モードに戻りつつあります。セッションでは、やはり「今年1年をどのように、、、」といったテーマが多いです。

私も、新しい年に入ると、その年の過ごし方や意識しておきたいことなどを決めていきます。ですが、数年前から、その決め方そのものが変わりつつあります。

新しい年を迎えると「今年はどのような年にしようかな…」との考えが頭をよぎります。そして、このように目標や計画を立てる場合、【動物的な脳の目標の立て方】と【植物的な脳の目標の立て方】とに大別することができます。

通常の社会生活を送る場合は、【動物的な脳の目標の立て方】が主体となることが多いのですが、このクラスでは、【植物的な脳の目標の立て方】に着目することから計画のくみ上げを行います。これは、季節や天候を配慮したプランニングのようなものです。科学技術が発達する以前から、ごく自然に私たちの営みに組み込まれた、理に適った、且つ無理と無駄のない手法だと言えるでしょう。(「いにしえの叡智を日々に活かす 〜2018年の計画・目標の組み上げ方」フライヤーより)


一般に計画立てという場合、やはり【動物的な脳】で、立案しているなぁ、と思います。しかし、年齢も積み重なってくると、計画倒れに終わりやすいのも、この【動物的な脳】によって立てられた計画が多いです。ですから、最近では、【植物的な脳】も組み込んだ計画立てをしています。


これがとてもいい感じに進めることができるので、ご一緒できる方を増やしたいなぁ、と思って、新春イベントをご用意しました。

f0043134_23261200.jpg
本当は、もう少し、詳しく書くつもりでいましたが、うっかりつけたTVで、今日からスタートした石原さとみさん主演の『アンナチュラル』が、とても面白く、ついつい見入ってしまいました。23:00も回ると、頭の回転も鈍るようになったので103.png、続きは次回にさせてくださいませ。

『アンナチュラル』は、連ドラ予約にしようかな〜と思っています。

ではでは、こんな宙ぶらりんな感じですが、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。引き続き、皆さまにとって、寛いだ素敵な時間となりますように。

以下は、少しだけ、トップ画像についてです。






やっぱり和三盆。
# by inluce | 2018-01-12 23:46 | easy going

f0043134_16193895.jpg
皆さま、こんにちは、イン・ルーチェです。青空のお陰で、随分と助かっていますが、ぐ〜んと冷え込んできています。腰が痛いです。先ほどまで、ミニ湯たんぽを腰にあてていました119.png

時節的とはいえ、センター試験は冬将軍とつるんでいるのではないかと思います。今週末にかけて、寒波襲来との予想が出ていますが、「センター試験だしね…」と口にすると、「あ〜」と誰しも仕方ないような顔をされます。

受験生の皆さん、追い込み時期でしょうが、どうぞ、暖かくして、ベストを尽くしてくださいね。


f0043134_16194221.jpg
小泉今日子さん、大好きです113.png
特に30代に入られてから、そして年齢を重ねられるごとにますます魅力的になられるなぁ、と、食い入るように眺めてしまいます129.png

そのキョンキョンが、50歳を迎えるにあたり、50歳を既に迎えておられる方々と対談された『小泉放談』。雑誌「GLOW」の連載時にも読んでいましたが、読破していたわけではないので、こうして書籍として読むことに。

対談相手の方のラインナップも見事です。好きな方も大勢みえて、ページがぐんぐん進みます。

私自身、7歳離れた姉がいるために、年齢を後追いすることには慣れっこなようで、特に50歳だから、と思うこともなかったのですが、これを読んで、身体の変調には意識的にいようと思いました。

そして、50代は、40代より、楽らしいです!
60代はもっと楽らしいですが、まだ少し時間があるので。

そんな風に肩の力を抜いて、20年以上お伝えしている「似合う色と服」というものを眺めてみたら、「服を着ることと運気」という景色が浮かび上がっていました。

「似合う」、「着回し上手」、「好き」、「好印象」、「断捨離」、「トレンド」、…服選びには時代に応じた様々な切り口がありますが、心の奥の希望として「気運を好転させる服選び」に勝るものはないのでしょうか?

「たかが服」と言ってしまえばそれまでですが、やはりそこは「されど服」です。仕事柄といえばそれまでですが、私自身、この服選びで、随分と自分の気運を調整したり、好転させたりしてきたのだなぁ、とつくづく思うようになりました。(「2018ワードローブ術 〜頑張り過ぎずに気運を好転させる服装術〜」フライヤーより)



パーソナルカラーの伝え方も、随分と、様変わりしてきたように思いますし、私自身、色の選び方についても、もちろん顔映りは考慮しますが、随分と幅が出てきました。年齢的なことも、体型的なことも、ごく自然な変化がやってきていますから、服選びの視座が変化するのは、とてもナチュラルなことだと思っています。

f0043134_16194632.jpg
f0043134_16194971.jpg
少ないアイテムを着回すミニマリストさんにとっても、旬のファッションを楽しみたいと思うファッショニスタさんにとっても、定番アイテムを大切に着たいという方にとっても、有意義にお楽しみいただける内容です。是非、ご参加くださると嬉しいです。ご一緒できることを、楽しみにしています。

ホームページアップが未だの状況ですが105.png、お問合せフォームから、お問合せお申込くださいますよう、お願いいたします。

ではでは、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。引き続き、皆さまにとって、寛いだ素敵な時間となりますように110.png


引き続き、トップ画像の追記です。









まい・ふぇいばりっと^^
# by inluce | 2018-01-11 16:49 | 服のこと

ツリだろうと思いつつ、クリックしてしまいました。
本当は、用意していた投稿原稿があったのですが、こちらに白旗。



こんな風に言い切ってみたいですね。

ちなみに、流行色協会のサイトは、とても勉強になります。

# by inluce | 2018-01-10 22:00 | 色のこと

f0043134_14312460.jpg
あらためまして、皆さま、あけましておめでとうございます。
今年も、できうることから、よい年にしていきたいですね。どうぞ、よろしくお願いいたします101.png

「一端立ち止まって、改めて考えてみる。お正月の意義はここにあるのではないかな、と思っています。これは老いた今でも変わりません。」
次の誕生日で84歳になる父が、元旦の食事会の最初に話した言葉です。(なぜだか分かりませんが、昔から、我が家では、家族揃った食事会となると、その冒頭に父の一言があります105.png

「easy going (イージーゴーイング)を、どのように伝えたらいいのだろう?????」

年始から私が考えていたのは、このことです。実際には、昨年もずっと考えていました。

ヒプノシスや瞑想の先生方の個人セッションを受けると、セッションも終わり、お礼を言って、ドアノブに手をかける頃に「Go easy.」と声をかけられることがあります。

また、インナーワークの講座などでは、「disease(病気、不健全な状態)」とは、「dis-ease」の状態のこと。などと語られることがあります。「dis」打ち消し語ですから、「ease」ではない状態ということなのですが、この「ease」を日本語に表そうとすると、なんだかしっくりこないというか、難しいなぁ、誤解されそうだなぁ、、、と、長らく思ってきました。「easy going」も同じです。

実は私、この「easy going」という表現の大ファンなのです113.png

トップ画像にも登場している電子辞書で、片っ端から調べてみると、、、、、、
easy…容易な、平易な、堅苦しくない、わかりやすい、(…することが)易しい、たやすい、簡単な、楽な、(…し)やすい、〈人・生活などが〉苦労[不便]のない、安楽な、安泰な、〈人・心・気分などが〉心痛[不安、悩み、心配]のない、安らかな、穏やかな、〈物・事が〉くつろぎ[安らぎ、慰め]を与えてくれる、気持ちの良い、快適な、楽な、、、、、、、、などと続きます。

最高!!!162.pngな感じがしませんか?

とはいえ、「楽に、簡単に、」などとなると、勤勉な日本人には、どうも居心地よく収まらないこともあります。なんだかなまけているような気分になるんですよね。
事実、更に続く意味には、〈人・性格・品行などが〉だらしのない、のんきな、ものぐさな、無精な、安逸にふける、、、なども記されていますから。

f0043134_15150790.png

楽な状態とは、身体に余分な力が入っていない状態のこと。
ベストパフォーマンスのためには、必須のコンディションであることは、スポーツ科学などでも折り紙つきです。

ですから、ネガティブな理解ではなく、ポジティブで肯定的な理解で、「楽・easy」と関わったら、日々の暮らしは、もっと過ごしやすく、機嫌良くなるのではないかと、ず〜っと考えていたのです。

というわけで、「気軽に・気楽に」と当てはめてみました。
イン・ルーチェのサイトには、このことを、もう少しだけ詳しく説明していますので、よろしければご一読くださると嬉しいです110.png


そして、これからは、この「気軽に・気楽に」を切り口に、ブログを書いてみようと思い、これまでのカテゴリーも一新することにしました。まだ、ほとんどありませんが、これから少しずつ増やしていけたらいいなぁ、と思っています。

f0043134_15244026.jpg
新春のセッションです。3月5日までの限定メニューとなっていますので、ご興味ある方は、是非、ご予約くださいませ。
上記のホームページからご予約いただけます101.png

ではでは、最後まで、お読みくださりありがとうございます。どうぞ、皆さま、easy goingで行きましょう173.png

引き続きはトップ画像に関するおまけ追記です164.png






今年の手帳たち。
# by inluce | 2018-01-06 15:44 | easy going





f0043134_21515580.jpg







# by inluce | 2018-01-04 21:52 | ご挨拶

f0043134_17440570.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?

前回のアップより1ヶ月半余りが経過していました(^^;)
変わりなく、セッションやワークショップなどを努めさせていただいています。

気分転換を兼ねて、PCでご覧いただく画面は3カラムにしてみました。ブログのアップがおぼつかなくても、ツイッターでの呟きをご覧いただきやすいように設定してみました。セッション後の体験談など、まずは、クイックにこちらに投稿していく予定ですので、よろしければご覧下さいませ102.png


さて、今回はスペシャル講座のお知らせです。
f0043134_17452220.jpg
オーラ・ソーマをはじめ、ハートのスクールとして45000人のクライアントさんをケアされてこられた、ディヴァライトの武藤悦子さんの恩師である、スボードの来日セミナーが開催されます。

昨年の東京開催に続き、今年は、愛知と大阪でも開催されます。



昨年、ワークショップ&個人セッションでのご縁をいただき、スボードより愛知開催を依頼されました(*^_^*)
包容力が高い心温まるリードの中で、自分自身の内なる智恵とつながっていくセミナーです。
スボードからのメッセージが届きましたので、まずもってお知らせさせていただきます。

INNER WISDOM(内なる智恵)
【内容】

智恵とは?それは知識ではなく、内面にある聡明さのことかもしれません。知性にアクセスすることはできません。ハートは内面の聡明さへの道であり、私たちはそこからすばらしい感受性を感じ、見ることができます。

このセミナーは内面への旅です。瞑想やパートナーとのワークを通じて、聡明さの源である内なるスペースを探検します。この内面とのつながりにより、私たち自身を、そして他者を思いやりを持って、正確に見ることができます。


f0043134_18002349.png<スボード プロフィール>
スボードはこれまでの人生を、自分自身を見つけることや他の人が自分自身を見つける手伝いをすることに費やしてきました。

インドのプネにあるOSHOマルチヴァーシティで、彼女は内面の変容のための東洋的なまたは西洋的なメソッドの広範なトレーニングを受けました。そして同時に彼女はそこのグループのセラピストとして働き、スピリチュアルなカウンセリングや精神的なリーディングで人々を導いてきました。

アメリカのセドナにあるメディテーションスクールでは長年カウンセラーを務め、そこでは継続的なプログラムを教えていました。また、無意識のパターンや人としての可能性に関する生き方をクリアにする、独特のメソッドを展開しました。

スボードは、数年にわたり日本人と仕事をするというすばらしい経験をしています。1994年から1995年に、オーラソーマカラーヒーリングを組み合わせたエナジーワークを日本で行いました。そして昨年に続き、再来日を果たし、自己発見への独自のアプローチを紹介します。



■INNER WISDOM 〜内なる智恵)BY スボード

12月2日(土)10:00〜16:00
会場:イン・ルーチェ

どうぞ、お楽しみに!
そして、世界中にクライアントを有するトップティーチャーの来日という滅多にないチャンスのために、是非とも、スケジュールを確保してくださると嬉しいです!





いちごジャム
# by inluce | 2017-10-16 18:04

f0043134_20385218.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
外では鈴虫が鳴いています。明日からは9月。本当にあっという間に時間が経っていきますね。

先日のセッションからの1コマです。トライアングルに配置されているボトルですが、間にあった2本をお渡しした後の撮影となったためです105.png
通常は4本をお選びいただきます。その中から、ご希望であれば、ヒーリングボトルとしてご自宅のケア用に、お持ち帰りされます。

オーラ・ソーマのボトルはデメター認証を保有していますから、ボディオイルとして塗布してもとても心地よいケアができます。
(デメターとは、ドイツのオーガニック製品を推奨・認定する団体です)
f0043134_10595966.jpg
この日のクライアントさんは、皮膚がとてもデリケートな方なのですが、オーラ・ソーマのボトルは気に入って使用されています。
元より、本当に激務と言っても言い過ぎではない方なので、セルフケアが大切だとは思われても、多忙が過ぎて、ケアまでたどり着けない状況です。
ですから、入浴後のボトル塗布は、ある意味手間いらずですから、何とか続けることが可能だとおっしゃいます。

月に1度のインナービーングセッションも、ご自身の調整のためにといった感じで、忙しい最中をスケジュールをやりくりして2年近く通って下さっています110.png
特に瞑想がお気に入りのご様子で、就寝前にCDを使って瞑想を続けてもおられます。
f0043134_11023984.jpg
そのことを、お友達に話されたところ、「『成功者は瞑想をしている』って聞いたから、私も始めたよ。」と告げられたそうです。

クライアントさんとしては、特段、「成功者」というキーワードにヒットはされていなかったので、「別に、そういう理由で始めたわけじゃないけど…」とモジモジされていたそうです112.png

どのようなキーワードにヒットするかは、個々それぞれ。思考回路の違いによります。

「仕事は正直キツイけれど、せっかくならば楽しく仕事をしたいし、いい仕事をしたい。スタッフの人たちにも、少しでも充実感をもって働いてもらいたい」
そのクライアントさんが、常々口にされていることです。

そのためには、自分自身の調心が大切だろうとお考えになり、瞑想が役立つな、、、と実感されている、とのことです。

f0043134_11034390.jpg
瞑想には5000年余りの歴史があります。
及び知ることのできない歴史ですが、何であれ、人類が、あみ出し、継承されてきたことだけは事実です。
途絶えるがなかったことには、やはり、某かの理由があると考えるのは、とても自然なことと言えるでしょう。

理由は何であれ、瞑想タイム、設けてみられてはいかがでしょうか?
いい感じですよ110.png
f0043134_11033236.jpg


またまた黄色。
# by inluce | 2017-08-31 22:12

f0043134_13104278.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
こちらは、随分と過ごしやすい日になりました。風がそよそよしていて心地よいです110.png

今日は、月に一度の高齢者施設でのワークショップでした。
「カラーセラピー講座」と呼ばれているこの講座では、平均年齢90歳の方々が、毎回1時間、カラフルな教材と関わりながら、お部屋にお持ち帰りになれるクラフト作品を完成させます。

メンバーは、都度、それぞれで、作る物も毎回ことなりますから、皆さんにとっては、いつもチャレンジの連続です109.png
「初めてこんなことしました」(お忘れになっている場合もあります)
「難しいね〜」
「一体、何ができるの?」(見本を置いていますが、これまた作業に夢中になられると、見本のことが頭から抜けてしまう方もおいでです110.png

「そう、難しいの!」
「ごめんね、難しいことさせて!!」
「でも、あんまりにも簡単でも、きっとつまらないと思うよ!!!」

と、大声でエールを送りながら、完成に向かってもらいます。

f0043134_15144781.jpg

1時間で取り組むことができる作業工程を考慮しながら、季節感を反映させた作品を用意するのですが、やはり色彩は大切です。
大切と言うより、色彩のもつ底力のようなものを、最も痛感できるのが、この講座です。

教材が鮮やかで多彩であると、「うわぁ〜綺麗!今日はこれを作るの!嬉しい!」と歓声があがります。
ですから、春や夏はもとより、秋であっても、冬であっても、鮮やかで多彩であることを心がけています。

私の衣服もその一つです。
色彩に関連したお仕事の場合、着衣は教材の一つ、ととらえていますが、この日はどちらかというと、衣装のような感じです103.png

ご参加の方が、目で楽しむことができたり、「素敵な色ね〜、そういえば、私も娘の時にね、、、」と会話の口火になったり、気分が明るくなったり、和んでいただけるような色合いを着ていきます。

この日ばかりは、“シック”や“トレンド”などには、無頓着で、ひたすら“綺麗な”色を着ていきます。
喜んでくださる姿が、格段に違ってくるからです。これまでの20年の経験の中で、学んできたことの一つです。

f0043134_15172808.jpg

地域性や、時代性、主観的嗜好など、色彩への反応は、多元的なものですが、それを超えた根源的な色彩の存在というのも、確かにあるな〜と、いつも初心に戻るような気持ちになります。

「先生と、以前に作った物も、お部屋に飾ってあるけれど、やっぱり置いてあると綺麗ですね。」
「家の者もね、『綺麗だね〜』って言ってくれるんですよ、尋ねてきた時にね。」 
こんな風に言っていただけると、本当に嬉しくて、準備の疲れも吹っ飛びます113.png


クラフトは表現アートセラピーなどでも行われますし、描画であれば、インナービーングセッションやハート瞑想でも、必要に応じて用いています。様々なレベルで、有用性が高いアプローチだと思っています。
f0043134_15185482.jpg


この夏エンジョイした黄色。その3。
# by inluce | 2017-08-28 15:50

f0043134_11540097.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
こちらは夏の日差しが戻ってきました。夏の日差しと、自転車で楽しそうに行き来する小学生さん達が、見事にマッチしている光景です。
昨夜、近所の居酒屋さんからの帰り道、前方から4列併走とおぼしき自転車のヘッドライトが近づいてきました。

もちろん、すれ違いざまには、きちんと縦列走行くださって、そして、背後に過ぎ去られた後で、
「楽しいよね〜、きっと」(私)
「楽しいにきまってるよ!」(家人)
「自転車を漕いで楽しいのなんて、今だけだよね」(私…若干偏見混じりですが105.png
「今しかないよ!」(家人)

「じゃぁ、また明日な〜」(少年達)

「『また明日』って言ってるよ。また明日を楽しみにするなんて、今だけだよ」(家人…ほぼ徹夜の仕事を控えて143.png
「やめなよ〜、そんなこと口にするの。夢も希望もなくなるから」

夏休みの素敵な一夜をお裾分けいただいた気分です109.png
f0043134_12255255.jpg
先日のブログを読んだ妹から、「昼間のすっきり感が違う。たまたまかもしれないけれど。」とメールが入りました。
何でも、ネットサーフィンをしながら寝落ちすることが多いらしいのですが149.png
その日、たままた1日スッキリしなかったため、丁度時間の空いた午後に、瞑想CDを使って瞑想をしたとのこと164.png

就寝前は、スマホを遠くに置いて、再び瞑想CDを聞きながら寝落ち173.png

そうしてみたら、「昼間のすっきり感が違う。たまたまかもしれないけれど。」とのことらしいのです110.png
「だから、今日から寝る少なくとも30分前には、ノー・モア・スマホ!」だとか。

これだけでも、十分に睡眠の質の向上に貢献できそうですが、もう少し瞑想を日課にしたいと思ったらしく、他のお薦めCDを尋ねてきたというわけです169.png

現在、瞑想CDって数多く販売されています。私自身、瞑想の先生方のCDをはじめ、数種を手元に置いて、その日の気分に応じて活用しています。

妹の手元にあるのは、私の瞑想の先生のCD。
ガイド瞑想で、1回20分程度です。5分程度のインストラクション(事前説明)もありますから、初めての方でも難なく取り組めます。日本語・英語と両方入っています。


ガイド瞑想は持っているならば、別のタイプがいいかな〜と考えていたら、とても大切なことを思い出しました。
f0043134_11025784.jpg
「プレマナンダとプラボーディのイベントワークショップ『寛ぎをマスターする』の時にみんなで一緒にやった瞑想覚えている?」

「ダンス?」
「ただ音楽に合わせて、思うままに身体を動かす瞑想のことね」

実際の会話をかなりはしおって書いていますが105.png、先生達と一緒に体験した経験は貴重です。加えてグループでの経験も貴重です。ですから、この時の瞑想を薦めることにしました。

f0043134_11060612.jpg
色々なところで販売されています。ググれば、簡単にヒットできます。


「瞑想って練習するものなんですか?」と尋ねられたことがあります。
「手始めは、熟練者や指導者と一緒に行うのがいい」
これはマインドフルネス瞑想をはじめ、瞑想に関する一般的な見解として、共通してることです。

学び方って、どのジャンルにも必ずありますし、もちろん独学スタイルもあるのでしょうが、瞑想は繊細な要素が多いので、独学では誤認されることも多いからこそ、このようなインストラクションがだされているのでしょう。

f0043134_11031623.jpg

私自身、ご一緒できる瞑想が少しずつ増えてきています110.png
それらを体験いただけるイベントをご用意しました。何より、瞑想って、気持ちのいいものですから、一人でも多くの方とご一緒したい162.pngとうのが本音です113.png

■瞑想イベント■※全て内容が異なります。
9月1日(金)10:00〜11:30 ハート瞑想会(ガイド瞑想)
9月13日(水)13:30〜15:00 瞑想会(アクティブ瞑想)
9月20日(水)19:30〜21:00 瞑想会(SRS&ハミング瞑想)
参加料はいずれも2,000円です。

★ブログ先行でのお知らせとなっていますので、ホームページには記載されていません(単に、さぼっているだけですが119.png

また、9月はインナービーングセッションをキャンペーン価格にてご提供しますが、こちらもホームページは未掲載です119.png
キャンペーンなどは、登録いただいている方にメールをお送りしていますので、ご興味ある方は、コンタクトフォームから、お問い合わせくださいませ110.png
f0043134_11033236.jpg
お申し込みも、同様に、こちらからお願いいたします。


この夏エンジョイした黄色。その2。
# by inluce | 2017-08-25 11:49

f0043134_19105016.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?

昨日のブログで、チラッと瞑想のことに触れていたので、妹から瞑想についての質問やらリクエストが届きました102.png
妹は、イギリスとアメリカでマクロビオテックを学んだのですが、クッキングクラスの時間が多い日本のマクロビスクールとは様相が随分と異なるようで、瞑想などについても十分な時間が取られていたようです。
イギリスでの恩師は、数年前に来日もされているようですが、折に触れて「Meditation(メディテーション/瞑想)を」と口にされていたそうです。

瞑想のことを、日常的に話し合う人が、周囲に増えていることは、私にとって嬉しい限りです110.png

皆さんは「瞑想愛好者」と聞くと、どのようなイメージを持たれますか?
無印良品やリンネル系って感じでしょうか?
妹は、確かに、マクロビオテックを学びましたが、50S大好き!ロックンロール大好き!! メイクも含め、しっかりとファッションをエンジョイしています。
私も、妹ほどには熱意はありませんが103.png、天然素材にこだわりきることなく、最近の新素材などを楽しむ質です。お肉もお魚も、しっかりといただいています109.png

イン・ルーチェに見える方も、じわじわ瞑想愛好者になられていますが、皆さんそんな感じです。つまりは、日常風景に違和感なく溶け込む暮らしをされている方々が中心で、そのような人にとっても、「よく分からないけれど、瞑想っていいみたいですね〜」という感覚が広がっているみたいです。

f0043134_19272732.jpg
本日のインナービーングセッションにいらした方も、そのような感じで過ごされています。

「お盆期間の疲れもあるので、ゆっくりできるといいです」というリクエストから始まったセッションです。
人材不足という業界全体の悩みが大きい飲食業勤務のこの方、こちらが思わず心配してしまうほどの、ハードでタイトなシフトを乗り切られて、ようやくホッと一息といった感じです。

セッションメニューを定めていくために、少しインタビューをさせていただいたところ、

「とはいえ、思ったほど、疲れもなく、元気に乗り切ることができました。当初は、倒れてしまうのではないかと思っていたのですが。」
「脳の疲労度が格段に違うというか、身体の使い方を分かっているというか、よく分からないんですけれど、これもセッションが関係しているのでしょうか?」

さらには、
「集中のしどころが分かるようになったというか、集中の仕方が変わったようです」とも言われます。

勿論、何でもかんでも、瞑想やセッションの作用にするのは賢明ではありませんし、感心もできませんが、私もちょうど同じような体感を経て、「どうしてなのかな〜、けれども、何が変わったかと言えば、少しずつでも瞑想を日課にし始めたことかな〜」と思っていた矢先だったので、なんだかしっくりときたと同時に、とても嬉しくなり、同時に安堵もしたのです。

f0043134_21385588.jpg
忙しさをはじめとして、ストレスの感知には、絶対値などというものはなく、個々それぞれだと理解しています。
とはいえ、「私だったら、これほどまでに頑張れるかしら、、、」と、思ってしまう状況の方も、少なからずおみえです。

この方は、その中のお一人です。
「私だったら、これほどまでに頑張れるかしら、、、」というほどにハードでも、「大変なのは私だけではないから、」とこの状況を乗り越えようとされているのです。
もし、友達だったら、とっくに「転職したら〜」と軽々しく口にしていたかもしれません143.png

ご自分でも瞑想CDを活用し「どのようにしたら、即座に変わることのない仕事環境の中で、バテることなく、楽しみをもって、働いていくか」。
このことをセッションテーマに、ご自身とのワークを続けてこられました。

この「Work(ワーク)」という言葉は、グルジェフが「外側の行為・行動を通して、自分の内側を見守ること」という意味で使い始めたと言われていますが、内的成長を試みるセッションでは頻繁に使われます。

決して、病んでいるから、セッションやワークをしているわけではないのですが、まだまだそのように解釈される人も多いようで、この方も、友人や知人の方から、「いつまで通うの?そんなに病んでいるの?」と、それはそれは尋ねられることが多く、このことについては閉口したくもなるそうです。

そうして、尋ねられる方々が、不調な体調を訴えたり、、ノンストップトーキングの状態で日々のストレスを発散されるのを横目に、「楽しいから」とだけ、応えているとのことです110.png

ヒーリングセッションが、グルジェフの言うところの、「外側の行為・行動を通して、自分の内側を見守」り、内的な成長を目指しているということが、一人でも多くの方に受け止められるようになるといいなぁ、と思っています。

f0043134_14490646.jpg


この夏は、イエローを楽しみました。その1。
# by inluce | 2017-08-23 21:57