ゆるりゆらりと寛ぎながら、シャキッとやる気もばっちりと。…そのような“ゆる気”を育み、機嫌良く暮らしたいと思う イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce

<   2017年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0043134_20385218.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
外では鈴虫が鳴いています。明日からは9月。本当にあっという間に時間が経っていきますね。

先日のセッションからの1コマです。トライアングルに配置されているボトルですが、間にあった2本をお渡しした後の撮影となったためです105.png
通常は4本をお選びいただきます。その中から、ご希望であれば、ヒーリングボトルとしてご自宅のケア用に、お持ち帰りされます。

オーラ・ソーマのボトルはデメター認証を保有していますから、ボディオイルとして塗布してもとても心地よいケアができます。
(デメターとは、ドイツのオーガニック製品を推奨・認定する団体です)
f0043134_10595966.jpg
この日のクライアントさんは、皮膚がとてもデリケートな方なのですが、オーラ・ソーマのボトルは気に入って使用されています。
元より、本当に激務と言っても言い過ぎではない方なので、セルフケアが大切だとは思われても、多忙が過ぎて、ケアまでたどり着けない状況です。
ですから、入浴後のボトル塗布は、ある意味手間いらずですから、何とか続けることが可能だとおっしゃいます。

月に1度のインナービーングセッションも、ご自身の調整のためにといった感じで、忙しい最中をスケジュールをやりくりして2年近く通って下さっています110.png
特に瞑想がお気に入りのご様子で、就寝前にCDを使って瞑想を続けてもおられます。
f0043134_11023984.jpg
そのことを、お友達に話されたところ、「『成功者は瞑想をしている』って聞いたから、私も始めたよ。」と告げられたそうです。

クライアントさんとしては、特段、「成功者」というキーワードにヒットはされていなかったので、「別に、そういう理由で始めたわけじゃないけど…」とモジモジされていたそうです112.png

どのようなキーワードにヒットするかは、個々それぞれ。思考回路の違いによります。

「仕事は正直キツイけれど、せっかくならば楽しく仕事をしたいし、いい仕事をしたい。スタッフの人たちにも、少しでも充実感をもって働いてもらいたい」
そのクライアントさんが、常々口にされていることです。

そのためには、自分自身の調心が大切だろうとお考えになり、瞑想が役立つな、、、と実感されている、とのことです。

f0043134_11034390.jpg
瞑想には5000年余りの歴史があります。
及び知ることのできない歴史ですが、何であれ、人類が、あみ出し、継承されてきたことだけは事実です。
途絶えるがなかったことには、やはり、某かの理由があると考えるのは、とても自然なことと言えるでしょう。

理由は何であれ、瞑想タイム、設けてみられてはいかがでしょうか?
いい感じですよ110.png
f0043134_11033236.jpg


またまた黄色。
by inluce | 2017-08-31 22:12 | 日々の瞑想
f0043134_13104278.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
こちらは、随分と過ごしやすい日になりました。風がそよそよしていて心地よいです110.png

今日は、月に一度の高齢者施設でのワークショップでした。
「カラーセラピー講座」と呼ばれているこの講座では、平均年齢90歳の方々が、毎回1時間、カラフルな教材と関わりながら、お部屋にお持ち帰りになれるクラフト作品を完成させます。

メンバーは、都度、それぞれで、作る物も毎回ことなりますから、皆さんにとっては、いつもチャレンジの連続です109.png
「初めてこんなことしました」(お忘れになっている場合もあります)
「難しいね〜」
「一体、何ができるの?」(見本を置いていますが、これまた作業に夢中になられると、見本のことが頭から抜けてしまう方もおいでです110.png

「そう、難しいの!」
「ごめんね、難しいことさせて!!」
「でも、あんまりにも簡単でも、きっとつまらないと思うよ!!!」

と、大声でエールを送りながら、完成に向かってもらいます。

f0043134_15144781.jpg

1時間で取り組むことができる作業工程を考慮しながら、季節感を反映させた作品を用意するのですが、やはり色彩は大切です。
大切と言うより、色彩のもつ底力のようなものを、最も痛感できるのが、この講座です。

教材が鮮やかで多彩であると、「うわぁ〜綺麗!今日はこれを作るの!嬉しい!」と歓声があがります。
ですから、春や夏はもとより、秋であっても、冬であっても、鮮やかで多彩であることを心がけています。

私の衣服もその一つです。
色彩に関連したお仕事の場合、着衣は教材の一つ、ととらえていますが、この日はどちらかというと、衣装のような感じです103.png

ご参加の方が、目で楽しむことができたり、「素敵な色ね〜、そういえば、私も娘の時にね、、、」と会話の口火になったり、気分が明るくなったり、和んでいただけるような色合いを着ていきます。

この日ばかりは、“シック”や“トレンド”などには、無頓着で、ひたすら“綺麗な”色を着ていきます。
喜んでくださる姿が、格段に違ってくるからです。これまでの20年の経験の中で、学んできたことの一つです。

f0043134_15172808.jpg

地域性や、時代性、主観的嗜好など、色彩への反応は、多元的なものですが、それを超えた根源的な色彩の存在というのも、確かにあるな〜と、いつも初心に戻るような気持ちになります。

「先生と、以前に作った物も、お部屋に飾ってあるけれど、やっぱり置いてあると綺麗ですね。」
「家の者もね、『綺麗だね〜』って言ってくれるんですよ、尋ねてきた時にね。」 
こんな風に言っていただけると、本当に嬉しくて、準備の疲れも吹っ飛びます113.png


クラフトは表現アートセラピーなどでも行われますし、描画であれば、インナービーングセッションやハート瞑想でも、必要に応じて用いています。様々なレベルで、有用性が高いアプローチだと思っています。
f0043134_15185482.jpg


この夏エンジョイした黄色。その3。
by inluce | 2017-08-28 15:50 | 強み・本質・エッセンシャル
f0043134_11540097.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
こちらは夏の日差しが戻ってきました。夏の日差しと、自転車で楽しそうに行き来する小学生さん達が、見事にマッチしている光景です。
昨夜、近所の居酒屋さんからの帰り道、前方から4列併走とおぼしき自転車のヘッドライトが近づいてきました。

もちろん、すれ違いざまには、きちんと縦列走行くださって、そして、背後に過ぎ去られた後で、
「楽しいよね〜、きっと」(私)
「楽しいにきまってるよ!」(家人)
「自転車を漕いで楽しいのなんて、今だけだよね」(私…若干偏見混じりですが105.png
「今しかないよ!」(家人)

「じゃぁ、また明日な〜」(少年達)

「『また明日』って言ってるよ。また明日を楽しみにするなんて、今だけだよ」(家人…ほぼ徹夜の仕事を控えて143.png
「やめなよ〜、そんなこと口にするの。夢も希望もなくなるから」

夏休みの素敵な一夜をお裾分けいただいた気分です109.png
f0043134_12255255.jpg
先日のブログを読んだ妹から、「昼間のすっきり感が違う。たまたまかもしれないけれど。」とメールが入りました。
何でも、ネットサーフィンをしながら寝落ちすることが多いらしいのですが149.png
その日、たままた1日スッキリしなかったため、丁度時間の空いた午後に、瞑想CDを使って瞑想をしたとのこと164.png

就寝前は、スマホを遠くに置いて、再び瞑想CDを聞きながら寝落ち173.png

そうしてみたら、「昼間のすっきり感が違う。たまたまかもしれないけれど。」とのことらしいのです110.png
「だから、今日から寝る少なくとも30分前には、ノー・モア・スマホ!」だとか。

これだけでも、十分に睡眠の質の向上に貢献できそうですが、もう少し瞑想を日課にしたいと思ったらしく、他のお薦めCDを尋ねてきたというわけです169.png

現在、瞑想CDって数多く販売されています。私自身、瞑想の先生方のCDをはじめ、数種を手元に置いて、その日の気分に応じて活用しています。

妹の手元にあるのは、私の瞑想の先生のCD。
ガイド瞑想で、1回20分程度です。5分程度のインストラクション(事前説明)もありますから、初めての方でも難なく取り組めます。日本語・英語と両方入っています。


ガイド瞑想は持っているならば、別のタイプがいいかな〜と考えていたら、とても大切なことを思い出しました。
f0043134_11025784.jpg
「プレマナンダとプラボーディのイベントワークショップ『寛ぎをマスターする』の時にみんなで一緒にやった瞑想覚えている?」

「ダンス?」
「ただ音楽に合わせて、思うままに身体を動かす瞑想のことね」

実際の会話をかなりはしおって書いていますが105.png、先生達と一緒に体験した経験は貴重です。加えてグループでの経験も貴重です。ですから、この時の瞑想を薦めることにしました。

f0043134_11060612.jpg
色々なところで販売されています。ググれば、簡単にヒットできます。


「瞑想って練習するものなんですか?」と尋ねられたことがあります。
「手始めは、熟練者や指導者と一緒に行うのがいい」
これはマインドフルネス瞑想をはじめ、瞑想に関する一般的な見解として、共通してることです。

学び方って、どのジャンルにも必ずありますし、もちろん独学スタイルもあるのでしょうが、瞑想は繊細な要素が多いので、独学では誤認されることも多いからこそ、このようなインストラクションがだされているのでしょう。

f0043134_11031623.jpg

私自身、ご一緒できる瞑想が少しずつ増えてきています110.png
それらを体験いただけるイベントをご用意しました。何より、瞑想って、気持ちのいいものですから、一人でも多くの方とご一緒したい162.pngとうのが本音です113.png

■瞑想イベント■※全て内容が異なります。
9月1日(金)10:00〜11:30 ハート瞑想会(ガイド瞑想)
9月13日(水)13:30〜15:00 瞑想会(アクティブ瞑想)
9月20日(水)19:30〜21:00 瞑想会(SRS&ハミング瞑想)
参加料はいずれも2,000円です。

★ブログ先行でのお知らせとなっていますので、ホームページには記載されていません(単に、さぼっているだけですが119.png

また、9月はインナービーングセッションをキャンペーン価格にてご提供しますが、こちらもホームページは未掲載です119.png
キャンペーンなどは、登録いただいている方にメールをお送りしていますので、ご興味ある方は、コンタクトフォームから、お問い合わせくださいませ110.png
f0043134_11033236.jpg
お申し込みも、同様に、こちらからお願いいたします。


この夏エンジョイした黄色。その2。
by inluce | 2017-08-25 11:49 | 日々の瞑想
f0043134_19105016.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?

昨日のブログで、チラッと瞑想のことに触れていたので、妹から瞑想についての質問やらリクエストが届きました102.png
妹は、イギリスとアメリカでマクロビオテックを学んだのですが、クッキングクラスの時間が多い日本のマクロビスクールとは様相が随分と異なるようで、瞑想などについても十分な時間が取られていたようです。
イギリスでの恩師は、数年前に来日もされているようですが、折に触れて「Meditation(メディテーション/瞑想)を」と口にされていたそうです。

瞑想のことを、日常的に話し合う人が、周囲に増えていることは、私にとって嬉しい限りです110.png

皆さんは「瞑想愛好者」と聞くと、どのようなイメージを持たれますか?
無印良品やリンネル系って感じでしょうか?
妹は、確かに、マクロビオテックを学びましたが、50S大好き!ロックンロール大好き!! メイクも含め、しっかりとファッションをエンジョイしています。
私も、妹ほどには熱意はありませんが103.png、天然素材にこだわりきることなく、最近の新素材などを楽しむ質です。お肉もお魚も、しっかりといただいています109.png

イン・ルーチェに見える方も、じわじわ瞑想愛好者になられていますが、皆さんそんな感じです。つまりは、日常風景に違和感なく溶け込む暮らしをされている方々が中心で、そのような人にとっても、「よく分からないけれど、瞑想っていいみたいですね〜」という感覚が広がっているみたいです。

f0043134_19272732.jpg
本日のインナービーングセッションにいらした方も、そのような感じで過ごされています。

「お盆期間の疲れもあるので、ゆっくりできるといいです」というリクエストから始まったセッションです。
人材不足という業界全体の悩みが大きい飲食業勤務のこの方、こちらが思わず心配してしまうほどの、ハードでタイトなシフトを乗り切られて、ようやくホッと一息といった感じです。

セッションメニューを定めていくために、少しインタビューをさせていただいたところ、

「とはいえ、思ったほど、疲れもなく、元気に乗り切ることができました。当初は、倒れてしまうのではないかと思っていたのですが。」
「脳の疲労度が格段に違うというか、身体の使い方を分かっているというか、よく分からないんですけれど、これもセッションが関係しているのでしょうか?」

さらには、
「集中のしどころが分かるようになったというか、集中の仕方が変わったようです」とも言われます。

勿論、何でもかんでも、瞑想やセッションの作用にするのは賢明ではありませんし、感心もできませんが、私もちょうど同じような体感を経て、「どうしてなのかな〜、けれども、何が変わったかと言えば、少しずつでも瞑想を日課にし始めたことかな〜」と思っていた矢先だったので、なんだかしっくりときたと同時に、とても嬉しくなり、同時に安堵もしたのです。

f0043134_21385588.jpg
忙しさをはじめとして、ストレスの感知には、絶対値などというものはなく、個々それぞれだと理解しています。
とはいえ、「私だったら、これほどまでに頑張れるかしら、、、」と、思ってしまう状況の方も、少なからずおみえです。

この方は、その中のお一人です。
「私だったら、これほどまでに頑張れるかしら、、、」というほどにハードでも、「大変なのは私だけではないから、」とこの状況を乗り越えようとされているのです。
もし、友達だったら、とっくに「転職したら〜」と軽々しく口にしていたかもしれません143.png

ご自分でも瞑想CDを活用し「どのようにしたら、即座に変わることのない仕事環境の中で、バテることなく、楽しみをもって、働いていくか」。
このことをセッションテーマに、ご自身とのワークを続けてこられました。

この「Work(ワーク)」という言葉は、グルジェフが「外側の行為・行動を通して、自分の内側を見守ること」という意味で使い始めたと言われていますが、内的成長を試みるセッションでは頻繁に使われます。

決して、病んでいるから、セッションやワークをしているわけではないのですが、まだまだそのように解釈される人も多いようで、この方も、友人や知人の方から、「いつまで通うの?そんなに病んでいるの?」と、それはそれは尋ねられることが多く、このことについては閉口したくもなるそうです。

そうして、尋ねられる方々が、不調な体調を訴えたり、、ノンストップトーキングの状態で日々のストレスを発散されるのを横目に、「楽しいから」とだけ、応えているとのことです110.png

ヒーリングセッションが、グルジェフの言うところの、「外側の行為・行動を通して、自分の内側を見守」り、内的な成長を目指しているということが、一人でも多くの方に受け止められるようになるといいなぁ、と思っています。

f0043134_14490646.jpg


この夏は、イエローを楽しみました。その1。
by inluce | 2017-08-23 21:57 | 日々の瞑想
f0043134_14305704.jpg
こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
ほぼ完全オフとできた昨日のお陰で、今朝はスッキリです109.png
スッキリに加え、目覚めの少し前に、現在抱えている案件へのアイデアもやってきました。

目覚めの頃にアイデアが浮かぶという方は、結構大勢いらっしゃるようです。
私の母は、枕元にメモを置いていたほどです。

昨夜は就寝前に、いつもより丁寧に瞑想できたのも良かったのかもしれません。そういえば、目覚めアイデア派の方には、瞑想愛好者の方が多かったように記憶しています。かれこれもう20年前のことになりますが。

f0043134_14490646.jpg
ツボマッサージ
整体に行く
昼寝をする
オーラソーマのボトルをぬる
アロママッサージ
ネイルアート
お茶をする
髪の毛を切りに行く
買い物をする
旦那に話を聞いてもらう
猫動画を閲覧する
漫画を読む
ベッドのシーツ類を洗濯する
部屋の掃除をする
模様替えする
お香を焚く
お風呂に入る
いろいろな物を洗濯する
強みを見つめる
美味しいものを食べる
ストレッチする
料理の写真をみる
料理の本を読む
新しい服を着る
瞑想する
音楽を聴く
花を飾る
塗り絵をする
絵を描く
自然の音を聞く(水の音、鳥のさえずり、葉っぱの音)



「あなたがこれまでに体験した“癒やし”について振り返ってください」という課題への回答です。許可をいただいて転載しています。
同様の方も大勢いらっしゃるのではないかな〜、私自身もそうですし。

けれども「“癒やし”って、言葉として溢れているけれど、実のところ何だろう???」という疑問の声も多く寄せられます。

f0043134_12073367.jpg
講座では、「リフレッシュ」(気分を爽やかにする・活気づける)と「ヒーリング」(癒やす・快方に向かう)の違いを、丁寧に理解することから始めます。それぞれには役割があり、どちらも必要だからこそ、適材適所に使いこなしていただきたいな〜との思いがあります。

「これまでは、リフレッシュとヒーリングとがごちゃまぜになっていたようです。だから、色々とやってはみても、何だか進みが遅いな〜と思っていたんですね。」
「リフレッシュは、確かに気分転換できるので、とりあえずはいい感じなのですが、しばらくすると、あれ?これで良かったのかな? また同じようなところに戻ったみたいだな、と思うこともありました」


これは、先ほどの回答を下さった方の、受講後の感想です。

私自身は「ヒーリング」の意に含まれる「快方に向かう」に着目しています。文字通りの意味では「病気、怪我などの状態がよくなっていくこと。またそういう状態。」ですが、【快い方向】と拡大解釈をしています。

拡大解釈することの危険性や弊害を十分承知したうえで、このようにしているのは、このことで人生を建設的に進めることが可能になるからです。

実際のところでも、インナービーングセッションを長らく受けてくださっている方達の中には、
「これからしばらく仕事でも家庭でも怒濤の忙しさが続きます。それ自体は仕方のないことだと思っているので、その最中のストレスを減らし、少しでもリラックスして臨むことができるようになりたいです」というリクエストが寄せられることは珍しくありません。

この時に、「頑張った分だけご褒美をあげましょう」というようなアドバイスをすることはありませんし、期待されていないこともヒシヒシと伝わってきます。リフレッシュや気分転換は、皆さん、既に色々とされているからです。

むしろ、瞑想をベースにしたヒーリングセッションを通じ、ご自分の、本質や強みというものを総動員させて、ストレスフルな日々にあっても寛ぐことを望まれておいでなので、ここをしっかりとサポートすることが、インナービーングセッションの努めだと思って、丁寧に提供をさせていただいているのです。

というわけで、これから、セッションです。
セッションは、その名称の通り、実際にスタートしてみないと、何がどうなるか、さっぱり分かりません。
けれども、必ず、クライアントさんは、その時点での、最善で最良の道を見つけられます。その瞬間に立ち会えることは、本当に幸せなことだと思っています。





リフレッシュもできて、活力アップもできる。スパイスの魅力。
by inluce | 2017-08-22 15:16 | インナービーングセッション
f0043134_20544266.jpg
皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?
長〜い夏期休暇の方々は、今日からお仕事ですよね? 休み明け、いかがでしたでしょうか?

私はようやく夏休み的なオフを過ごすことができました。
お盆行事に加え、この時期に提出する書類があるために、それが終わるとようやくお休み気分になることができるのです110.png

いつもよりゆっくり起き上がり、ゆっくりお茶を飲み、ゆっくり新聞を読んだ後は、
これまたゆっくりとバスタイムを楽しみました113.png
頂き物の入浴剤を入れてブルーのお湯にしたので、気分はなんだか地中海です(!?)

本当にのんびりと入浴をしていたので、その後は、溜まっていたらしい疲れが、ドドドドドッッッッと感じられ119.png
ランチ後は牛のように爆睡していました106.png

目覚めた後は、コーヒーを入れ、仕事に全く関係ない読書です。
f0043134_21031531.jpg
加藤陽子さん、以前に、TVの討論番組に出演されていた時のお話ぶりがとても印象に残っていて、『それでも日本人は戦争を選んだ』と併せて、ようやく読み始めることに。『それでも…』は、目下、妹の手元にあるので、私はこちらから。

本を購入するときは、レビューも読んでから購入することが多いです。レビュー読みは一種の趣味のような感じ129.png

★の数が多少に分かれている書籍の方が、読書の意欲が沸いてくることが多く、反対に★3〜4がずら〜っと並ぶと、レビューの通読で「まぁ、いいか!」となることも少なくありません。

その他として、「えっ?そこ?レビューポイント?」というレビューも、レビュー読みの愉しいところ。
サクラのレビューもあるでしょうし、バッシング的なレビューもあるのでしょうが、なんであれ、人の振る舞いを見ているようで、つくづく「人って色々だなぁ〜」と。
何であれ、自分とは、異なる言動に触れる機会は貴重です。

f0043134_21064581.jpg
次はこれを読んでみたいな〜。

f0043134_21144667.jpg
仕事の時は、こうして、隣で伏せをしてくれるこばらですが、仕事が終わったと察知するや、「遊んで!遊んで!」のリクエストです151.png
お陰で、今日、もう一つ楽しみたいと思っている、エクササイズが少しも進みません。。。

数枚のDVDの中から、その時の気分で、エクササイズをするようにしていますが、オフの日は、いつもより丁寧にできるかな〜と、目論んでいるのです。
もう少ししたら、小屋に戻して、再度チャレンジしてみます166.png


残り物とは思えないほどに、美しい冷やし中華
by inluce | 2017-08-21 22:00 | 意識・無意識・ヒプノシス
f0043134_14274497.jpg
皆さま、こんにちは、イン・ルーチェです。
お盆休暇の方、通常通りのスケジュールの方、様々かとは思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

私はしっかりとお盆行事をしています109.png
おしょろ様のお食事メニューも全て決まっているので、今は、今夜お供えする煮物をコトコトさせています。
この時ばかりは、家族も全員ヴィーガンになりますので、出汁から全て動物性のものは口にしません。マヨネーズや牛乳もいただきません。
まぁ、すっかり慣れっこですから、お供え料理を作った後は、スパイスを駆使して、ベジタブルカレーを作ろうかと。
この状況をいかに楽しむか、ですね!

つい先日、お盆の買い物のために近所のスーパーマーケットに出向いた時のこと、時折イベントにいらして下さる方と、ばったりとお会いしました110.png

「また、オーラ・ソーマイベントや瞑想会に行きたいと思っていますが、最近余り、HPやサイトに載っていませんよね?????」

「・・・・・・・ごめんなさい。サイトアップ、おサボりしています(^^;)」などと会話を交わしました。久しぶりにお目にかかれて嬉しくなりながらも、おサボりモードを反省しておりました。

というわけで、心を入れ替えて(!?)のお知らせです。

【ハート瞑想会】と【オーラ・ソーマDay】です。

最近、瞑想をお薦めすることが増えてきましたことについては、前回のブログでもお伝えしたばかりです110.png


■“心と脳をスッキリさせる”■

ジャンルによっては「心=脳」とされている場合もありますけれど、まだまだ道の領域ですから、「心と脳」としています。

心については、「気持ちの元気」は、何よりもですが、これはストレス解消や趣味に没入など、色々な方法がありますから、個々にお任せできると思っています。

私がフォーカスしているのは、「ストレス解消法や趣味などはあるけれど、それに向かう気力すらない」という時のケアの方法であったり、「同じ事で落ち込んだり、イライラしたくない」という思いを叶えるための方法、はたまた「アタマでは分かっているけれど、感情がどうしても追いつかない、納得できない」という状況を突破するための方法についてなどなどです。

脳で言うならば、気づいていようがいまいが、絶えずノンストップの脳をくつろがせるには、どうしたらいいかな、ということです。

関連書籍は沢山出版されていますし、私も、アップデートのために、可能な限り目を通していますが、たどり着いた結論は「読み集めた(聞き集めた)思考情報では、どうにもならないな〜」ということです。

■慣習通りではどうしようもない場合も■

私たちの習慣の一つに、「道理が分かれば、解決できるだろう」というものがあります。ですが、ケアの分野においては、これはどうやら余り賢明ではなさそうです。もちろん、やみくもにやっても仕方ないことも多いので、一通りの知識は役に立つのですが、何に役にたつかといえば、ケアそのものではなく、ケアそのものである「実践」に役に立つといったところでしょうか。

そして、ケアそのものといえる一つに瞑想があります。「瞑想」という言葉に抵抗があれば、昨今流行の「マインドフルネス」に置き換えてもらっても構いません。この初動段階でのラベルの違いには、大して意味がありませんから、どちらのラベルを採用してもOKです。

実は私が瞑想に出会ったのは20年以上前、マインドフルネスという概念に出会ったのは10年以上前です。

とはいえ、当時の私は、まだまだ慣習通りに、「道理が分かれば、解決できるだろう」と、書籍を読むに留まるのが常でした。瞑想やマインドフルネスの実践に重きをおいていなかったのです。

その数年後に、たまたまヒーリングのトレーニングを開始することになり、そこから本格的に瞑想と関わることになるのですが、「あ〜、やっぱり知識を持っているだけではダメなのね〜」とつくづく思うことになるのです。

という経験がありますので、なかなか実践に及ばないということがあっても、十分に理解できます。私もそうでしたから110.png

とはいえ、ひとたび、実践をはじめると、心の軽さ、頭の爽快感、身体の深部のコリの減少(これは月一でトリートメントをお願いしているアロマセラピストさんからのフィードバックです)、など、具体的なメリットがいくつも始まります。

同じ事で、いらだったり、愚痴ったりするということもなくなります。ですから、繰り返し同じ事でグチグチしている自分に嫌気がさすと言うこともありません。

というわけで、「瞑想の話をしたら、どれだけでも話していられる」と常々おっしゃる私の瞑想の先生どうように、私も止まらなくなりそうなので(笑)この辺りにします(もう、随分と長々書きましたが(^^;)

ご興味ある人は、是非、イベントにご参加ください。
個人的なテーマで取り組みたいと言う場合は、やはりセッションでのご参加をお薦めしていますが、ご都合に合わせてお選びくだされば大丈夫です。


■ハート瞑想会 ※今回より金曜日に変更になります。
9月1日(金)10:00〜11:30(予定)
参加費 2,000円
申込期日 8月28日


★ハート瞑想について
4000年余りの歴史を持つ瞑想を、現代人向けに応用デザインされた瞑想です。もちろん「マインドフルネス」の要素も組み込まれています。どなたにでも、容易に、やさしく取り組んでいただける瞑想です。


■オーラ・ソーマDay
9月26日(火)10:00〜11:30(予定)
参加費 2,000円
申込期日 9月23日


★実際にボトルを選んでみましょう。
そして、ボトルの使用感も味わってみましょう。ヒーリングプロダクツとして、日常にどのように活かすことができるかを、お伝えします。
短めですが、瞑想も入っています。


以上お知らせでした。冗長にもかかわらず、文末までのお付き合いに感謝します。


ではでは、引き続き、“ゆる気”に“機嫌よく”お過ごし下さいませ。

f0043134_14490646.jpg


こばら1歳になりました。
by inluce | 2017-08-14 22:00 | 強み・本質・エッセンシャル
f0043134_15562827.jpg


皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。いかがお過ごしでしょうか?

台風の余波らしき風が吹いています。まだまだ用心が必要な地域もあるかと思います。大事ないことを願うばかりです。

最近、ことあるごとに、瞑想をお勧めすることが増えてきました。

無論、瞑想の営業をしているわけではありません😆

「苦手な人といても、出来るだけ、気分よく過ごしたいんです」

「体調に問題はないんですが、なんだか、うっかりミスが続きます」

「少しづつですが、機嫌よく過ごす時間が長くなりました。これをキープしたいんです」

などなど。

いずれも、瞑想を進めています。
イン・ルーチェで提供している「インナービーングセッション」や瞑想など、大抵は皆さん、今ひとつだなぁ…といった状態の時、つまりは“”おちている“”時に、始められます。

そして、リカバリーしたら、なんとなく終了、、、となりがちになりそうなところを、あえて「瞑想‼︎」と勧めます。

リカバリーした後が、大切なんです。
“”機嫌よく“”“”充足して“”“”ゆる気“”で過ごすためには。

イン・ルーチェでお伝えしている瞑想は、1ラウンド15〜20分です。

まずは、その15〜20分を、自分の日常の中に見つけてみてね、というところから始めます。

義務的にやっても意味がないので、自分が一番心地よく関われる時間を見つけてみてね、となるわけです。

是非、15〜20分の隙間時間を見つけたら、瞑想しましょう。気持ちいいですよ!

今日からスマホでブログを書いてみることにしました。とはいえ、日の大半はPC見てますから、アップ後にPCで追記したり、編集したりもアリということで😳

とりあえず、初回投稿はスマホで‼︎と、大した意図はありませんが、トライしてみます。

ではでは、最後までのお付き合い、ありがとうございました😊
引き続き、“”ゆる気“”に“”機嫌よく“”お過ごしくださいませ。

f0043134_15562885.jpg



ふわもこのソープに、お気に入りのフラワーシャワーを2プッシュで、最高のバスタイムに。
by inluce | 2017-08-08 15:26 | 意識・無意識・ヒプノシス
f0043134_18332326.jpg

皆さん、こんにちは、イン・ルーチェです。ご機嫌いかがでしょうか110.png

前回の更新から10日余り経ちましたが、イン・ルーチェは変わらずの日々でした。
セッションやワークショップを中心の日々。
私の仕事の大半は、お話をお聞きすることなので、ボディケアでお世話になっているアロマセラピストさんからは、「耳が凝っています」と、よく言われます(笑)

もちろん、講座やワークショップでは、話をすることも沢山ありますが、話の決定権は聞き手にありますから、やはり「聞く」ことをしていないと、話がスムーズに伝わりません。ですから、耳が凝るようです151.png

20年近く前、この仕事を始めたときは、カラーコーディネート関連の仕事が中心でした。
これは「色を見る」ことが欠かせません。ですから、当時は目が凝っていました130.png

さて、「色を見る」という時代から、お世話になっている色彩学会。
在野の私にとっては、本当に貴重な学びの機会をいただく場です。とはいえ、理工系ご出身の方が多いため、臆するところがあるのも事実でした。

そのような中、文と理、アカデミックと日常などの垣根を越えて、色彩についてトークセッション形式で学び合う場として開催された「ワインの色 〜Shikisai*Talk(色彩トーク)」に参加してきました。

ワインのトピックでも、照明のトピックでも、ストライクゾーンといえる家人と一緒の参加です。

f0043134_18332335.jpg
ワインの色について、ソムリエの資格をおもちの学会員の方と、色覚がご専門の先生から、それぞれに大変に分かりやすくお話いただき、あらためて色彩学の面白さを堪能する時間をもつことができました。

終了後の懇親会では、ワインの飲みながらの交流でしたが、一般参加の家人が、それなりによいポジションとなってくれ、普段はお話することの少ない方々の“色のお話し”を聞くことができました。

「ご出身学部は?」と尋ねる私に、
物理です。化学です。数学です。機械工学です。との回答が続きます。

学生時代に、もう少し、理系科目を頑張って勉強しておけば、もっと、もっと、色彩を堪能できただろうな〜と思いつつ、同伴者の脳みそを借りて、楽しんでいた一時でした109.png





by inluce | 2017-08-01 22:14 | カラーコーディネート