セッションルーム便り /// イン・ルーチェのブログ /// ココロ体重を軽くして、自分らしく生きるために。 inluce.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心を身軽にして、人生をのびのびと生きたい方をサポートしているイン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フライング。


今週末&来週末の4日間は「オーラソーマと72のカバラの天使 Part1」です。

講師のGeetaちゃんが大阪からいらしてくださいますので、今日はお迎えすべくバタバタと。

以前にGeetaちゃんから「オーラ・ソーマのエンジェルコンサルテーション」を受けているため、誕生日にちなんだ自分のボトルが何かについては知っています。

昨夜からそれを並べてみたりして…。
3本あるのですが、並べてみたら、なんだかバースボトル(誕生日のボトル)も加えたくなったりもして。

それらの3本+1本のボトルたちを感じながら、今日のタスクに取り組みます。

ご参加の方々、明日お待ちしていますね。
# by inluce | 2012-04-20 11:40

昨日出向いたpost officeで、「やっぱり似合う色って大切だな〜」と思うシーンに出くわしました。

ここまでは毎度のことですが、綴り方というか、書き方を変えたくなってしまったので、姉妹版ブログを用意しました。

このブログにアップしてもいいのでしょうが、そこは、ホラ、なんというか、まぁ、そんな感じで。

こちらどす

カワユイpinoちゃんがお待ちしています。
# by inluce | 2012-04-19 14:22

春のヴェール。


f0043134_13405782.jpg春めいてきました。少しだけ薄手のものをまといたくなります。
なんだかんだと寒い日々を支えてくれたダークトーン達には申し訳ないのですが、すでに気持ちは明清トーン達にシフトしています。

「明るい色は顔映りがよい」とは、すでにお馴染みの感覚です。この“明るい色”を、もうひとふんばり頑張って、目を凝らして見るならば、『パーソナルカラー(似合う色)』に出会うことができます。

『パーソナルカラー』との出会い方は人それぞれ。ざっと挙げてみますと………。
1)Webや書籍・雑誌等のセルフチェック
2)コスメコーナーやファッションフロア、あるいはイベントなどでの分析体験
3)カルチャー講座などで受けるカラー分析
4)パーソナルカラーアナリストのサロンで受ける個人診断
5)トレーニングコース(養成講座)で受けるカラー分析

こんなあたりでしょうか。参考までにナンバリングしてみました。数字が大きくなるほど、提供される情報量が増えるといえるでしょう。

とはいえ、分析に使用するカラードレープが規格化されていないこと、分析提供者の技術レベルも千差万別…と、パーソナルカラー診断そのものに、不安要因が潜んでいることも事実です。日本色彩学会のパーソナルカラー研究会では、パーソナルカラー分析の質の均一化を目指して、様々な調査・研究が行われていますが、一般レベルへの浸透にはまだまだ時間がかかりそうです。

とはいえ「せっかくならば、顔映りのいい色をファッションに取り入れたい!」という人にとって、やはりパーソナルカラーは強力な助っ人です。

まずは分析を体験してみましょう。アタマでっかちにならない程度に予習をしてみるのもお薦めです。全く初めての情報や言葉に触れるというのは、結構エネルギーが要りますから。少しでも知っている言葉だったりすると、意外と安心できて、内容がすんなりと入ってきたりもするものです。いわばウォーミングアップのようなものです。

分析結果あるいは説明や提案内容に?????となったら、フットワーク軽く分析体験を重ねてみてもいいでしょう。

職業地位としては最高権威に位置するといっても過言ではない医学の世界においてでさえ、セカンドオピニオンが求められる時代です。ましてや感性判断に大きく委ねられるファッションカラーの世界であれば、なおさらのこと。

分析のプロセス、アドバイスの内容、パーソナルカラーアナリストとの相性などなど、人によって府に落ち方は様々なはず。

enjoyできるパーソナルカラーとの出会いは、装いの愉しみを増幅させてくれます。

素敵な出会いがありますように。

ピンクがたくさん!
# by inluce | 2012-03-03 12:21

色と香りとクリスタル。


f0043134_20122273.jpg思い立って3年ぶりくらいに、フライヤーを制作しました。即興ですが、まぁまぁイイ感じと自画自賛しています。


さてさて、3月になるとなんだかウキウキしてくるから不思議です。ウキウキモードに便乗して、いくつかキャンペーン&イベントをセッティングしてみました。



★オーラ・ソーマ AEOS体験ワークショップ by Geeta
3月18日(日)11:00〜13:00 3,000yen

★オーラ・ソーマ ペガサスパフューム体験ワークショップ by Geeta
3月18日(日)14:30〜16:30 3,000yen

☆1&2をセットでご参加の場合は、5,000yenとなります。

★クリスタル体験ワークショップ by 宏林氏
3月25日(日)13:00〜17:00 10,000yen

★オーラ・ソーマ 個人ペティートセッション by Kanoy
3月1日〜3月31日の1ヶ月間はオーラ・ソーマの個人セッションを30分3,000yenにてお受けいただけます。

いずれも完全予約制です。詳細につきましてはこちらをご覧下さいませ。

一人でも多くの方にお目にかかれることを楽しみにしています^^
# by inluce | 2012-02-15 20:22

Start "I".


f0043134_23581100.jpg誰かに何かを伝えたい時は「私は○○と思う(感じる)(考える)」というように、「私」を主語として、対話を始めましょう。

もともと日本語の日常会話では、主語を明確にすることがないため、少し違和感を感じるかもしれませんが、相手に自分の“思い”を伝えるためには、この「私」の主語は大切です。

決して「It」「That」ではなく、「I」で。伝えたい内容を、予めまとめる時も同じです。

本当に伝えたいことがはっきりと見えてきます。それは同時に、メッセージの発信者であるハートの声を傾聴することでもあるのです。

お試しあれ。
# by inluce | 2012-02-12 23:52

f0043134_1612295.jpg


2012年2月12日
2012.02.12
若い数字には“はじまり”のエネルギーを感じます。

確か、ぷりちゃんのECCジュニアの6桁(5桁??7桁???)から成る教室No.も、1と2と3だけで構成されていて、「ちびっ子ぽくっていいね!」と伝えたことがあります。

晴れマーク
# by inluce | 2012-02-12 17:08

ハナ。


f0043134_15123160.jpg


「kanoさん(←ワタシ)は、お花が好きなんですよね…」
信頼をおくフローリストから、このように言葉をかけられたとき、一瞬その含意に???となったけれど、続く彼の言葉で、言わんとすることが伝わってきた。

少し…というよりもとても嬉しかった言葉の一つ。

こちらもハナよ!
# by inluce | 2012-02-10 15:19

水瓶座の新月に。


f0043134_16441819.jpg


変容の年といわれる2012年の、自由や変革のバイブレーションを備える水瓶座の新月の今日、新しいクラスをスタートさせます。

ライブクラスはもちろんのこと、ここ2年ほど取り入れてきたWebクラスに、今回新たにプライベートクラスも含めた構成で、ユニークさ満点と、誰よりも私がワクワクしています。

ではご参加の方、後ほどお目にかかりましょう(^^)/
# by inluce | 2012-01-23 16:50

PLEATSをpleaseさせる。


f0043134_1346864.jpg

色々〜な理由で、プリーツプリーズを愛用している。
あまり困らせることのないプリーツなんだけど、一つ難点があって、それは………

「靴下が合わない!!!」
タイツはバッチリなんだけれど、靴下だとどうもイマイチ。

もちろん同じブランドのものであったり、ピッタリそうな靴下もあるにはあるけれど、そもそも靴下に費やせるコストは限られている。おまけに、靴下探しのために、時間を費やすことも、そうそうできることではない。

そうなると、どうも、お茶のお稽古の時に足袋代わりに履く靴下のように見えたり、はたまた袖からババジャツがチラ見しているかのような足下になってしまったりして、冬場の室内では、イマイチだなぁ………と、ず〜っと思っていたりもした。

それに加えて「夏場でも靴下をはいて下さいね!」とのアドバイスを指圧師さんからいただいてからは、夏でも同じイマイチ感が漂い始めていた。


それがとうとう見つけました!3P880円也。
スカートに合わせて、靴下を決めて、さらにはタイツの色まであれこれと考えたくなってくる。
久しぶりに、pleaseな感じでPLEATSを着ている (*^_^*)
# by inluce | 2012-01-18 13:58

f0043134_16575942.jpg


もう何年も前になるらしいけれど、ぷりちゃんが近しい人から、このフレーズを言われることがあったらしい。

先日、とある人の、発言とその含意のギャップを感じながら、かつて自分が言われていたこの言葉を思い出した、と話していた。

けれども、I message で発言するというのは、なかなか思うように口が動かないこともあって、しかもそれをポジティブ・センテンスで言うとなると「慣れないうちはどうしよう…」って感じだよね〜、などと、今日のGeetaちゃんとのランチ中の話題にもなったほど。

けれども、とっても心が温かくなるんですよね、I messageのポジティブ・センテンスを口にするとね。
この温かさを、一人でも多くの人とシェアしたいです^^

in this weekend
# by inluce | 2012-01-15 17:04