セッションルーム便り /// イン・ルーチェのブログ /// ココロ体重を軽くして、自分らしく生きるために。 inluce.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心を身軽にして、人生をのびのびと生きたい方をサポートしているイン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:クリーン言語( 5 )



こんばんは、イン・ルーチェです。
満月を控え、夜空も明るさを増しています。
f0043134_22151948.jpg
本年度の講義が始まりました。
「色彩学」→「カラーデザイン」→「カラーコーディネート」と、講座名称の変更はありましたが、かれこれ20年になります。

基礎理論として伝えることに変わりはないのですが、講座の組み立てを一新したいと、頭をひねっていました。
その甲斐あってか、これまでとは、全く異なるスタートのきりかたを思いつき、学生の反応も上々です。

以前、クリーン言語のセッションで、新しいアイデアを生み出している時、私に何が起こっているかを、メタファー化したことがあります。

百科事典の中で、ページとページの間にはしごがかかり、
書かれている情報が、ページを超えて、再編纂されている。
私は、そのはしごを自由に行き来している。

私のメタファーは、このようなものでした。
『こびとの靴屋』さながらに、自分が、こびとサイズになった感覚がありました。

その時味わった実体感を、思い出しながら、授業のアイデアをギリギリまで練っています。

メタファー化することで、おぼろげな感覚にアウトラインを与えて、認識を促すことが可能になります。
認識されれば、その後の再現は容易になり、必要な時に、自分のリソース(資質)として、役立てることができます。

この百科事典の中の、はしごを行き来するこびと、のメタファーは、私の出会ったメタファーの中でも
特にお気に入りです。

お気に入りのメタファーは、思い出すだけでも楽しいものですが、必要に応じて、自分にとっての強力な助っ人になってくれるのも、嬉しいところです。

f0043134_22152556.jpg


ハートの日でした。
by inluce | 2019-04-18 22:38 | クリーン言語

こんばんは、イン・ルーチェです。
雨音と、雨の匂いが心地いい夜です。

f0043134_18451391.jpg


私は、こんなに楽しい綺麗なモヤモヤを知らなかった!
全く困ったものですよー!
これからモヤモヤのままではなくなるんですから安心です。
安心して放置したりできるんです。
あとは、私を安心して生きればいい。


前回のブログでシェアさせていただいたクライアントさんから届いたメッセージです。
ブログ投稿が完了した旨をお知らせしたところ、お読み下さって、このようなメッセージをいただきました。

心にモヤモヤを抱えていても、不安になる必要は全くなく、
モヤモヤがあっても安心」ということを知って頂いたら、
随分と安心できる方が増えるのではないか、

とお伝えしたら、快く、今回もシェアへのご理解をいただきました。

心にモヤモヤがある時に、多くの場合、それを見ないようにされるようです。

色彩心理やカラーセラピー、オーラ・ソーマなどを提供していた時にも、
「心の中が分かるんでしょ?」という質問を随分と受けました。

「分かる」というのが、どういう状況であるかは、さておいて、

モヤモヤという感じが、確かに心の中にあるという感覚があるにも関わらず、見ないでおいても、モヤモヤが軽くなることはありません。

軽くなりたいのであれば、眺めてみることです。
そして、そうされた後に、やってきた感覚が、このメッセージには表れています。

少しでも、心を軽くされたい方は、臆せずに、モヤモヤの中に、顔を突っ込んでいただきたいと思います。
そして、是非、心を軽くしてくださいね。

f0043134_18452587.jpg


なぜ、その色なのか?
by inluce | 2019-04-14 19:08 | クリーン言語

こんにちは、イン・ルーチェです。
イン・ルーチェ付近の桜の見頃も、そろそろとなりました。

f0043134_18423589.jpg

その針が、その場を離れ、糸に引っ張られて、“もやもや”に行く。
そして、“もやもや”が糸になる。
・・・・・・・・・・・・・・
針が修復しに行く。修復する場所を針が探す。
どこかに穴が空いている。そこがほつれている。そこを修復する感じ。
・・・・・・・・・・・・・・
針がそこを縫うと、“もやもや”の糸は無くなる。
縫われるから、穴が無くなり、暖かくなる。
・・・・・・・・・・・・・・
暖かくなると、玉子も暖かくなる。
玉子自身に集中できて、だんだんと成長する。
・・・・・・・・・・・・・・
そして、玉子は殻を割って出て行く。飛ぶ感じで出て行く。
小石は、殻を割るのに必要だった。殻が割れたら、小石はどこかに飛んでいく。
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
“もやもや”を糸にすることによって、その糸が違うものに変わってくる。
美しいものに変わってくる。
きれいな糸になる。穴が修復されて、色とりどりでとても素敵。
ダイヤモンドがそれを映し出す。
そしてダイヤモンドが綺麗に輝き始める。
・・・・・・・・・・・・・・
良くなかったかな、ということも、紡がれることで、とても綺麗なものになる。
ダイヤモンドが映し出す。反射して、私に見せてくれる。
より違う輝き。
独特な美しさ。
・・・・・・・・・・・・・・

先日のクリーン言語セッションの一部です。
クライアントさんの承諾をいただいて掲載しています。

ご本人以外にとっては、?????の箇所が多いことと思いますが、それこそが、他ならぬご本人にとってのパーソナルナラティブ(個人的物語)の証です。

糸、針、玉子、小石、ダイヤモンド、“もやもや”などは、いずれも、このパーソナルナラティブにとっての重要な登場物ですが、これらも、全て、ご本人の語られる言葉から生み出されています。

そして、この重要な登場物たちが、ご本人の問題解消のために、独自の動きをはじめます。それ自体は、ご本人に、しっかりと体感覚として残されるために、変容(問題解消)という現象に実体感をもって受け止めることができます。

とても不思議な感覚です。
思ってもみなかった展開だったけれど、このような解決というか、結末もあったんですね!

とは、セッション後のクライアントさんからのフィードバックです。

誰からの介入も指図もなく、自らの力で、問題解消がなされたということに実体感をもつことは、それだけでもとてもパワフルな体験として、自信を持つことにも貢献しているのだと思います。

クリーン言語のセッションは、ネット経由でもお受けしています。
あなたも、ご自分だけのパーソナルナラティブを紡いでみませんか?
f0043134_20043552.jpg





今月のご予約可能日時について
by inluce | 2019-04-13 20:13 | クリーン言語

こんばんは、イン・ルーチェです。
強風に閉口しながらも、春めいた陽光に心浮かれた1日でした。

f0043134_23101684.jpg

誘われて、初シルク・ドゥ・ソレイユに行ってきました。
今回の演目「キュリオス」は、産業革命の頃が舞台となっています。

私を虜にする歯車の重なりがモチーフだったり、、、などなど、ど真ん中直球ストライク!といった感じで、思いっきり楽しむことができました。

小道具の中には、イン・ルーチェにディスプレイしている物と同様の類いを発見したり、ニマニマと顔が緩みっぱなしでした。

参加している講座やら、大好きなアイテムやら、、、繋がるとは思っていなかった物が、繋がってくる瞬間の興奮とワクワクは、いつになってもたまらない感覚です。

以前にクリーン言語のセッションで、メタファー(比喩)を使って、自分の強みを発見している時にも、同じような経験をした記憶があります。
その時も、今回も、自分自身がとても活性化できました。

お陰で、翌日から、サクサクと身体が動いています。

f0043134_23101948.jpg



More
by inluce | 2019-01-29 23:29 | クリーン言語

未来の解に出会う。


こんにちは。イン・ルーチェです。
こちらは朝からどんより曇っています。そして寒いです。皆さんの地域ではいかがですか?

不定休のイン・ルーチェですが、月曜日はオフにしています。ですから今日が週初め。8月から3月までの火曜日は、デスクワークと決めています。
この時期になると、新年度の色彩学講座のカリキュラムを思案します。

地元の短大で講義を担当させていただくようになって、早いもので20年目を迎えます。科目名は、「色彩学」「色彩とデザイン」「カラーコーディネート」と変更してきましたが、内容は「カラーコーディネートの基礎ならびに、それに伴う色彩学の基礎」の辺りが中心です。

基礎内容だからこそ、学びの手順のようなものが大切になってきますので、どうしてもカリキュラムそのものが定型的になってくるのですが、、、、、
慣例といいますかスタンダードなカリキュラムではない進め方で、けれども、これまで通り+αで、しっかりと基礎体系が習得できるカリキュラムにしたいなぁ、と欲張っているのです。

アイデアというか、ひらめきのようなもの、、、出会いたいですよね〜。

こんな時には、「クリーン言語」のセッションがうってつけだろうなぁ…と思い、受講生仲間にセッションを頼もうかしら、とも思っています。

「クリーン言語」とは、クリーン言語は、ディビッド・グロブによって創始され、その後、カイ・デイビス・リンとの共同研究により進化と発展を遂げるカウンセリングの技法ですが、近年では、コーチングにも、その活用範囲を広げています。

クリーン言語の問いに、応答する形式で発話されたクライアントの言葉から、その人にとって固有で特別なメタファー(比喩)を導き出しますことから始まり、そしてそのメタファーにとって、有機的となるナラティブ(物語)を発展・展開させながら問題の解消を促すという、とてもユニークな方法です。
f0043134_16522115.jpg
肝となるのがメタファーです。
私たちの日常的な発話レベルではなく。メタファーを中心とした発話レベルで問題解決を試みるため、通常の思考回路とは異なる思考回路(のようなもの)が活性化され、そこから最適な解を発見することが可能になるようにデザインされています。

私はこれを「未来の解に出会う」ような感じだと思っています。
「へぇ〜、こんな解決方法があったんだ〜」という発見も少なくありませんし、何より、頭の中に眠っていた考えが、クリーン言語の問いによって、起こされるような感じで、セッションを受けていても、とても楽しいのです。

おそらく多分、クリーン言語のセッションで出会う解がなくても、20年の経験則から、新しいカリキュラムはできるのだろうと思います。けれども、それはやっぱり、どこか既成の要素が見え隠れするようで、私が思う、新しいカリキュラムではないんだろうなぁ…との予感がするのです。

締切まであと1ヶ月程度時間があるので、是非とも、頭の中にぼんやりとアウトラインらしきものがあるそのアイデアを、形にしたいと思っています。

クリーン言語のセッションは、スカイプなどを用いても行えますので、イン・ルーチェまでご足労頂く必要もありません。ご興味ある方は、inluce★7jigen.com宛にメールにてお問合せくださいませ。(★を@に変換くださいませ。未だに旧式の方法で恐縮です)

サイトメンテナンスが追いついていないので、こちらのブログでのご紹介となっておりますが、どうぞ、よろしくお願い致します。

f0043134_16590136.jpg


GUのスニーカー。
by inluce | 2019-01-15 17:05 | クリーン言語