パステル和みアートセラピーとの出会いをきっかけに、表現アートセラピーを学ぶに至りました。
10年近く前のことです。

パステル和みアートセラピーは、通常、パステルを粉状にして、指先をティッシュペーパーでくるんで、その指先で、粉状のパステルを紙面にくるくるとさせながら描いていきます。型枠などを使うこともあり、絵の苦手な人でも、粉状のパステルの風合いが活かされた、優しいタッチの絵を仕上げることができます。

ですが、私は、そのクラスの最中、突如として、直接指先に粉をつけて、まるで一筆書きのように、一気に描いてみたのです。

そうしてみたら、それまでの、机に向かって、工作するような感覚から、一気に身体が揺さぶられるような感覚を覚えたのです。

これをきっかけに【もっと身体性に富んだアートセラピーを学んで見たい!】となり、【表現アートセラピー】へとたどり着いたわけです。

f0043134_1216281.jpg


表現アートセラピーでは、ドローイング(描画)だけではなく、彫塑、ムーブメント、ドラマ、などなど、様々な表現手法を採用します。

学生時代に、図画工作、美術の授業に、それほどトキメキを覚えなかった私ですが、直ぐさま夢中になりました。

下手くそであれ、なんであれ、自分の内側と繋がったところから、腕を動かして描いてみたり、身体を動かして踊ってみたりしていると、アート表現というのは、本当に、私達にとって、根源的な営みの一種であるんだな…としみじみ思います。

だからこそ、この根源的な営みに触れることで、とても深い部分で、解放がおきたり、エネルギーチャージが成されたりするのだろうと思っています。

f0043134_1253442.jpg



手始めとして、慣れ親しんでいる描画からスタートというのが一般的ですが、表現アートセラピーの面白いところには、【作品への執着が少ない】という点もあります。
私以上にアートに親しんでいるパートナーとのシェアのために、遠路はるばる制作物を持ち帰っていましたが、会場で処分していく人も多いのです。

【きれいさっぱり】といった感じにです。

これも【目的のために描くではなく、生命エネルギーを顕在化させる】ということに主眼をおいているからだろうと理解しています。

エネルギーがフロー(流れる)感じがして、とても心地よいプログラムです。
ご興味ある方は、是非一度トライされてはいかがですか?


さて、まもなくプロセスセッションのクライアントさんがおみえになります。
日々の激務で、就寝前にはアルコールがマスト、という方でしたが、オーラ・ソーマ(R)プロダクツを使用されるようになって、お酒に頼らずとも入眠ができるようになっているとの嬉しい報告をいただいています。

今日は、その続きです。リラックスしてお迎えします。
# by inluce | 2015-12-13 12:58 | 表現アートセラピー
この日は、月1で開催している高齢者ケア施設でのワークショップでした。
1999年の8月からですから、16年になります。

月1回とはいえ、長らく伺っていると、様々なことが見えてきます。
日本の介護現場の変遷であったり、はたまた、いつまでも幸福感をもって生きるために必要なことであったり、、、、、

「こんな簡単な作業が〜」と、今は思っていられるようなことが、ごく自然なこととして、容易ではなくなるということに、立ち会うことができるだけでも、貴重な経験だと思います。

f0043134_16252995.jpg


ワークショップの所要時間は約1時間。
毎回、完成品をお持ち帰りいただきます。ご参加の方は、これをとても楽しみにされています。

年齢ゆえに、皆さんの身体のコンディションは様々です。
ハサミ使いが難しいかたもあれば、手先は器用でいらっしゃるけれど、説明の内容をすぐに忘れてしまう方もみえます。

けれども、難しいところはお手伝いしながら、完成を目指します。

デザインコンセプトというほど大げさではありませんが、心がけていること、心に秘めている思いは【施設スタッフの方も、欲しくなるような物を!】です。


加齢により、身体機能にサポートが必要になられているとは言え、十二分に成熟した感性をお持ちの方々が、学童折り紙では余りに情緒も色気もないというものです。

現役世代や、孫世代から「素敵ね〜」「欲しいな〜」との声が挙がれば、一層のモチベーションにもなるだろうと思っています。


そして、そして、、、
教材の色合い如何で、その日のテンション、会話の弾み具合が全く変わってきます。

色彩の果たす役割は、やはりとてつもなく大きいです。

More
# by inluce | 2015-12-11 16:39 | リハビリカラーセラピー
12月初旬の日曜日、東海地方で初となる【オーラ・ソーマ(R)アップデート】が開催されました。

f0043134_1182330.jpg


このアップデートは、主に2つのことを意図されてデザインされているそうです。

☆プラクティショナー(カラーケアコンサルタントやティーチャーも含めて)が、同等の情報を共有するために。

☆地域のオーラ・ソーマプラクティショナーの繋がりを育むために。

というわけで、名古屋、江南、知多、豊橋、豊川、新城、浜松からご参加いただいた方々と、しっかりと情報を共有し、ご縁も気づくことができました。

今回の講師は、廣田雅美先生です。

可愛らしいというよりは、愛らしくいらして、それでいて気さくで、爽やかで、お話がとても分かりやすい!
そのチャーミングな魅力に、参加者一同首ったけでした。


このアップデートは、英国のオーラ・ソーマ本校の全面的なサポートの下、全国で開催されています。

実は、以前は、もしかしたら、アップデートと聞くと、何か訝しげに思われる方もいらっしゃるのかな〜と思ったりしたこともあったのです。

「アップデートの必要性」などとうたわれると、ある種の違和感や疑念、不信感をもたれたりしないのかな〜という感じです。

【自分が学んだことに、何か不備があったのか…】と、惑わせてしまったりしないだろうかと…。

ですが、それはまったくもって100%違います。

オーラ・ソーマに限らず、めまぐるしく変化する社会の中で、システムや技法の扱い方というのは、絶えずアップデートされ続けています。むしろアップデートされていない方が、時代に適合できていないとも言えるかもしれませんね。

【情報のメンテナンス】って大切です。


話は変わりますが、 私の友人で、パーソナルカラー専門にトレーニングをしている人がいますが、
現在のパーソナルカラーを、バージョン3と呼んでいます。
初期パーソナルカラーから考えれば、そんな感じだろうな〜と、私も思います。

というわけで、これからも、オーラ・ソーマを必要とされる方々に、最良善の状態で提供できるように、学びは続くというわけです。

f0043134_11221079.jpg


雅美先生ありがとうございました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。
# by inluce | 2015-12-11 11:23 | オーラ・ソーマ
【脳のデトックス】って何だろう?って思いますよね。
実際に、脳ミソを触るわけでもありませんし…(^_^;)

《望まない結果をもたらす無自覚な振る舞い》
大抵の場合は、後から「しまった〜、、、」とか、「そんなつもりではなかったんだけどな…」となっています。

あるいは、「分かっているんだけどね、、、」と、思考では理解できてはいるものの、実際のアクションに至らないケースもあります。

【インストールされたままの、古い反応パターンのプログラムが、無自覚に作動している状態】
シンプルに言えば、このようなことが起きているといえます。

そして、このプログラムが作動しないように《望まない結果を生み出すような、反応や感応をしない》するのが、【脳のデトックス】です。

【脳】とあると、何か《考え方》のように思えたりもするのですが、実際には、無自覚なリアクションに変化を実感されることが多いのです。身体感覚、ボディのレベルで、【以前とは違うな】との実感が得られるようになることです。

f0043134_13555689.jpg


昨日は、4回目となる【プロセスセッション】を提供差し上げました。
9月から、ほぼ月1のペース。クライアントさんにも、随分と変化が起きているようです。

【変化】というと、躊躇される方もいらっしゃるのですが、ここでいう【変化】とは、

【望まない結果を生む、無自覚な振る舞い癖が、知らず知らずのうちになくなっていく】
ということを意味しています。

このクライアントさんの場合は、思春期を迎える娘さんとの関係性に、その変化の実を感じておいでのようです。

【自分のことが全く分からなくなった】という1年前に出会ったオーラ・ソーマ(R)を通じて、ご自身のリズムとペースで、ゆっくりじっくりと、自分の内面と向かい合い、滋養を与え、成長を遂げてこられました。

その結果として「何があろうとも私は私」とおっしゃった、今の状況が、ボトルにもしっかりと現れています。

そして、横たわっていただき、ポマンダーをつかった【チャクラバランシング】。

「身体から脳まで、どんどんとクリアになっていくのが実感できました」
セッション後にいただいた嬉しいシェアです。

これが【脳のデトックス】です。実際には、脳だけでなく、ボディや感情も包括しています。

この【プロセスセッション】では、毎回、本当に豊かなシェアをいただけて、セッションを提供差し上げている私も、本当に充たされてきます。

More
# by inluce | 2015-11-26 14:13 | オーラ・ソーマ
アクセスバーズの存在を知ったのは、今年になってFBで繋がったEちゃんのお陰です。

Eちゃんは、オーラ・ソーマ(R)のLevel3コースの時に出会いました。コースに先がけてのグラストンベリーツアーも一緒に。もう18年も前のことになります。

「18年後にこのようなワークをするようになろうとは、あの時、夢にも思わなかったよね…」

先日Eちゃんのサロンでバーズのトレーニングを受けていた時の二人の会話。これが18年ぶりの再会でもあったのです。

【ツールを使わないワークを探していた】とはEちゃんですが、私も多いに賛同です。

そして、バーズのようなエネルギーワークにすんなり進むことができたのは、昨年から学び始めた【サトルボディヒーリング】の影響が大きいことも事実です。

f0043134_20452124.jpg


【サトルボディヒーリング】では、私達の現実に起こっている様々な乱れ ーそれが感情であれ、思考であれー を、エネルギーの乱れととらえ、瞑想を通じて、フローさせ、リリースさせていきます。

この中で用いられる【ハート瞑想】は、本当に素晴らしい瞑想で、私の大好きな瞑想の一つ!

2年間に渡るトレーニング(全6回)の、丁度半分を終えたところで、オファー可能になったのが、【チャクラバランシング】のセッションです。

目下、イン・ルーチェで人気上昇中のメニュー(らしいです。)

【チャクラバランシング】もエナジーワークに分類されると思うのですが、受けて下さった方から、一様に、素敵なフィードバックをいただくことが続いたことにより、私自身のエナジーワークに対する信頼が高まったわけです。

また【サトルボディヒーリング】の先生方(瞑想の先生と言った方が正しいのかもしれません)が、トレーニングの最中にオーラ・ソーマ(R)プロダクツを取り入れて下さることもギフトです。

先生方は【日本人の繊細さに対して、オーラ・ソーマ(R)のプロダクツによるアプローチは、とても適している】と言っておられます。世界中を飛び回り、様々な国の人に指導されている方の眼には、私達が気づかない日本人のクオリティが映るのでしょう。

【チャクラバランシング】も【サトルボディヒーリング】も、基本的にはクライアントさんは横になってくだされば、それでOKですから、ストレスフリーというのも大切なポイントです。

バーズを【ハードディスクのメンテナンス】に喩えるならば、【サトルボディヒーリング】は、古いパターン(私はこれを地下に埋もれている瓦礫と呼んでいます)を、瞑想を通じてバイブレートさせ、続いてフローさせ、リリースさせるようなものです。【洗剤を使って洗濯機を回す】ような感じかな、、、

ベストなメタファーではないので、これについてはアップデートされると思います(^_^;)

メタファーはさておき、このことが、私達の【停まった時間】や【凍った感情】、【スタックしたエネルギー】を解放してくれるのです。

解放が起これば、エネルギーは自然とフローします。
物事はスムーズに流れ始めるのです。

More
# by inluce | 2015-11-25 08:35 | サトルボディヒーリング
頭の中が、すっきりとした、まるで晴天のようだったらいいなあ…。
ちなみに、私は、秋に見られる高さのある青空が好きで、そこに少しだけ冷たい風が吹き込んでいたら最高ですね。

そんなことを望みながら、たどり着いた1つがアクセスバーズです。

【アクセスバーズについて】

難しいことは分かりませんが、人工知能というくらいですから、頭とコンピューターとの間には、共通要項が多いのだろうと思います。

丁度、色彩学で「眼のしくみ」を学ぶ時に、カメラに喩えられるようなものでしょうか?

f0043134_15385169.jpg



改めて考えてみると、脳は、HD(ハードディスクドライブ)とCPU(集積回路)の双方に喩えることができるのだな〜なんて感じ入ってしまいました。

脳をコンピューターに見立てた場合、私達は、CPUとしての脳にフォーカスすることが多いのかもしれません。

事実、私が学んできた、ヒプノシスやクリーンランゲージは、CPU的な脳の使い方をトレーニングすることに有益だったように思います。

とはいえ、HDとしての脳にフォーカスすることも大切ですよね。

ヒプノやクリーンで、CPU的な脳の使い方をエクササイズした後に、考えるようになったことです。

HDという喩えではありませんでしたが、【脳の中がすっきりしていた方が、ヒプノやクリーンがより作用しやすいのではないかな?】という思いからでした。

【脳の中がすっきりしていた方が…】というのは、事実、脳の中には、周囲から提供されたさまざまなプログラム(価値観、思い込みetc)が、所狭しとインストールされているからです。

インストールされていることに気づくことは、PCの作動状況が今ひとつである要因の一つを知ることになるので、少しだけすっきりできるのですが、実際の動作をサクサクさせようと思った時には、これでは不十分で、削除、削除、また削除。とPC内の断捨離ならぬ、脳の断捨離が必要になってきます。

そうすれば、CPUの動きも、必然的にスムーズになってくるというわけです。
スムーズというのは、実際の動作、身体感覚を伴う状態にまで落とし込まれていることを示します。

頭であれこれ納得できるだけではなく、実際の暮らしの中で、体感的にスムーズさを感じたいな〜と思う場合は、レクチャー(理論)のインストールではなく、まずはリリースから…と、なったわけです。

私は、仕事柄、瞑想やリトリートワークに時間を費やすことが可能ですが、周囲を見渡せば、それが適わない現実もたくさん目にします。

だからこそ、クライアントさんに、無理なく、ストレスなく、お受けいただける人知的テクノロジーを、あれやこれやと探求しているのかもしれません。

More
# by inluce | 2015-11-24 17:06
この連休は、アクセスバーズ(R)のセッション続きでした。

アクセスバーズ(R)は、20年以上も前に誕生し、現在180余りの国で親しまれています。

【悪くても、良いマッサージを受けたようは深いリラックス感を得ることができ、良ければ、あなたの一生を変えるかもしれません】

このように言い表されることの多いバーズですが、私との出逢いは【脳の深部からの寛ぎ】をオファーできる技法を模索していたことに始まります。

瞑想などでも【脳の深部からの寛ぎ】を得ることはできますし、私もその恩恵にあやかってはいますが、誰でも一様にそうなるとも限りません。

また、これまで学んできたことのお陰で、【感情に振り回される】ことが減ったとは言え、依然としてアロマトリートメントなどを受けていても、脳の活動は活発だったりします。

それらがアイデアなどであると、良いことのように受けとめる方も多いかもしれませんが、これを肯定すると24時間起動し続けることをヨシ!としてしまいます。

おまけに、不必要なことや、よろしからぬあれやこれやで起動しているのが、世の常というものです。

ですから、いたってシンプルに単純に【誰の脳であっても、簡単に手軽に、晴天の青空のようになったらいいな〜】との、不届き且つ怠惰心旺盛な思いから、探し求めていたのです。

f0043134_12192266.jpg


バーズはコンピューターのHD(ハードディスクドライブ)のようなものです。そしてバーズのセッションは、そのハードディスクドライブに、溜まりに溜まった不要なファイル(ソフトウエアやデータなど)を削除して、サクサクと動きの良い状態へとリカバリーさせていくようなものです。

不要なファイルが放置されたPCって、動きが悪くてストレスですよね。
私達の脳も同じです。
とはいえ、私達は、脳のことを、まるで底なし沼ならぬ【底なしフィールド】のように思ってしまい、ファイル削除というメンテナンスを怠りがちなのも事実。

バーズで、すっきり、サクサクと動く、晴天の空のような脳を体験してみませんか?

More
# by inluce | 2015-11-24 12:34
昨日は昼食を兼ねて、親戚が数名我が家に集まりました。

お寿司と中華、いずれもお店にお願いをして、あとは汁物とお茶の用意だけ。
いたって手間いらずですが、それでもやはり疲れます。

お寿司のネタがよかったこと、お昼時であったこと…想定以上に売れ行きがよく、状況を見守る私は、ほとんど口にすることなく…。

日暮れ頃にお見送りした後は、お腹はペコペコで、おまけに前夜、蚊の襲撃を受けたために睡眠不足。。。

それでも少しだけゆっくり食事をしたく、馴染みのトラットリアに行きました。

f0043134_1421741.jpg


すっかりご無沙汰している間に、メニューにも少し変化が。

300円、450円、650円と、プライスで分類された小皿料理やおつまみの類いが充実していました。
メイン料理も、付け合わせをオプションで選ぶことができるようになっていて、お腹やお財布の具合に応じてアレンジができます。

そうすることで、グラスワインをはじめとしたドリンクのオーダーが上昇中とのこと。

「ほんの僅かなことでも、変わってくるんですね〜」と言う私に、
「全然違いますよ!」とはシェフ。




【trattoria-t・v・b】


More
# by inluce | 2015-11-23 14:22 | Yammy@TOYOKAWA
19:00〜21:30というタイムテーブルで、【オーラ・ソーマコンサルテーション&チャクラバランシング】のセッションをお受けいただきました。

今年の8月から【プロセスセッション】と銘打って、月1ペースで6ヶ月間お受けいただいているセッションの4回目です。

お仕事帰りのクライアントさん。1時間ほどドライブをして、イン・ルーチェのサロンまで通って下さっています。

f0043134_16251860.jpg



セッションは、毎回、「前回のセッション以降、どのように過ごしておいででしたか?」とお尋ねすることから始まります。

ご自分の感情が乱されるような言動に遭遇しても、そこに対するリアクションをすることが軽減されているようです…とお話し下さりました。

一生懸命に、思考でその振る舞いをイメージされたり、言い聞かせたりすることは一切なく、気づいたら、そのような新しい振る舞い方をしていた、ということで、これが、ボトルワーク(オーラ・ソーマのボトルを身体に塗布する)ことの恩恵だなぁ、とお話を聞きながらしみじみ感じ入っていました。


さて、夢に向かって頑張っておいでのクライアントさん。
今回のセッションでは、夢に名づけられたラベル(職種)ばかりに目が向けられておいでだったことに気づかれ、そのラベルによって可能な行動→好きな感覚→強み→自己価値と、気づきを深めていかれました。

「なんだか嬉しくなりますね。これからが楽しみです!」

との言葉と共に、チャクラバランシングへ。1時間ほど、ゆったりと瞑想的な時間をお過ごしいただきます。このチャクラバランシングでは、オーラ・ソーマポマンダーが大活躍します。

ベッドから抜け出るなり、「このボトルが欲しいです!」と、任意でセレクトされていかれました。

また次回お会いするのが楽しみです。

More
# by inluce | 2015-11-21 16:41
一昨日から昨日にかけて、ボジョレーヌーボーが解禁されました。

徒歩20分足らずに位置するワインバーでは、11月19日午前0時1分という、まさに解禁のタイミングでボジョレーヌーボーがいただけるというイベントが企画され、いそいそと出かけて来ました。

パートナーとKちゃん、それからDくん。
このDくんは、1年に2〜3回ほどお酒をご一緒しています。酔っ払う前に、早速、先日トレーニングを
受けてきた《パーミストリー(西洋占星術)》のお相手になっていただきました。

f0043134_13325098.jpg


「何ですか?新しいことでも始めるんですか??」などと突っ込みを入れられながらも、手の相から受け取ったことをお伝えします。

「人生初の占いですよ!」などと口にされながらも、【手相から読み取れるのは結果だけ】そして、【今後、どのようにありたいかによって、手相のお手入れをする】というポイントを重ねてお伝えすると、ふむふむふむ…となってくださいました。

働き盛りの男性ですから、これまで努力されてきたこと、そして、これから向かっていきたいことなど、当然重なり合うことがあるようで、シリアスではない場の力も借りて、ほんの少しの憩いとしてお役に立てたようです。

私が学んでいるパーミストリーは、オーラ・ソーマの一環としての位置づけです。
手相からのインフォメーションをお伝えすることに留まるのではなく、結果としての過去をねぎらい、未来に向けての可能性を引き出していくためのものです。オーラ・ソーマにはヒーリングプロダクツが充実していますから、それらを臨機応変に役立てていきます。

ですから、ケアまでできなかった、この日は、私にとっては少し不完全燃焼でした。
また、お時間をとっていただいて、ケアまでお相手になっていただこうと思っています。

Dくんの手の画像を取り忘れました、、、残念。
代わりに、先日のトレーニング時の様子から。

more
# by inluce | 2015-11-20 13:47 | オーラ・ソーマ

ゆるりゆるりと寛ぎながらも、シャキッとやる気も充填されている…そのような“ゆる気”を育むスクール&サロン イン・ルーチェのブログです  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31