セッションルーム便り /// イン・ルーチェのブログ /// 生きやすさと幸せの創り出し方の秘訣。 inluce.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ゆるりゆらりと寛ぎながら、シャキッとやる気もばっちりと。そのような“ゆる気”を育み、気軽(気を軽く・楽に)生きることをサポートする イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

こんばんは。イン・ルーチェです。
今日は綺麗な青空でしたが、風が強い日でした。東三河地方は、もともと風が強いので、一層だったかもしれません。
皆さんのお住まいの地域ではいかがでしたか?

「身体が、こんなにも緊張していたんだっていうことを、セッションを受けながら気づくことができました。」

前回のブログでちらっと触れた「チャクラバランシング」のセッション後に寄せられたフィードバックです。

「緊張をほぐす」とは、常々、セッションや講座などでお伝えしていることですが、肩こりなどの症状でも感じない限り、自分のことではない、と思っている方が多いようです。

ここでいう「緊張」とは、意識が及ばないところで、知らず知らずに緊張しているパターンのことですが、これを理解いただくのは、なかなか難しく、懇意のアロマセラピストさんとも「伝えるのが難しいね…」と、よく話題にのぼります。

経験上、あるいは、アロマセラピストさんとのシェアからも言えることですが、大抵の方は緊張されています。緊張されていない方に出会うことの方が珍しいくらいです。

別の見方をすれば、ある種の必要性があって、緊張しているとも言えるのですが、やはり緊張していない状態の方が、コンディションはいいと言えます。
何より、緊張している状態で、何かをする(勉強でも仕事でも)というのは、極めて不合理で不経済です。ロスが多いと言い換えてもいいかもしれませんし、効率が悪いと言うこともできます。

だからこそ、「緊張をほぐしましょう!」と伝え続けています。
そして、この日のセッションでは、「自分は緊張していたんだ。」ということに、気づいていただけたようで、私自身、とても嬉しく思いました。

気づくことができれば、後は、ケアをするだけです。
緊張のない身体でいることが、どれほど、気持ちの面だけでなく、日常の実際の活動(家事・育児・仕事・勉強などなど)を効率的に、スムーズに進めることを可能にするかということを、もっと多くの方とシェアしたいなぁと思っています。

f0043134_18410529.jpg





4周年おめでとうの赤ワイン。
# by inluce | 2019-01-18 21:53 | セッションルームから

こんばんは。イン・ルーチェです。
今日は青空のお陰で、若干ですが空気も柔らかく、本当にいい日でした。
皆さんの辺りではいかがでしたか?

まだまだぬくぬくしたお洋服が手放せませんが、日差しは確実に春の様相です。
春の光を浴びていると、本当に元気になってくるのが分かります。

こんな日は目覚めもすこぶる良く、午前中はいつものルーティーンワーク。
お昼からは、インナービーングセッション(カウンセリング&ヒーリングセッション)と、占星術のクラスでした。

インナービーングセッションは、複数あるメニューの中から、チャクラバランシングというヒーリングメニューのご提供となりました。

占星術は、学び始めて10年が経過したこともあり、少しずつご提供をはじめることにしました。
とはいえ、私が学んで面白かったなぁ、という内容が中心で、先日お伝えした数秘学と同じようなスタンスで関わっています。

当たる当たらないという占いのスタンスは、その分野に熱心な方々にお任せするとして、私の興味は、専ら、私たちの様々な側面を天体と関連づけることにより、いかに、自分の内在する力を発揮するかという色合いが強いです。

自分の内在している要素を取り出して見ることは到底できませんが、いかに生きるかということに思いをはせた先人の知見をお借りすることにより、少しは自分について、新しい発見ができたりもします。

私にとっては、それが何よりも楽しいことなのです。


f0043134_21060004.jpg


天体配列のようなミルクジェラート。
# by inluce | 2019-01-16 21:17 | easy going

未来の解に出会う。


こんにちは。イン・ルーチェです。
こちらは朝からどんより曇っています。そして寒いです。皆さんの地域ではいかがですか?

不定休のイン・ルーチェですが、月曜日はオフにしています。ですから今日が週初め。8月から3月までの火曜日は、デスクワークと決めています。
この時期になると、新年度の色彩学講座のカリキュラムを思案します。

地元の短大で講義を担当させていただくようになって、早いもので20年目を迎えます。科目名は、「色彩学」「色彩とデザイン」「カラーコーディネート」と変更してきましたが、内容は「カラーコーディネートの基礎ならびに、それに伴う色彩学の基礎」の辺りが中心です。

基礎内容だからこそ、学びの手順のようなものが大切になってきますので、どうしてもカリキュラムそのものが定型的になってくるのですが、、、、、
慣例といいますかスタンダードなカリキュラムではない進め方で、けれども、これまで通り+αで、しっかりと基礎体系が習得できるカリキュラムにしたいなぁ、と欲張っているのです。

アイデアというか、ひらめきのようなもの、、、出会いたいですよね〜。

こんな時には、「クリーン言語」のセッションがうってつけだろうなぁ…と思い、受講生仲間にセッションを頼もうかしら、とも思っています。

「クリーン言語」とは、クリーン言語は、ディビッド・グロブによって創始され、その後、カイ・デイビス・リンとの共同研究により進化と発展を遂げるカウンセリングの技法ですが、近年では、コーチングにも、その活用範囲を広げています。

クリーン言語の問いに、応答する形式で発話されたクライアントの言葉から、その人にとって固有で特別なメタファー(比喩)を導き出しますことから始まり、そしてそのメタファーにとって、有機的となるナラティブ(物語)を発展・展開させながら問題の解消を促すという、とてもユニークな方法です。
f0043134_16522115.jpg
肝となるのがメタファーです。
私たちの日常的な発話レベルではなく。メタファーを中心とした発話レベルで問題解決を試みるため、通常の思考回路とは異なる思考回路(のようなもの)が活性化され、そこから最適な解を発見することが可能になるようにデザインされています。

私はこれを「未来の解に出会う」ような感じだと思っています。
「へぇ〜、こんな解決方法があったんだ〜」という発見も少なくありませんし、何より、頭の中に眠っていた考えが、クリーン言語の問いによって、起こされるような感じで、セッションを受けていても、とても楽しいのです。

おそらく多分、クリーン言語のセッションで出会う解がなくても、20年の経験則から、新しいカリキュラムはできるのだろうと思います。けれども、それはやっぱり、どこか既成の要素が見え隠れするようで、私が思う、新しいカリキュラムではないんだろうなぁ…との予感がするのです。

締切まであと1ヶ月程度時間があるので、是非とも、頭の中にぼんやりとアウトラインらしきものがあるそのアイデアを、形にしたいと思っています。

クリーン言語のセッションは、スカイプなどを用いても行えますので、イン・ルーチェまでご足労頂く必要もありません。ご興味ある方は、inluce★7jigen.com宛にメールにてお問合せくださいませ。(★を@に変換くださいませ。未だに旧式の方法で恐縮です)

サイトメンテナンスが追いついていないので、こちらのブログでのご紹介となっておりますが、どうぞ、よろしくお願い致します。

f0043134_16590136.jpg


GUのスニーカー。
# by inluce | 2019-01-15 17:05 | クリーン言語

ご無沙汰いたしております。イン・ルーチェです。前回の投稿から、4ヶ月以上も経過していました。
生活時間帯など、ライフスタイルの基盤を見直したことにより、その生活リズムに慣れることを優先させていたら、すっかり2019年になっていました。
成人の日を含む週末ですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今年のイン・ルーチェの仕事始めは1月6日の数秘講座でした。
オフと内勤の火曜日を挟んで、水・木・金は、講座やらセッションなどでした。

数秘術の講座では、数の質の解説を聞かれた参加者さんから、「何だか最近イマイチだなぁ…って思っていたのですが、この辺りの数を意識してみると、なんだか流れが変わりそうです」などの意見が寄せられ、とても充実した時間でした。

数秘術や占星術などは、扱う人によって趣は多種多様のようですけれど、イン・ルーチェでは、自分を見つめ直す思考回路としての活用をお薦めしています。

「自分を見つめ直す」ということは、人生の中で、時折はなされることかと思いますが、いつもの自分の思考回路で見つめ直しても、行き着くところ、元の木阿弥的になりがちです。この時に、思考回路がフレッシュであれば、それまでとは違った発見や、答えのようなものが見つけやすくなります。

とはいえ、自分の一部となっている思考回路を取り替えることなど、そうそう容易ではありませんから、少し異なった視点・視座を持つ、数秘術や占星術、あるいは色彩言語などを取り入れてみてはいかがですか〜、とお薦めしているのです。

セッションは、マインドフルネスの要素がしっかりと盛り込まれた瞑想ワークをベースとしたメニューとなりましたが、ヒーリング作用も促され、終了後の表情がとても美しかったことが印象的です。「やっぱり丁寧に瞑想する時間って大切ですね」という感想が、私自身にもメッセージとなったようでした。

他にも色々ありましたが、そのいずれもが、楽しく充実した時間であったことを嬉しく思います。

f0043134_21220266.jpg


あまおうのフルーツサンド
# by inluce | 2019-01-12 21:29 | セッションルームから

f0043134_17592084.jpg

こんにちは、イン・ルーチェです。

今日は、シンプルにお知らせ2つです。

ともに、過去に開催された講座をメンテナンスしてお届けする1日完結講座です。

コミュニケーション講座は、職場や家族(特に成長期の子供さん)の方達と、建設的で創造的な会話ができるようになったと、ご好評いただいた内容です。

瞑想的な6つの問いのワークショップは、日々のメンタルヘルス、心のデトックスを促す秘訣が盛り込まれています。

ご興味ありましたら、是非、ご参加下ると嬉しいです。

f0043134_18005060.jpg
f0043134_18005484.jpg
お申込み&お問合せは…inluce★7jigen.comまでお願いいたします。(★を@に変換下さい)

最後までのお付き合い、ありがとうございました(*^_^*)

以下はトップ画像にまつわるメモです。


なすがどっさりのヴィーガンカレー。
# by inluce | 2018-08-23 18:07 | 講座&ワークショップ案内

f0043134_17375780.jpg
こんにちは、イン・ルーチェです。

気づけば、前回の投稿から4ヶ月余りが過ぎていました(^^;)
お陰様でいつも通りの日々でしたが、今年の誕生日で50歳ということもあり、生活スタイルの見直しをしていました。

念頭においたのは「70歳の自分」。

このように書くと、随分と計画的あるいは心配性などと思われるかもしれませんが、そこは根っからの楽天家なので、基本的には「どうにかなる」「なるようになる」なのです。

とはいえ、70歳の時に、公私ともに、機嫌良く過ごしていたいなぁ、と思うのであれば、少し心づもりが必要にもなってきます。

このような生活スタイルの見直し。
実は、25年間にも行いました。当時考えたことは、「いずれのタイミングで訪れる両親の介護の折に、キャリア(いささか大げさですが)を大きく変えずに仕事を続けられること。そして臨機応変に働くことができる状態になっていること。」でした。

25歳の、まだ結婚のケすら考えてもいない時期でしたが、同居をしていた祖母が認知症を発症しており(当時は「老人性痴呆症」という名称でした)、時間のやりくりを工夫する両親の姿を見ていたからかもしれません。仕事だけではなく、祖母と共に過ごす余暇の時間の使い方にも工夫を凝らしていたように記憶しています。

もちろん、それ以降も、環境の変化に応じて、働き方をはじめ、ちょこちょことメンテナンスを繰り返してはきました。

隣地に住む両親は、80代半ばに差し掛かり「自分たちでできることは、できるだけ自分たちで。若い人に迷惑をかけないように!」をモットーに、二人で老い老い暮らしをしています。とはいえ、やはり、少しずつですが、両親に関わる時間が増えていくのは事実ですし、今後、益々となることも想像に容易いことです。

お陰様で25年前の試みが功を奏しているようで、なんとかかんとか適えられるようになってきました。

ということで、次は「70歳の頃」をターゲットに生活スタイルの見直しです。

なにぶん20年も先のこと。何がどうなっているかは、全く予測不可能ですし、自分一人で決められることは、次第に減っていきます。どのような形態で、どの程度のボリュームで仕事をしているかも分かりません。とはいえ、機嫌良く、笑顔で仕事をしていたいなぁ、と思うので、そのための体力や知力のメンテナンスを始めました。

そんなこんなの新しい試みが生活に加わったためか、こちらのブログはすっかりそっちのけとなっていました。とはいえ、ちょこちょことした発信は、インスタグラムにお任せするようにしています。インスタグラムでは、セッションを受けたクライアントさんからの感想なども、ちょこちょこアップしていますので、よろしければ、ご覧下さい。
アカウントは、inlucecolourhaaatsです。

こちらのブログは週1ペースでいきたいなぁ、と目論んでいますので、またお時間ありましたら、遊びにいらしてくださると嬉しいです。

それでは最後までのお付き合い、ありがとうございました。

以下は、トップ画像に因んだ内容です。


お盆の過ごし方
# by inluce | 2018-08-22 17:01 | easy going

f0043134_10313944.jpg
こんにちは、イン・ルーチェです。
3日間、頑張って、大掃除&家具移動などをした疲れがドドドっと噴出したのか、「さ〜あ、綺麗にした仕事部屋でお仕事頑張るか〜!!!」という意気込みは、もろくも崩れ去った木曜日と金曜日でした。

実際には木曜日が大掃除の疲れ、そして、金曜日は年度末の疲れ、といった感じかなぁと。
まぁ、アタマが働かないときに無理に何かをしても生産性も悪いですから、いさぎよくオフにしました。明日からは、また当面、オフらしいオフもなさそうですし、しっかり休息したお陰で、今日は、身体もアタマもキレがいいです。

f0043134_10314585.jpg
今朝、新聞を読んでいて発見しました。
随分と前に「福服講座」と銘打ったコーディネート講座をしたことがあり、なんとなく親和性を覚えたので。

f0043134_10461685.jpg
昨日はこれ。新年度だからかな、出会いの季節ですからね。
ぼ〜っとする時間もたっぷりあった昨日は、Amazonでもう少し書籍情報をゲット。「第一印象は2秒。画像ならば0.5秒。」最速・最短の説なのでは、と思っていました。私は「第一印象は3秒で決まる」と習いましたが、これが最短だったように記憶しています。実際には、本当に、その程度、まさに瞬殺ならぬ瞬察ですよね。

書籍ですから、タイトル等が、いささかオーバー気味になるのは仕方ないとして、

さて、この類いの対抗軸には、必ずといっていいほど「人は外見ではなく中身」となってきます。

けれども、これらは、そもそも異なる次元の話なので、対抗のさせようがないのになぁ、、、と常々思っていました。
似合う色やパーソナルカラーの講座をしていると、ちょくちょく遭遇するトピックでもありましたし。


『幸服論』の広告上部に【おしゃれになる→自信がつく→思考と行動が変化する】とあるように、大切なことは【自信をつける→思考と行動が変化する】のプロセス過程にあるのではないかと。

スピリチュアル領域でしたら、【自信をつける→本来の自分で大丈夫と思うようになる】という文脈が用意されていそうです。

ポイントは【自信をつける】。
この一助になれば、それでOKなのではないのかなぁ、と思うのです。

自信をもつことが難しいのは、背後にコンプレックスがあるからですが、コンプレックスの主な要因は、容姿、知性、出自あたりかと。
その中で、もっとも最短でケアができるのが容姿でしょう。

容姿の最終仕上げは、アウターでもなく、フェイシャルケア(女性ならばメイクアップ)でもなく、人相となるのでしょうが、人相には思考や行動などが多大に反映されてきます。こう考えるならば、豊かな人相となるために、お洒落を活用するのも一手なのではないかとなってきます。

ちなみに、人相手前の容姿を、最終地点に設定すると、これまたやっかいですよね。
家系図を遡ったあたりから、落胆を余儀なくされる、ということにもなりかねません。

【おしゃれになる→自信がつく→→→○○○】
この○○○があれば、その辺りは、スムーズになりそうです。








「お顔が命ですから!」
# by inluce | 2018-04-07 11:19 | easy going

f0043134_15145502.jpg
みなさん、こんにちは。イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか? 
こちらは予想通り、午後から雨が降り始めました。

立ち飲みスタンド感覚のセッションスペースがあってもいいかなぁ、、、というアイデアを楽しむためにも、重い腰をあげて、2日の月曜日から3日間、イン・ルーチェの大掃除&模様替えをしていました。

イン・ルーチェにとって、一番、気持ちが良いのが初夏の頃(戸外では少し日差しがきつくなり始めて…)なのですが、この3日間は、まさにその時期を先取りしたかのようなお天気でしたから、はかどる、はかどる! 気持ちいい! 気持ちいい! 全ての窓を全開にして励んでいました。

可燃ゴミと不燃ゴミを併せて20袋以上。これに資源ゴミも加わります。

さらに、大量に放出されたのが、これまでカラーコーディネートやカラーセラピーなどの講座教材として使っていた、クラフト資材などなど。これについては、フリーマーケットか何かで、活用下さる方に差し上げたいなと思っています。それ以外にも、瓶のフタ(王冠タイプ)やら、リップスティックのフタ(汚れ無し)なども大量にあるので、子供さんの工作などにもご利用いただけそうです。

どのようなスタイルで差し上げるようにするか、については、トラブルや粗相のないように、もう少し考えたいと思っています。来週には講義も始まり、そのスタートに専念したいので、GW明けかなぁ、と目論んでおりますが、またお知らせいたします。


「待合スペースとしてソファを置いたら?」と、家人からのアドバイスがあり、私も、小さめのソファを置きたいな、、、と思っていたので、ネットで物色しています。
近くのニトリに行って購入するつもりでいたので、「ならばニトリのネットで見ても同じかな」と。

ニトリ以外のサイトもざっと見て、やはりニトリとベルメゾンで、それぞれ候補を一つずつ。
この手の作業は、とても早いです。空間に設置した時の雰囲気をイメージしやすいことと、商品と価格のパフォーマンス具合(いわゆるコスパですが)の判断が、比較的早いことが役立っているようです。


立ち飲みスタンド風セッションスペースでは、10分1,000円メニューでの提供を考えているのですが、「10分のためだけに足を運んでもらうっていうのも、ハードル高いのでは?」と、これまた家人アドバイスが加わり、ソファは必須アイテムとなりそうです。

それはそうですよね。大抵、10分いくら、、、という場所は、ショッピングモールや複合施設に所狭しとあって、買い物やら移動の次いでに、「ちょっと見てもらおうかな…」という感覚でしょうから。

イン・ルーチェは、その閑静な環境もギフトだと自他ともに認めるような立地にあるために、確かに、家人アドバイスにも耳を傾ける必要がありそうです。

10分1,000円メニューをお楽しみいただいた後に、少しだけ、ソファでくつろいでいただいたり、というようにできれば、いいのかな、と思っています。



玉ねぎのお漬け物
# by inluce | 2018-04-06 15:49 | easy going

f0043134_08580077.jpg
こんにちは。イン・ルーチェです。実質的に新年度のスタートですね。

来週からは講義も始まりますが、春セメ(前期)の一コマだけですし、それ以外には、特に、この新年度の切り替わりが大きく関わってくることはありません。とはいえ、「新」と付くと、なんだか、気分も一新しますし、爽やかさが立ちこめてくるようで、それはそれでこのモードに参加してみたりもします。

「新」のモードへ参加することがなければ、日々はパターン化の一途を辿りますし、パターン化というのは、エネルギーセーブの術であると同時に、ある種の老化のようなものへと通じるのも、これまた事実だろうと思っています。

老化は避けて通れませんし、悪いものでもないのですが、老害なんてことにならないように、この「新モード」の風を感じていたいと思っています。

ですから、向上心というほどアグレッシブでもなく、前向きというほどに、向いてもいないのですが、今のところは、後退を希望しているわけでもないので、現状キープのための試みの一つです。

現状で満足していても、何も試みなければ、目減りするというのは、自然の理の一つです。人によっては2〜3割は目減りする、とも。

今の体型をキープするために、少しエクササイズする、なども同様ですし、とにかく、「今のままでOKだから、特に何もする必要はナシ」なんて言っていると、代謝が落ちたり、ブクブクしたり、、、、そう、いい感じが目減りするわけです。

というわけで、機嫌を目減りさせないために、少しだけ、目線を上方に向けてみたりしています。


つくしの佃煮
# by inluce | 2018-04-02 09:29 | easy going

f0043134_16085485.jpg
こんにちは。イン・ルーチェです。肌にあたる風が、とても心地よいです。いかがお過ごしでしょうか?

さて、「早めの準備や支度で良かったと思っていること」は、他にもいくつかありますが、「似合う色」について学んでおいたことも、「良かったな〜」と思っていることの一つです。

よほど無頓着か、割り切っている人を除き、「何着たらいいんだろう???」という悩みはついてまわります。ファッションは、色のことだけでは賄いきれませんが、色の影響は多大なので、その辺りを把握しているかしないかで、随分と悩むことも、悩む時間も減ってきます。

最近では、“時短” “シンプルライフ” “ミニマリスト”などへの傾倒を背景に、白・黒・グレーや紺といった無印カラーで留めたコーディネートをされる方や、あるいは、お気に入りの服を、色違いで2〜3セット用意して、それを繰り返すという、いわゆる制服的なファッションをされる方も多いようです。

なるほどなぁ、と思うところもありますが、そこまで合理的にというか、無機質的なワードローブにするのも味気ないなぁ、、、と思う面もある私にとっては、やはり「似合う色」を早めに知っておいて良かったなぁ、と思っています。


「早め」というのにも、それなりの理由があって、使いこなすというか、こなれるのには、少しだけ時間が必要だったりもするからです。

最近では、セッションの仕事が中心になってきたので、この似合う色・パーソナルカラーについては、後方支援的でいいかなぁ、と思い始めていて、数日前にも備忘録を兼ねてツイッターにつぶやいていたところです。

けれども、立ち飲み感覚の、とても気軽な感じで、けれども店頭イベントスタイルよりは、もう少しだけしっかりとした感じのセッションスタジオというか、サロンがあってもいいかなぁと思うようにもなりました。もちろん、現行のスタンダードメニューとの兼ね合いや時間調整も必要なので、曜日限定という感じでスタートさせてみるのがいいのかなぁ、とも思っています。

それに向けて、というわけではないのですが、明日からは、かねてから計画していたイン・ルーチェの大掃除です。すこし、この立ち飲み感覚のセッションスタジオのアイデアを抱きながら、じゃんじゃんゴミ出しをしたいと思っています。




ふきのとうの天ぷら
# by inluce | 2018-04-01 16:38 | easy going