タグ:コミュニケーション ( 2 ) タグの人気記事

f0043134_17561796.jpg
こんにちは。イン・ルーチェです。
こちらは少し蒸し暑いです。皆さんの地域ではいかがですか?

今日は、午前、午後と、先日終了した対話講座のフォローアップレッスンでした。
今回の対話講座では、一連のレッスンスケジュールの中に、個人レッスンの時間をも設けていましたので、その時間です166.png

コミュニケーションと聞けば、身近な言葉ですが、私はその中でも、特に「対話」にフォーカスしています。
そして、この「対話」となると、「会話」との区別が実に曖昧な状況にあるのが、私たちの日本です。

ですが、対話型コミュニケーションは、これからの時代に必須のコミュニケーションスキルと考えているので、非常にニッチでマニアな状況下にあっても、非常に、機嫌良く、気分良く講座を行っていました101.png

そして、受講生の方々からの、フィードバックも嬉しい限りで、本当に開催して良かったなぁと思う講座の一つとなりました110.png

このフィードバックは、掲載許可をいただいたものから、またご紹介しますので、楽しみにお待ち下さいませ。

その後はいろのミミログ録音です。本日は無事にアップできました164.png


既に、ご試聴下さった方からは、
「パーソナルカラーの簡単な分析は受けたことがあるけれど、よく分からなかったことも多いから、そのフォローとして楽しみにしています」というコメントもいただきました。嬉しいです。

パーソナルカラー診断を受けて、何だか分かるような分からないような、、、という経験をお持ちの方も多いと思います。
その辺りの???を払拭していただけるような話もしていきたいと思っていますので、よろしければお耳くださいませ162.png






夏の赤、好きです!
by inluce | 2017-06-01 18:13 | 対話・コミュニケーション
f0043134_19513357.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。
ここまでの1日にお疲れ様です。どのような時間をお過ごしでしたか?

今朝は母アッシーでした。車で10分弱の歯医者さんに送り、30分程度の診療を待ち、また10分程度の運転で戻ってくるという行程です。
誰でも頼み事をするのは気がひけるものですから、「30分で済むから待ってて」という風に頼まれます。
母の言い方を借りれば、「少し行って、ちょっと待つだけで、すぐに戻る」となります(笑)

実際には、診療時間10分前までには入室している必要があり、運転にも余裕をみるため15分前に家を出ます。
帰宅までの所要時間は1時間10分です。これを「少し」「すぐ」と言うのかどうかは…個人差がありますよね。
ちなみに、私は、時折はっきりと伝えます。「1時間10分の時間が必要なことを頼んでいるんだよね」という風にです。
「少し」や「すぐ」といった、個人差を伴う感覚的な表現が悪いわけではありませんし、時間に余裕がある時であれば快く引き受けられることであっても、いつもいつも同様に対応できるわけではありません。

そのような時は、このように事実を客観的に示し、「あなたにとっては“少し”かもしれないけれど、今日の私にとっては“少し”ではありません」と伝えます。
「優しくないな〜」と思うこともありますが、些細な不満を蓄積させないためには必要です。実の親子であれば、この程度の会話は、難なくこなせると思っています。
実際に、このように伝えても、何も問題は起きず、「その通りだけど、どうしても使いをしてほしいから、お願い!」となるだけです。

f0043134_20251537.jpg

お願い上手、お願い下手、断り上手、断り下手、、、、、ここにも【しらずしらずの仕組み】の影響があります。


ついつい自分一人で頑張ってしまうクライアントさんから、このようなメールをいただきました。

先日はありがとうございました。
セッションを受けた日の夕食後ものすごく眠くてテーブルに突っ伏して2時間くらい寝てしまい
その間に息子が後片付けを全部してくれました。
普段ほとんどそんなことはないので、びっくりな出来事でした。


「頑張る」ことに関する仕組みは、実のところ複雑です。
また、時間をとって、ゆっくり書きたいと思いますが、「頑張らないといけない」という、思い込みのパターンが【しらずしらずの仕組み】に組み込まれている場合、周囲の手助けを受け取ることが、余り上手ではありません。(しらずしらずに拒否しているのです)

けれども、この仕組みやパターンをケアすることで、結果として頑張り癖を緩めていくことが可能になります。
【しらずしらずの仕組み】を、自分にとって好ましいものへと、上書き保存していくような感じです。

頑張り癖とは、知らず知らずの癖とも言えます。
私たちは、誰でも、この知らず知らずの癖をもっています。自分を労ったり、育てたりする癖もあれば、必要以上に疲労させている癖もあります。

インナービーングのセッションでは、この自分を疲労させているしらずしらずの癖を、リラックスした雰囲気の中で、しらずしらずのうちに手入れできるようにするためのセッションです。

私自身、提供差し上げるのが大好きなセッションですが、このようなフィードバックを沢山寄せられるのも、このセッションの特徴です。
フィードバックをいただくたびに、幸せな気分になれます。
明日もセッションです。自分をニュートラルにして、まずは、いつも通り、丁寧にお話をお聞きすることから始めたいと思います。


ではでは、今宵も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
こばら共々お礼を申し上げます。
引き続き、皆さまにとって、寛いだ素敵な時間となりますように。

f0043134_23172401.jpg








More:本日の30分。
by inluce | 2017-01-17 23:12 | インナービーングセッション

ゆるりゆるりと寛ぎながらも、シャキッとやる気も充填させる…そのような“ゆる気”を育むスクール&サロン イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30