セッションルーム便り /// イン・ルーチェのブログ /// ココロ体重を軽くして、自分らしく生きるために。 inluce.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心を身軽にして、人生をのびのびと生きたい方をサポートしているイン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

リラックスして自分自身を生きる。


こんばんは、イン・ルーチェです。
朝方から降り始めた雨も、午後には晴れ間が見えるようになりました。予報では、寒波がやってくるとか、、、まだまだ、風邪対策などへの留意が必要そうです。
どうぞ、ご自愛のうえ、お過ごし下さいませ。

「リラックスして自分自身を生きる」

馴染みのない方には、すこし意味不明に受け止められるかもしれない表現ですが、いきつくところ、セッションの根幹は、ここを目指しているのだと思っています。生きる場所については、職場だったり、家庭だったり、あるいは、役割と言ってもいいかもしれませんし、特定の何かに限定する必要がない場合もあります。

このためには、好きになるかならないかは、別にして、自分自身について、よく知ることが欠かせません。

個人的な経験から言えば、自分を好きでいる(自分に対して肯定的でいる)方が、なにかとややこしいことにならずにすむので、できうるならば、自分への肯定感は低くない方がいいとは思っていますが、それは、2番目以降のことといえます。

何より大切なことは、自分自身について、よく知ることです。知った上で、余り好きになれなかったとしても、知らないでいるよりかは、リラックスして自分自身を生き、自分の叶えたいことを達成できる確率が、格段に高まります。

そして、自分自身をよく知るために、カラーセラピーや、数秘術、西洋占星術などを活用することを、お薦めしています。

今日も、そのような個人レッスンでした。

「自分のできそうなことが、ようやく本当の意味でわかりかけてきました。これからが楽しみです」とは、終了時のフィードバックです。

「それが繰り返されることによって、リラックスして自分自身を生きることができるようになりますよ。」とは、その時、私の口から出た言葉。私が何よりも大切にしていて、そして、一人でも多くの方とシェアしたいと思っている感覚に、ぴったりの文言がやってきました。とても嬉しく思いました。

f0043134_20470168.jpg




セッションルームのテーブルにこうして置かれていると、いかにも、シンボリックな感じがしますが、

元々は、色彩学の講義用に用意したものです。色の発見は、ニュートンのプリズム実感から、、、という、あの箇所で披露したいと思ったのですが、
プリズムによる分光は、意外と難しく、結局はオブジェと化しました。

後に、色彩検定の対策クラスで、分光シートを使った簡単な装置を作り、受講生の方々と、色々な照明を分光したこともあります。
光を分ける、とは、とても楽しい作業です。

科学から哲学まで、と理の極みから、文の極みまでを横断する色彩学。
可能な限り、食わず嫌いに学んできました。

理系の方には、人文系の色彩学をお伝えすると、とても喜ばれます。
セラピーなどを学ぶ方には、比喩表現を工夫して、知りうる限りのサイエンスとしての色彩をお伝えすることもあります。



本日も最後までありがとうございました。

by inluce | 2019-02-06 21:26 | easy going