NEW POST

『色彩言語の編集講座』 受講生の声。

これまで数え切れないほどの講座を行ってきましたが、いわゆる体験談のようなものを書いていただくことは、滅多にありませんでした。
が、今回は、書いていただいたいのです。

なぜならば、
その1:講座の名称から講座内容を連想しずらいから。
その2:受講生のA.K.さんから、「この講座、この場所でやっているのって、本当にもったいないですよ! もっと中央で開催されてもいいような内容なのに…」
と、天にも昇りたくなるような誉め言葉をいただき、すっかり有頂天になることができたからです。

「大都市で開催するために!」を目指して講座をデザインしているわけではありませんが、やはりこのような評価をいただくことは、素直に嬉しいですし、励みにもなります。

で、この先、1人でも多くの方とシェアできればいいなぁ…と改めて思うようにもなり、今回、感想を書いていただくに至ったのです。

3名の方にお願いしたのですが、まずは、契機となったA.K.さんからお寄せいただいた声をお届けします。

***************************************

おはようございます。以下、講座の感想です。


□初回のワークで頭の中をリセットする感じがしました。その後、自分の思考回路を書き換えているような印象がありますが、それは最初にリセットされたと感じるような経験をしたからではないかと思います。

□毎回の課題やワークでは、これまで蓄積した知識や経験を、色彩言語を通して見返しているような感じがします。その結果、まさにOSのバージョンアップがなされているようで、その恩恵は文章には表現しにくいですが日常生活にも仕事にも反映されているのを感じています。今後、今までスムーズに言葉として出てこなかった知識を言葉にして表現できるようになったり、色彩以外のツールも合せて複合的により深いレベルで活用できるようになるだろうとワクワクしています。

□無意識のゾーンに溜めているモノの存在に気づいたということもあります。(習っても覚えていないと思っていることも、実は無意識は覚えているということに気が付いた)また、自分の思考のソースのようなものというのでしょうか、物事を考えたり、理解したりする時に基準にするものが「自然界」にあるというということにも気づきました。このことに気づいていることは、この先に自分の感じ方・考え方を見返す必要がある時にも、とても助けになるだろうと思います。

□WEBでもライブでも、ワークを通して他の参加者の方々の考え方や感じ方に触れることで、自分の思考や感情的反応のクセや偏りを知ることができると感じることが多いです。特にライブクラスでの言葉遊びのようなワークが、それぞれの個性が発揮されて、とてもユニークで楽しく大好きです。

□会話中に言葉の意味にこだわるところがあり、特に身近な関係性の場合にそれがコミュニケーションの妨げになることもありましたが、言葉の意味に対する考えが変化し、こだわりが減ったので、コミュニケーションがスムーズになっていくのを感じています。

長々と書きましたが、一言にまとめるならば、これまで長い年月をかけてきたセラピーやヒーリングに関する学習や経験を総まとめしている印象を持っています。

以上です。
残りのレッスンもとても楽しみです!これからもよろしくお願いいたします。

(アロマセラピスト&ヒーリングサロンオーナー A.K.さん)




私がこの講座に参加しようと思った動機は、セラピスト・講師活動の基盤となる言葉の活用力(選び・使い・聞く)を高めたいということです。

なぜならば、今までセラピーのための様々なツールについて学んできましたが、その知識を整理し、理解を深め、活用し、伝えていくために、「言葉」が大変重要なものと感じているからです。

私の仕事は、アロマセラピー講師とセラピストの2種類があります。講師は主に「伝える」立場であり、セラピストは主に「受取り・共感する」立場です。

立場の変化に伴い言葉の役割も変わりますし、時には言葉が不要なこともあります。

しかし、いずれにしても「伝える・受取る」というコミュニケーションであることに変わりはありませんし、その手段として自分の中に存在する言葉の量や質は、仕事の結果を左右する一因と考えています。

また、心理学やオーラ・ソーマのように、そのツールに慣れ親しんでいる人にのみ通じる独特の言い回しを、まだそれらに触れていない人にも理解しやすく伝える(言葉を置き換える)ということにも、トレーニングが必要だと常々感じていました。

「色彩言語を通して言葉を紡ぐ力を養う」ことは、ツールが色のみならず、精油や数字、クリスタルであっても、
相手のレベルやその場面で求められる(又はツールが示す)次元に応じた、私自身の言葉を用いるセラピスト・講師活動のバックアップになると期待しています。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************
A.K.さん、本当にありがとうございました。
感想を励みに、一層、精査・洗練された内容で、以降もお伝えしますので、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

ご興味あるかたは、こちらの講座infoをご覧下さいませ。
by inluce | 2013-04-23 14:34

ゆるりゆらりと寛ぎながら、シャキッとやる気もばっちりと。そのような“ゆる気”を育み、気軽(気を軽く・楽に)生きることをサポートする イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31