<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

前回の続きのような感じです。


f0043134_2361352.jpg新学期が始まりました。
毎講義毎に、質問やら、感想やら…自由既述のシートを提出してもらっています。

「あれ? 私、教え方が上達したのかな?」と、ふと感じることが重なっています。
理由は、この自由既述シートに書かれている内容が、これまでとは少し異なっているからです。

「面白かった」「興味をもった」「難しかった」…などは例年どおりなのですが、それ以外の部分で、質的に向上しているのです。

その時間内に最も私が伝えようとしていることへの気づき…といった類いに関することに触れた既述が目立つようになりました。

で、ここまでならば、何と言うことはないのですが、「あれ? 私、教え方が上達したのかな?」と思った背景には、私自身は、その最も伝えようとしていることは名言していないのです。

教育(education)の語源は、「引き出す」の意をもつeducereとeducareという説がありますが、何というか、その「引き出し力」が、若干ではありますが、向上したような感覚を覚えているのです。


で、そんなこんなしていたら、今度は社会人クラスにご参加の方々から、「先生のように、人の良いところを見つけて引き出せるようになりたいと思っています」とのフィードバックが寄せられてきました。

嬉しいです。

それもこれも、余計なことや無駄なことや不要なことと同一化することなく、クリーンな態度で接するということが、備わってきたからこそかな〜と思っています。

educereのごとく、「引き出し力」を一層高めていきたいです。そうすることで、一人一人の異なる個性を、もっともっと開花させ、輝かせることに貢献できるだろうと思うからです。
by inluce | 2015-04-30 23:18
f0043134_934075.jpg今日は母アッシーの日。
月に1度のアロマサロンです。

フットバスでは、肩からそっとブランケットをかけていただいたり…
お湯に浸った足先を丁寧にバスタオルでふいていただいたり…

「何だかお姫様みたい…」とは、毎回口にしている言葉です。

「いくつになっても、このようなシチュエーションでのメタファーは『お姫様』なのね〜」と傍らでは思う娘です。

さて、私は一昨昨日に既にトリートメントを受けてきました。
サロンオープンから3年余り、ほぼ月に1度のペースでケアをお願いしています。

「月に1度、来て下さっているので、細かな身体の変調が、よく分かります」とは、その際に言われたこと。

そりゃそうですよね。
数ヶ月に一度となれば、セッションされる方も、前回の記憶は朧気なものになりますから。
さらにさらに、期間が長くなれば、当然のことながら、表層の疲れが、まずもってのケアの対象になりますから、なかなか深部にまで、時間内に及ばせることもままなりません。

これは、ボディワークであれ、私が提供してる類いのセッションであれ、同じことです。


そしてそして…
「神経と頭脳を使われているんだろうな…という、凝りや疲労が身体に出ることが多かったようですけれど、ここ最近はめっきりですね」とも言われましたので

「大したことしてないからじゃないの? ぼけ〜っと暮らしていますよ」とお伝えすると

「………、というよりかは、使い方が変わられたのでは?身体の?」と言われたのです。

f0043134_9124187.jpg最初はピンとくるようなこないような…でしたけれど、思い当たるのはこの感じ。

これは未読ですが、そのアロマトリートメントの後に見つけて、「きっとこういうことなんだろうな〜」と思ったので、目下アマゾンの欲しいものリストに納めています(^_^;)

【必要な時に、必要なエネルギーを使う】
平たくいえば、効率よくとなりますが、これってね、簡単なようで実はね、結構難易度高しなのです。

効率よくのためのあれこれで、反って労力を奪われるってこともありますしね。

で、このようなエコでロハスで、しかもエシカルで、日々の自分の行為を執り行おうとすると、どうしても必要になってくるんですよね。

【クリーン的な態度】と【リソース(本質的な才能や資質)】が。

きっと、私の身体における疲労の顕れ方に変化が起きたのは、これらについての学びが、ようやく少しずつ日常に根付いてきたからなのだろうと思っています。

f0043134_920157.jpg先ほどの本が、目下ウェイティング中なのは、この本のためです。

5月末に行われる「クリーンランゲージ講座」で使用するこの本を先に読むからです。
言ってみれば、先ほどのはイメージクリップのような感じですよね。

カラーコーディネートや、オーラ・ソーマに始まり、個人的趣向も相まって、タロットやら西洋占星術やら、生命の木やら、完全にオカルト(神秘主義思想)の領域まで、どっぷりエンジョイしているのですけれど、狭義と言いますか、身近なレベルで言えば、目指しているところは、ずばり、あのイメージクリップのような暮らしです。

99%の無駄を捨てる!
そうしたら、、、、、、もっとゆったりと寛いで生きていられると思うからです。これは20代半ばの頃から、直観的に感じていたこと。ですから、そのために必要なことを学んできたのだろうと思っています。

あ、でもね、蛇足を許していただけるのであれば、「色の正体は光」という大発見をした、かのニュートンも神秘主義者だったのですよ。色の世界にどっぷりつかれば、神秘の世界にいきますとも!というのは、私の持論です。

ま、この程度の持論であれば、さして害もないでしょうが、時には持論の展開が、コミュニケーションの大きな障害となることもあります。そして、意外にもそのことに気づいている人は少ないようですね。

このあたりをクリーンに学ぶことができる講座を開催いたします。

f0043134_928974.jpgお申込・お問合せはこちらからお願い致します。
by inluce | 2015-04-30 09:29
1ヶ月前の告知というギリギリのタイミングになってしまいましたが、ようやくご案内に至りました。

クリーンランゲージ入門講座の第三弾。
今回は「自分の強み」にフォーカスしてのお届けとなります。

イン・ルーチェで開催されるクリーンランゲージ入門講座は、都度都度、講師の依子さんとあれやこれや協議をして内容や構成を決めています。
そのため、絶えず情報がアップデートされていますので、いつ参加しても、何度参加しても、新鮮な学びを得ることができると好評をいただいています。

今回は、フライヤーが倍増したとおり、内容も、より一段と濃密になっての2日間です。

この機会に一人でも多くの方のご参加をお待ちしています!

f0043134_0185531.jpg

f0043134_019528.jpg


詳細ならびにお申込等はこちらからお願い致します。
by inluce | 2015-04-26 00:20 | 対話・コミュニケーション

ハートから生きる。

「ハートから生きる」
20年近くに渡ってオーラ・ソーマ(R)を学ぶ中で、幾度となく伝えられてきたことです。

ようやく最近になって、しっかりと消化吸収ができ、自分自身に根付き始めたという実感を覚えることができるようになりました。



先ほど参加したマイク・ブース学長による「In The Pink」では、この「ハートで生きる」ことの大切さを、改めて認識でき、大きな学びを得ることができました。

20年近く前に、オーラ・ソーマを学び始めた時って、例えるならば苗木のようなもの。
受光できる葉も小さく少なければ、給水のための根も短く、養分を蓄える幹も細いため、受け取れる量にも限りがあるのは、当然のことです。

その後、飽きることなく、このような領域に関わり学ぶことを続けたため、少しは幹も太り、枝葉も成長したのでしょう。受け取れることも、年々増幅しています。まさに倍々の法則のような感じかな(*^_^*)

もちろん、ここに至ることができたのは、「In The Pink」に先駆けて参加したサトルボディヒーリングのトレーニングのお陰も多大なものです。

それから、ここ数年来学んでいるヒプノシスやクリーンランゲージでは、私たちとアウトカム(願望)との関わり方について、発見やら新たなる考察を探求するやら…が続いています。

【信なるアウトカム(願望)に沿って生きる=ハートから生きる=内なる寛ぎの境地に至る】

この辺りまで、詰めることができるようになりました。

そして
【私たちが、たった一人であってもハートから生きることで、周りの人にも寛ぎが訪れる】
ということにも、体感をもって、信頼できるようになりました。

で、そうなってみて思い出したのです。
アンコンシャスカラー(R)の開発者である赤司先生が、私に言い残された言葉を。

「21世紀は科学と哲学が融合する時代になる。無意識調査装置(アンコンシャスの前身の名称)も、色もそのように発展するでしょう。そして、そうさせてくださいね。」

このように言われて、とある1冊の書籍について、私にお話くださいました。
直ぐさま、購入して読んではみましたが、いかんせん当時の私には通り一遍の理解しかできなくって…、書棚の片隅に眠らせていました。

改めて読み返してみると、オーラ・ソーマやサトルボディヒーリング、クリーンランゲージやヒプノシスで学び得た事柄と、道筋を同じくする内容です。随分と、すんなり、読み進められるようになったことも嬉しい発見でした(*^_^*)

赤司先生の目指されていたアウトカムはここにあったのかもしれない…

ようやく、履修してきたあらゆるシステムやメソッドが、一本の流れとしてまとまり始めたようで、本当にずっしりと嬉しい思いが過ぎっています。


20年近くといいましたが、私のオーラ・ソーマの学び方は、至ってマイペース。

ある時期は、根を詰めるように学んでみたかと思えば、少しインターバルを置いてみたり…。
このようなことも、初めてお会いした方々が、あるいはお久しぶりに再会した方々が、親しく接してくださる場であるためだろうと思っています。

このような環境に支えられて、続けることができたんだなぁ…としみじみ感謝。
続けるって、やはり、大切です。
続けなければ、分からないことって、沢山ありますから。
by inluce | 2015-04-05 00:12 | オーラ・ソーマ
ひょんなきっかけで出会った「和尚禅タロット」講座に、すっかり夢中のKちゃん。

正真正銘の一級建築士で、男並みにバリバリバリと仕事をこなしています。



で、タロット講座に参加されるのですが、偶然にもスタッフの若き男性もチラリと関心を寄せていたのだとか。。。

で、「私が占ってやるよ(←言葉づかいが既におっさんですが…(^_^;)」と口走ったらしいのです。

で、その若きスタッフ曰く
「勉強してきてからにしてください」



和尚禅タロットは、瞑想のマスターである和尚の講話がベースになっていますから、日々の忙しい最中に1枚引きをしても、何らかの内観的な状態になって、ハードワークのKちゃんにもとても喜ばれています。



そして、講座終了後には、間違いなく、Kちゃんの設計事務所のテーブルでは、禅タロットが繰り広げられることでしょう。

これって、結構ワンダフル、というか、新しい感覚ですよね。
日本の企業にあっては(^_-)



開催決定しています。
お席もまだありますから、仕事の質を高めたい人にとっても、是非どうぞ!
雑念との関わり方が洗練されます。

f0043134_10153221.jpg


講師のギータさんが、ご自身のブログ
で、講座について説明下さっています。

よろしければそちらも併せてご覧下さいませ。


お申込はこちらからお願い致します。
by inluce | 2015-04-03 10:17 | お知らせ

ゆるりゆるりと寛ぎながらも、シャキッとやる気も充填されている…そのような“ゆる気”を育むスクール&サロン イン・ルーチェのブログです  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30