セッションルーム便り /// イン・ルーチェのブログ /// ココロ体重を軽くして、自分らしく生きるために。 inluce.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心を身軽にして、人生をのびのびと生きたい方をサポートしているイン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ココロ体重を軽くする。


こんにちは、イン・ルーチェです。
風が強いものの、その風にも春の様相を感じます。来週末は3月。春ですね。


セッションや講座をしていると、降ってわいたように比喩が浮かぶことがあります。
「ココロ体重」もその一つです。この1週間ほどは、このメタファー(比喩表現)が随分と活躍しました。

「ココロ」とカタカナ表記をする必要は全くないのですが、「心体重」とすると、いささか読みづらいかなぁ、と思い、「こころ体重」か「ココロ体重」かで迷いましたが、何となく後者にしました。

かれこれ25年も前になりますが、当時、とてもお世話になっていた方が、「本当に幸せなのは、心にも身体にも違和感のない状態。」と言われたことが、とても心に響いた記憶があります。それ以来、ずっと、その心にも身体にも違和感のない状態の実現を目指して、あれやこれやとやってきました。

身体(肉体)について、自力でできることもあれば、専門の方にお願いしなければならないことがあるのと同様に、心についても、自力でできることもあれば、ストレス対策一つとってみても、セルフケアでは限界があることもあると分かってきました。

そのような経験から、セッションを提供させていただいているのですが、どのようなテーマではじめてみても、非常に高い頻度で、「なんとなくすっきりしていない心の状態」に向かい合うことになります。この「なんとなくすっきりしていない心の状態」のことを、「ココロ体重の重い状態」として、説明すると、皆さんとてもフィットされるようです。

そして、「実際の体重は、健康に支障がなければ、軽くしようとは思わないけれど、ココロ体重は軽くしたい」と、異口同音でお話になられます。

心がすっきりしないのって、しんどいですものね。

心は目に見えるものでも、取り出して見ることができるものでもないので、心のケアそのものも、なんとなく宙ぶらりんになったりしがちですが、「ココロ体重」という比喩を用いることで、ケアそのものが明確になってくるようです。

私自身、25年前に響いた「本当に幸せなのは、心にも身体にも違和感のない状態。」ということを、この「ココロ体重を軽くする」に置き換えることができて、とてもすっきりとした感覚になりました。

というわけで、ブログタイトル後半部分にも登場させました。

f0043134_16473331.jpg


みんな大好きハーシーズのチョコレート。
# by inluce | 2019-02-23 16:53 | セッションルームから

こんばんは、イン・ルーチェです。
ルイボスミントティーをいただいています。ルイボスティーをさっぱりさせた感じで、食後などにはぴったりです。
お茶は嗜好品ですから、好みも人それぞれ、皆さんのお気に入りのお茶は何ですか?

前回ご紹介した、和田先生の本、結局Amazonでポチリしました。届くのが楽しみです。
そして、届くまでに、もう少しだけ、作品紹介から抜粋を。前回同様、青色文字にします。

●楽に生きないと損する時代になってきた

私は、「楽に生きる」(イージーゴーイング)の人が、一人でも多くなれば、いいなぁ、と思っています。理由はいくつか挙げられますが、大きな理由の一つに、窮屈感と閉塞感が緩和(打破と言いたいところですが…)されるのでは、と期待しているからです。

けれども、日本人にとっては、これがなかなか難しい、、、という辺りは、前回までのことですが、「損をする」となれば、難しさに立ち向かう人が増えるのかな…と一瞬思ったりもしたのです。

正面切って公言するかしないかは別として、やはり損得の概念は、私たちを少なからず支配しているものなので、この辺りを「攻める」というのも、アリなのかも…などと思いました。

しかししかし、すぐさま立ち上がった対抗勢力ならぬ、対抗概念。それが「世間体」です。
世間様の面前で、楽をして生きるなんて…という感じでしょうか。

この「世間体」なるもの。
『「空気」の研究』の著者でいらっしゃる山本七平氏によれば、
「特定の宗教をもたない日本人にとって、唯一宗教といえるものがあるならば、それは“世間体”だ」と、説かれたとか。

なるほど、宗教が相手となると、一気に強敵の様相が増してきます。

どうしたものか、和田先生の本が到着したら、じっくりとご意見を頂戴したいと思っています。

と、本の到着前に、既に、かなりの割合で楽しんでいます。

f0043134_20263466.jpg



本日のおやつ。
# by inluce | 2019-02-14 00:27 | easy going

おはようございます。イン・ルーチェです。
昨日は、自分なりに決めているブログ更新の曜日でしたが、どうにもこうにも心も身体も追いついてこず、、、。

そして、そんな昨夜に、ひょんなことから、今朝の予定が変わったので、少しだけ養生しながら新聞を読んでいて出会ったのがこれ。

f0043134_09182328.jpg

さっそくAmazonにジャンプして、内容紹介を拝読してきました。以下、青文字箇所は抜粋です。

日本人は「楽をする」ことに罪悪感や嫌悪感を抱く傾向があります。
「楽をする」ことに対して否定的で、つらくてもひたすら我慢をし、
我慢することに価値を認め、つらくても同じようにやり続ける場合が多いのです。

そうなんですよ!!! そうなんです!!!

「楽に生きる」ということを望みながらも、いざ、当人が実践しようと、セッションを開始してみても、無自覚な部分からの(無意識領域)からの拒否反応や嫌悪感って、本当に多いのです。

おまけに、おそらく、この「楽に生きる」という表現が、日本人の美意識や道徳観にフィットしないことも多いらしく、どうにかならないかな〜と思った私なりの策が、「easy going(イージーゴーイング)」という表現の採用だったのです。

けれどもこうして、ご高名な和田秀樹先生に、おっしゃって頂ければ、きっと、「楽に生きよう」という方も増えてくるはずです。

Amazonの内容紹介の中で、私が、最も印象深く受け止めたのは、
●我慢を選ぶというのは「考えない生き方」
とされていたことでした。

考えるって、確かに面倒くさいことも多かったりしますが、自分の人生のために、もう少し、考えて、感じてみる、ということは、本当に大切です。

今朝はサイトにお世話になりっぱなしでしたが、実際のご著書も、拝読しようと思っています。

f0043134_09350907.jpg


「先生へのバレンタインデーです」ということで。
# by inluce | 2019-02-13 09:39 | easy going

こんばんは、イン・ルーチェです。
朝方から降り始めた雨も、午後には晴れ間が見えるようになりました。予報では、寒波がやってくるとか、、、まだまだ、風邪対策などへの留意が必要そうです。
どうぞ、ご自愛のうえ、お過ごし下さいませ。

「リラックスして自分自身を生きる」

馴染みのない方には、すこし意味不明に受け止められるかもしれない表現ですが、いきつくところ、セッションの根幹は、ここを目指しているのだと思っています。生きる場所については、職場だったり、家庭だったり、あるいは、役割と言ってもいいかもしれませんし、特定の何かに限定する必要がない場合もあります。

このためには、好きになるかならないかは、別にして、自分自身について、よく知ることが欠かせません。

個人的な経験から言えば、自分を好きでいる(自分に対して肯定的でいる)方が、なにかとややこしいことにならずにすむので、できうるならば、自分への肯定感は低くない方がいいとは思っていますが、それは、2番目以降のことといえます。

何より大切なことは、自分自身について、よく知ることです。知った上で、余り好きになれなかったとしても、知らないでいるよりかは、リラックスして自分自身を生き、自分の叶えたいことを達成できる確率が、格段に高まります。

そして、自分自身をよく知るために、カラーセラピーや、数秘術、西洋占星術などを活用することを、お薦めしています。

今日も、そのような個人レッスンでした。

「自分のできそうなことが、ようやく本当の意味でわかりかけてきました。これからが楽しみです」とは、終了時のフィードバックです。

「それが繰り返されることによって、リラックスして自分自身を生きることができるようになりますよ。」とは、その時、私の口から出た言葉。私が何よりも大切にしていて、そして、一人でも多くの方とシェアしたいと思っている感覚に、ぴったりの文言がやってきました。とても嬉しく思いました。

f0043134_20470168.jpg


プリズム。
# by inluce | 2019-02-06 21:26 | easy going

こんばんは。イン・ルーチェです。
立春の翌日となる今日は、新月です。光も春めいて、体内リズムも始動の様相を増しています。こうなると、ようやく新しい年が始まった感覚になれます。皆さんはいかがですか?

先日のセッションでは、年明けを機に、生活スタイルとリズムを見直されたというクライアントさん。

この方は、現状維持派。今が困っていないならば、このままでいい。特別何かをして、自分を高めたいとは思わない。というお考えの持ち主です。

それはそれで、勿論尊重されることなのですが、、、、

「今の体力や健康を維持したいのであれば、何かをしないと、それをキープできませんよ。母体となる肉体そのものがエイジングにより力を失っているのですから。」

という比喩を用いて、現状維持でいきたいのであれば、某か(なにがしか)をする必要がある、ということをお伝えしたのが、年末のセッションでした。

普段セッションでは、アドバイス的なことは極力控えているのですが、この時は、このように少しアドバイスを添えていました。

「これが心に響いた」とのことで、これまでのようなワーカホリック的なライフスタイルや時間の使い方を見直そうと、思われたとのこと。

改善したいと思う生活スタイルであっても、一筋縄ではいかないことも少なくありません。
そこには、そうである理由があるからなのですが、ようやく見直そう、となられたご様子で、拝見しているこちらも、とても嬉しくなりました。

もちろん、本格始動は、これからのプログラム次第なので、しっかりとサポートをさせていただきたいと思っています。

f0043134_21534496.jpg


団らんスペースの背景。
# by inluce | 2019-02-05 22:11 | セッションルームから

こんばんは。イン・ルーチェです。
春を感じる日差しに、機嫌良く過ごすことができました。皆さんはいかがでしたでしょうか?

「あ、今日は、セッションの日だ。楽しみだな!」
こんな風に目覚めた日のセッションは、一層充実した時間となることが多いようです。
今日もそうでした。

1件目は、転職を控えたクライアントさん。転職に伴って、ご本人が抱いておられる不安の払拭がテーマでした。
お話を伺って、メニューを複数ご提案して、、、ご本人の希望でクリーン言語を用いたセッションとなりました。

「なんだか不思議な感じでした」

セッション後のフィードバックです。不思議とはいえ、希望とされる解を発見されることに、ご興味は尽きないようでした。

クリーン言語のセッションは、ご本人もまだ自覚できていない可能性とのワークになります。ご本人が自覚できていない要所に触れていくというのが、「不思議」という後味感の要因かなぁ、と思っています。

2件目は、ご家族のことで、少し懸念事項がおありになったクライアントさん。その懸念事項は、一旦の解決となったのですが、ご本人の中には、依然として不安が残っているとのこと。

こちらは、ハート瞑想をベースに、ヒプノシスやヒーリングの要素を取り入れたメニューとなりました。

セッションルームに入っていらした時よりも、お顔の色つや、表情が晴れ渡り、ご本人も、将来に対してご自身なりの構え方に気づくことができたとのことでした。

瞑想をベースにしたセッションは、本当に美しい空気感に満たされます。

f0043134_21045756.jpg


歯車の続き。
# by inluce | 2019-01-30 21:23 | セッションルームから

こんばんは、イン・ルーチェです。
強風に閉口しながらも、春めいた陽光に心浮かれた1日でした。

f0043134_23101684.jpg

誘われて、初シルク・ドゥ・ソレイユに行ってきました。
今回の演目「キュリオス」は、産業革命の頃が舞台となっています。

私を虜にする歯車の重なりがモチーフだったり、、、などなど、ど真ん中直球ストライク!といった感じで、思いっきり楽しむことができました。

小道具の中には、イン・ルーチェにディスプレイしている物と同様の類いを発見したり、ニマニマと顔が緩みっぱなしでした。

参加している講座やら、大好きなアイテムやら、、、繋がるとは思っていなかった物が、繋がってくる瞬間の興奮とワクワクは、いつになってもたまらない感覚です。

以前にクリーン言語のセッションで、メタファー(比喩)を使って、自分の強みを発見している時にも、同じような経験をした記憶があります。
その時も、今回も、自分自身がとても活性化できました。

お陰で、翌日から、サクサクと身体が動いています。

f0043134_23101948.jpg



More
# by inluce | 2019-01-29 23:29 | クリーン言語

こんばんは、イン・ルーチェです。
日中の車の移動は、差し込む日差しが心地よく、風も幾分か暖かさを感じました。皆さんのお住まいの地域ではいかがでしたか?

「時短」。
近年のキーワードの一つ、それもかなりの確立でトップグループに含まれるのではないかと思っています。
日々あっという間に過ぎ去りますから、無理からぬことですよね。

私自身、時短を意識しないと言えば嘘になりますが、それ以上に「その瞬間に集中すること」を意識しています。

時間管理がかなりシビアでタイトな業務をこなしている時などに、顕著に理解できるのですが、某かの事情で、心ここにあらずの場合、集中力は下がり、時間あたりに達成できる仕事の量が大幅に変わってきます。言い換えれば、同じことをするのに、余分な時間がかかるということになります。

私はこの状況を、時間の漏水や漏電のようなものだととらえています。言葉を与えるならば、“漏時”といった辺りでしょうか。

“漏時”に陥らないためには、心ここにあらず、の状況から脱する必要があるのですが、考えてみれば、心がここにないならば、いったい心はどこに行っているのでしょうか?

このような時、心は、過去を振り返っているか、未来を見ているか、のどちらかです。そして、今という時を漏らしてしまっているのです。そうなると、その時にできることのボリュームが目減りし、余分な時間を要することになります。もったいないですよね。

集中力とは、たった今の目の前に、意識を集めること。「この瞬間への滞在力」と言い換えることができるかもしれません。

造語になりますが、時短をなぞらえて、「時集(じしゅう)」と詠んでみました。
「時を集める」って、なんだか、魔法使いのようで、我ながら気に入っています。

f0043134_21411953.jpg



ある日の風景。
# by inluce | 2019-01-25 22:09 | easy going

こんばんは、イン・ルーチェです。
昨日お伝えしたパーソナルカラーミニ講座は、とても楽しく終えることができました。
パーソナルカラーは、対面カウンセリングが「基本のき」なのですが、もう少しアタマを柔軟にして、お目にかかれない方にも楽しんでいただけるようなアイデアを温めています。時間の関係で、新年度以降の着手になりそうですが、もう少し、本格的にそのアイデアを動かし始めたら、またこちらのブログでもお伝えします。

昨日のブログで、私にとっての超能力とは、いつもの能力以外の能力のこと、とお伝えしました。

その普段の能力以外の能力を発動させるためには、無意識あるいは潜在意識と呼ばれている意識の領域にアクセスする必要があります。瞑想や、ヒプノシスや、クリーン言語(クリーン言語では「無意識」や「潜在意識」という概念は用いられていませんが)などは、これを可能にしています。

通常の意識の状態でも「想像する」ということはできますが、無意識や潜在意識から発動される「創造性」は、普段の意識をベースにした想像力から創造される物よりも、何百倍も何千倍もユニークな個性に溢れています。

このユニークな個性との対面が楽しくて楽しくてたまらないので、クリーン言語のセッションや、インナービーングセッションと名付けたセッションを提供しているのだろうなぁ、と思っています。

「事実は小説よりも奇なり」を、セッションをお受けになる方、一人一人が体現くださっています。

「なんだかとても不思議な感じがしました。」とは、セッション後のフィードバックの中でも、登場頻度の高いコメントですが、この言葉の通りだと思っています。

f0043134_20473052.jpg




イン・ルーチェのおやつ缶。
# by inluce | 2019-01-23 21:09 | easy going

こんばんは、イン・ルーチェです。
快晴とはいかないまでも、まずまずのお天気でした。たった今は、昨日、満月を迎えた月が、まだまだまん丸といっていい状態で、空に輝いています。
皆さんのお住まいの地域ではいかがでしたか?

この講座のお陰で、日本では何となく曖昧模糊となっている、占い、宗教、スピリチュアル、オカルト、超能力などの理解を明確にすることができ、スッキリと心地よい感覚でいることができるようになりました。

その上で、「私が、より興味深く思うのは、スピリチュアリズム(心霊主義思想)よりも、むしろオカルティズム(神秘主義思想)だったんだな。」とか、「思想的思索も捨てがたいけれど、なんと言っても、超能力を日常に活かすことに興味があるな。」などと、これまで雑食的に学んできたことの整理整頓をしています。

超能力と聞くと、何だかとてつもない能力のことを指しているかのようですが、そんなことは全くなく、「日常的に使っている能力(スキル)では、にっちもさっちもいきそうにないこと」あるいは「これまで使っていた能力(スキル)では、そろそろ限界がきたかな〜」などと思うトピックに関して、その日常的な能力以外の能力って、どうにかしてどうにかならないかしら、、、という程度のことなのです。

つまり、私にとっての超能力とは、「いつもの能力以外の能力」のことなのです。

何かストレスがあった時などにも、それまでのストレス解消の方法(ストレス解消能力)以外の方法で、ストレスを解消できる、もっと言えば、そのストレスすらストレスと思わなくなるのであれば、それは私にとっての超能力の発揮となるわけです。何か問題を解決したい時も同様です。

そして、瞑想やクリーン言語は、この「いつもの能力以外の能力」の発動に関して、多大な貢献を果たしてくれるなぁ、とつくづく感心しています。

クリーン言語は、「いつもの言葉(意識の言葉)」ではない「非日常の言葉(メタファー/比喩)の言葉」を使います。
これが、いつもの感覚、さらには、いつもの感覚の固定化された考え方(固定観念)を、ゆるゆると緩ませ、新しい発見を可能にしてくれています。

私にとっては、これは、まだまだ活用されていない脳ミソ空間に、宝探しに出かけるような感じで、いつもいつもワクワクしてしまうのです。

瞑想やクリーン言語とは、全くジャンルが別なのですが、パーソナルカラーの仕事をしていた時も、同じような心持ちでした。
「自分に似合う色は○○色」と、思い込んでいる、その固定観念が、ドレーピング(布宛)することによって、「あれれ?」と緩み始め、新しいファッションカラーの可能性に出会う、という場面は、何度立ち会わせていただいても、それはそれは、本当にジューシーな感じでした。


f0043134_21371808.jpg



「似合う」を探すということ。
# by inluce | 2019-01-22 22:14 | easy going