NEW POST

早めの準備や支度で良かったと思っていること。その1。

f0043134_12062295.jpg
こんにちは。イン・ルーチェです。今日は本当に穏やかな空模様です。
私にしては、移動が多かった2月と3月、それに加え、確定申告のあれこれなどが加わり、どこか、気ぜわしない過ごし方をしていました。

が、それも、昨日で一端ピリオドです。
今朝からは、本当に、ぼ〜っとのんびりしています。正午を過ぎましたが、未だパジャマで、4杯目のミルクティーを飲んでいます。

それにしても早いもので、今週末からは4月です。毎年のことですが、この時期になると、気候の良さも加わり、出不精・動き無精の私でも、「何かフィットネス始めようかな…」と思い立ちます。

これまでの最長記録は20年以上前に始めたヨガで、かれこれ15年くらい続きました。ですからヨガでもいいのですが、最初の先生が、本当に素晴らしくって、逆にそれが再開の足かせになっています。

ストレッチと姿勢を良くすることが目的なので、バレエもいいかなと思っています。近所にあるということも魅力的。

それにしても、エイジングと共に、確実に、身体というより、肉体・ボディへの配慮が不可欠になってきました。若い頃はないがしろにできていたことも、腰やら代謝やらを考えると、おざなりにできなくなりました。

1日の時間は限られていますから、これらのボディケアに時間を要するとなると、他のことに要する時間のやりくりが必要になります。

やりくりというわけではありませんが、インナーワーク(心や感情などのメンテナンス)を、早めに初めておいて良かったな〜と思うようになりました。

悩まなくてもいいことを悩んだり、どうしようもないことに頭を巡らせたり、ということがなくなったからです。

この【悩まなくてもいいことを悩んだり、どうしようもないことに頭を巡らせたり】という状態を、私は、よく【冷蔵庫に食べない不要な食品が詰め込まれている状態】と喩えます。不必要なものにエネルギーを消費しているという意味です。

心の処方箋的な書籍は後を絶ちませんが、頭で分かっていても、感情が反応するというのが、この種の類いです。感情が反応しているうちは、分かったことにもできていることにもなりませんが、メンテナンスを繰り返すことによって、感情が不用意に不必要に反応しなくなりますから、その類いの疲労感からは解放されるようになります。

ストレス解消のための某かに頼る必要がなくなりますから、その時間を、ボディメンテナンスに回すことができるわけです。




トヨタ自動車のお陰が、愛知県というと工業地帯というイメージを持たれるかたも多いようですが、実はかなりの農業圏です。

私が住む東三河地方などは、最たるところ。
アスパラの生産も盛んです。

美味しいですよね。大好きです。

慌ただしい最中は、外食にも随分と助けられました。近所の美味しいイタリアン・ジータさんでいただいた一皿です。


最後までのお付き合い、嬉しいです。ありがとうございました。

by inluce | 2018-03-26 12:33 | easy going

ゆるりゆらりと寛ぎながら、シャキッとやる気もばっちりと。そのような“ゆる気”を育み、気軽(気を軽く・楽に)生きることをサポートする イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30