NEW POST

夏の終わりの菜園パスタ

f0043134_1516541.jpg土曜日って不思議です。

働く日とお休みとの中間の感じ。実際には、ウィークディも週末も関係ない働き方なんですけれどね。

けれども、平日のランチよりは、少しゆったりと構えて調理をする気分になります。

これが日曜日だと、どうなることやら予測不能です。「お休みだからご飯作りもお休みでいいか!」ということもありますしね(^^;)


で、随分と大きくなってしまったために、種を取り除くという一手間を要する万願寺唐辛子をどっさり使ったパスタを作ってみました。

茄子は浅漬け状態のものを、ぬか床から取り出します。

買った野菜でぬか漬けを作るとなると、どうしても漬ける量に限りがあるためか、お漬け物として賞味するに留まってしまいますが、お陰様で、豊作の今年は、とにかく、きゅうり、茄子ともに、いかに消費するかが、日々の問題でした。

ですから、ぬか床にスペースがある限り、放り込んでいたのです。

ちょっとした手土産としても、意外や意外、喜ばれるということも分かりましたし、何より、適度に塩分が抜けて、うま味が備わった、茄子やキュウリは、お料理の隠し味としてもってこいということに気づきました。

きゅうりならば、ポテトサラダに入れてもいいですよね。

で、万願寺と、ぬか漬けの茄子をしっかりと炒めます。
買い置きしてあった、舞茸を加え、最後に、鳥の挽肉も加えます。

こういうときに、バラ凍結のお肉って、本当に助かります。

塩麹とお醤油で調味して。味を調えるために塩をパラリと加えます。

ミョウガの千切りをトッピングして、最後に黒胡椒をガリッと。

七味を添えてもなかなかでした。

来年は、ミョウガも菜園産にしたいものです。

ちょっと、大人な感じのパスタです。美味しくいただくことができました^^
by inluce | 2014-08-30 15:29

ゆるりゆらりと寛ぎながら、シャキッとやる気もばっちりと。そのような“ゆる気”を育み、気軽(気を軽く・楽に)生きることをサポートする イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31