<   2014年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

f0043134_12152929.jpgアンコンシャスカラーセラピスト養成講座 初級&中級の開催が、急遽決定しました。

初級 10/3(金)
中級 10/10、10/17、10/24 いずれも金曜日

時間帯10:00〜17:00

カリキュラム&受講料についてはこちらでご確認いただけます。


自分の感情と上手につきあえるようになりたい方、この機会にご一緒に学んでみませんか?

このタイミングで受講された場合、11月に開催される上級講座への参加が可能になります。
上級講座を終えられると、養成講座ティチャーとして、講座を開催することができます。

感情マネジメントにご興味ある方は、是非どうぞ。
お待ちしています(^o^)

f0043134_12204183.png
by inluce | 2014-09-25 12:20 | お知らせ
錦織くんニュースを遡ると、5月のフェデラー戦となり、そこからフェデラーの採用している「アンガー(怒り)マネージメント」が紹介されていたりします。

「怒り」を安易に悪者にすることなく、パワフルなエネルギーだととらえることができれば、そのエネルギーを、自分のアウトカム(願望)のために活用したら、どれほどの力強さがみなぎってくるか…なんて、創造するだけでワクワクします。

f0043134_10313518.png「アンガー(怒り)」に限らず、感情のマネジメントはコミュニケーションにおいても欠かせません。

コミュニケーションはスムーズな方がいいなぁ…なんて思いながらも、ふと気づいたら自分の発言がトゲトゲやイガイガだったり、ブラックだったり…なんていうこと、ありませんか?

意識的であれば、確信犯、つまりはそれもまた戦略と言えるのでしょうが、無意識の方が質が悪い…となることも多々あります。




この「感情のマネジメント」(←コントロールではありません!感情をコントロールするなんて、そもそもがナンセンス!! そのメカニズムを考えるならば…ですが)に有用性が高い色彩心理セラピーが「アンコンシャスカラー」です。f0043134_10323694.jpg












f0043134_1036696.jpg喜怒哀楽、いずれの感情とも、上手に向かい合えるようになります。

11月の上級講座、お申し込みはじまりました。
初級&中級(計4日間)を11月初旬までに修了されれば、どなたでも上級講座をお受けいただくことができます。



この機会に是非どうぞ(^o^)






f0043134_1034372.png
by inluce | 2014-09-23 10:25 | アンコンシャスカラー

Dr.マシリトに感謝。

先日、ドバッッッッッ〜っと書いた『美的脳スタイル』の定義(!?)を書き直しました。いい加減よね〜、ブログ自体が下書き状態(^_^;)

で、昨夜見ていたEテレ 「SWITCHインタビュー達人達(たち)▽鳥嶋和彦×加藤隆生~ヒットを生むコツ!」

この島崎さんは、漫画家の鳥山明さんを見いだした伝説のジャンプ編集長さんです。『Dr.スランプ』に登場するDr.マシリトのモデル。

加藤さんは、話題のイベントクリエイター。対談のおもしろさは言うまでもないのですが、島崎さんが言っておられたことが印象的で

「漫画家になりたいという人に言っていることが3つある」

1)国語を勉強して。それはこの国では漫画は日本語で書くから。

2)友達をたくさん作って。読者投票に協力してもらえるってこともあるけれど(←ここまで記憶曖昧)、いろんなキャラクターを作ることができるから。

3)体力をつけておいて。週刊連載は本当に体力勝負だから。

となると、当然のことながら「絵は?」と尋ねられるらしいのですが

「絵はいいの、絵は。書いていけば上手くなるから。でも、この3つはね、直ぐにはできるようにならないから」

島崎さん曰く、漫画家さんって、本当に文章お上手だそうです。

スッキリした!
だって、本当に国語って大切だもの。

カラーコーディネーターの仕事も、国語力がないと無理なんですよね。
提案業務である以上、コンテンツが何であれ、言語化できないと、それはお仕事にならない、という長年言い続けてきたことを、スパッと言って下さって、だから何なのよ、って突っ込まれそうですが、ハッピーだったわけです(^_-)

「SWITCHインタビュー達人達(たち)▽鳥嶋和彦×加藤隆生~ヒットを生むコツ!」
by inluce | 2014-09-21 13:38 | カラーコーディネート
f0043134_16111979.jpg
『脳メガネ』は、一人一人がもつ世界・世間の認識のスタイル。グラスの色の濃淡こそあれ、どんな人でもこの色眼鏡をかけて生きています。『色眼鏡』としてもいいのですが、『色眼鏡』が、どちらかといえば既にネガティブな位置づけがなされているため、『脳メガネ』と区別しています。

で、夢や希望といった願望を実現させるために、『脳メガネ』と知的に関わる脳ミソのことを“ビューティフルな脳”(美的な脳)と名づけています。これにより『脳メガネ』にまつわる功罪を緩和させることができます。

で、『ビューティフルな脳”(美的な脳』は、“意識の歯車”と“無意識の歯車”とを、かみ合わせることによって、その働きを高めます。

“意識の歯車”と“無意識の歯車”とのかみ合わせを促すためには、「色」や「言葉」をオーガニックにつかうことが賢明です。

で、『美的脳スタイル』づくりに、色や言葉は必須エレメントとなるわけです。

で、『美的脳スタイルLab.』は、それを叶えていくためのワークプログラムの研究ならびに提供をしています。
by inluce | 2014-09-20 16:10

華はなくとも…。

f0043134_134742.jpgお友達のご主人は、かなり本格的に魚釣りをされるそうで、鯛やら伊勢エビやら、豪華な食材を釣り上げられるとのこと。

で、ご主人としては、難易度からなる達成感ゆえか、鯛釣りがお好みらしいんだけど、お裾分けとなると、圧倒的に伊勢エビ派が多いらしく、時に悩ましいらしい。

それは、我が家の小さなプランター菜園でも同じで、「じゃがいも作ってみたい!タマネギも!!」というコナフキンに対し、「お芋やタマネギは保存がきくから、買い置きでもいい。それよりも、こまめに必要なネギや葉物を充実させて!!!!!」と嘆願中。

とはいえ、ネギは作るというほどでもなく、このネギも何年前の?????というのが、生息しているのですけれど、何なのかな? 達成感かな? 充実感かな?? お芋やタマネギにフォーカスするのは。最も、じゃがいもとタマネギが収穫できれば、野菜の賄い率はかなりアップしそうですけれど(^_-)

でも便利ですよね。こうして、要り数だけ、チョキンチョキンできるのって。

f0043134_13103251.jpgこの秋冬にいただく予定の青梗菜。カブも同じような生育状況ですが、カブの葉の方が美味しいのかな? 青虫に好まれているようです。












f0043134_13132198.jpg

こちらは、白菜やらブロッコリーやら。











f0043134_13135456.jpg

で、贅沢にも食べ飽きてしまった感のある茄子群。が、まだまだ収穫量はいけそうです。

来春のインゲン豆のリクエストをしたら、そろそろセッティングしないとのことで、アタマの中では野菜用の暦がぐるぐるしています。
by inluce | 2014-09-19 13:20
f0043134_7542635.jpg「あんまり、ああいった感じで、話すの苦手って言うか、あんまり、意見がでてこないから…」とは、クリーンコーチングの数時間後に、それとなく聞き出した感想の一つ。

「別に〜」「特にないし〜」

この世代の人たちの口癖なのかな。

でも、やっぱりあるんですよね。

おぼろげではあるけれど“何か”思いのようなものや、
“アイデアの種”のようなものは。

それらは、おそらく、とても大切な何かなので、他人の色眼鏡のもとにさらされるのを殊更に避けようとしているのかもしれません。

けれども、けっしてその何かを汚染することがない、クリーンの質問法を用いれば、やっぱり主体的に、しっかりと意見を述べてくれるのだなぁ…ということを教わりました。

これを繰り返していけば、自分の芯というか、幹のようなものが備わってくるのでしょうし、そうすれば「どうせ何をやっても〜」なんて、これまた世代を代表する口癖ワードの存在も、さしたるものではなくなるのでしょう。

クリーンの問いは年齢に関係なく使用できるとのことなので、思春期〜悩める20代の人達にも、その“問い”をする機会を増やしたいなぁ…なんて思いました。

ここでもやっぱりヒプノの先生の言葉が思い出されます。
「本当に、私たちは、すでに、沢山のものを、もっているのだから。そして、それは、本当に素晴らしいことなんだから…」
by inluce | 2014-09-18 07:56 | 対話・コミュニケーション
f0043134_1162670.jpg「歯車がかみ合う」「歯車が狂う」なんて言ったりしますよね。これ、メタファー(比喩)です。

で、歯車というのは、2つ以上が関わり合って機能していますから、2つ以上の歯車が上手くかみ合っていれば「物事がスムーズに進んでいる」となるし、反対に、2つ以上の歯車がかみ合わず不調和音が始まったら、「物事が残念な状況に陥っている」となるわけですよね。

2つ以上の歯車に該当するものって、いくつか可能性があると思いますが、「意識」と「無意識」もそのうちの一つのカップリングだと思います。

なぜ、こんなことを書いているのかというと、10日近く前に、クリーンのよりこさんがシークレットで開催された『悩める管理職のためのクリーンコーチング』というワークショップに参加して以来、この『歯車』というキーワードがアタマから離れないからなのです。

『コーチング』なわけですから、まぁ、自分の現状の中から打破したかったり、↗↗↗にしたかったりするような、諸々のテーマとワークをしてきたわけです。最後は、もちろんアクションプランも作ります。ここまでは、通常のコーチングとほぼ同じです。

で、『クリーンコーチング』ならではというのは、これが無意識レベルの声もしっかりと聞き出して、その上で、最終的にはアクションプランという形で意識レベルとジョイントさせているところです。つまりは、無意識レベルの歯車と意識レベルの歯車とが、上手くかみ合うようにしていくわけです。

だから、『絵に描いた餅』で終わるという、残念な結果にならないわけなのです。

f0043134_11272764.jpgで、翌朝からの現象が“実に面白い!”

目覚めが始まろうとする、まさにそのタイミングで、アクションプランが可視化されるのです。でも、自分は、まだお布団の中だと分かっているのです。ただ、これからやろうとしていくことが、目の前で実行されていくのを、ぼぉ〜っと見つめている感じ。

もちろん、これまでにも睡眠中に仕事をしている感覚をもったことはあります。が、それらは、仕掛かり中の仕事だったり、〆切直前の仕事だったり、と、いずれも就寝前の時間を引きずって…って感覚でした。だから「あ〜あ、夢の中でも仕事しちゃったよぉぉぉ…」なんて思ったものです。

で、今回のは、それとは違う感じ。

で、もちろん、その通りに進めていくことができるのですよ。起床後は。

「道しるべ」を辿るって感じだから、とてもイージーなんです(^_-)

やっぱり、無意識のスイッチもオンにしないとね。意識のスイッチだけをギューッと押し続いていてもね…それはまるでアクセルばかりをふかすようなものだから。

で、ヒプノシスやクリーンは、この意識の歯車と無意識の歯車とをかみ合わせていくことに長けているんですよ!!!
by inluce | 2014-09-16 13:12 | 対話・コミュニケーション
f0043134_9591948.png「今朝、最終確認をとって確実にオッケーを貰えましたので もし空いていたら よろしくお願いします。」というメッセージを添えて、クリーン講座へのお申し込みが届きました^^

「主人の機嫌を伺いながら………(^_^;)」とのことらしかったのですが……
本当にそうですよね。好き勝手にしているような私であっても、立て続けに上京したり、、、となれば、話を切り出すタイミングを見計らいますから。

それが、ちびっ子ギャング真っ盛り、の男児二人がいるとなれば…と勝手に想像してしまうものです。


嬉しいですよね!
そうしてまでに、ご参加くださることが!!!

「もし小さい頃に戻ったら…」という、どーでもいい、しょーもない会話を時々するに、これまではず〜っと「英語を一生懸命勉強する」と答えていましたが、今は少し趣向が変わり、「クリーンクエスチョンであれこれ尋ねられたい」となりました。

だって、眠れる種を発芽させることができたわけですからね(^_-)
ど〜〜〜んな人生になっていたことでしょう!?!?!?
まぁ、今からでも遅くはないと、言い聞かせ、せっせせっせとしてますがね。

と、自分のことはさておいて、


こんな光景の中で、クリーンクエスチョンが行き交うなんて、創造するだけでもワンダフルで、ワクワクしてしまいます。
by inluce | 2014-09-14 10:00 | 対話・コミュニケーション
f0043134_932177.jpg昨日、スカイプを通じて、クリーンの依子さんから、たっぷりいただいたアドバイスと共に臨んだクリーンランゲージ・リソースセッション。

このセッションの意図は、来談者の方の中に既にある、得意な感覚や得意なことを、他の分野に活かすことを可能にすることをサポートしていくことなのですが…


「何気ない一言から感覚がひろがっていって楽しかった」とは帰り際に口にされた言葉です。晴れやかな笑顔とともに。

来談者さんとは、長いお付き合いなのですが、本当に、あのように楽しそうに活き活きとお話をされる様子を見たのは、正直はじめてのことで、「あ〜、この方って、本当は、このような方だったんだはぁ…」という、全く新しい印象を抱いたのです。

お見送りをした後で、ふっと、「あ〜、この人って、本当は、こんな人だったんだぁ…」という経験って、実のところしていなかったんじゃないかな……などと振り返ってみたり、リソースとワークするパートナーの姿でも見てみたい…なんて思ったり…、

で、パートナーにはリソースセッションと、先日トレーニングを受けたクリーンコーチングのセッションをオファーしました。どちらを先にするかはお任せで。


で、先日学んだクリーンコーチングは、大学生の姪っ子にも試そうと思って、さっそくアポ取り。

「就活どう?卒論すすんでる?」

ってな感じで切り出し、コーチングを知っているかを尋ねたら、予想通り知らないとのことで、ざっと簡単に説明して

「もし、○○ちゃんが、就活や卒論のことで、悩みがあったり、思っているようになかなか進まないな…っていうような気持ちがあったら、お相手してほしいな」

「でも、もし、別にこのままでいいもん!何も困ってないもん!だったら、いいからね、相手してくれなくって」


とストレートに伝えたら、「あるよ〜、そんなの。普通に〜」とのこと。

キャハ、楽しみだわ。現役女子大生のコーチング。
その後は、甥っ子にトライしようかな。現役高校生。

身内のケアって難しいと思っていましたし、事実、思ってはいますけれど、クリーンの質問法は、本当によく設計されているので、こんな風にトライしようと思えてくるのです。


で、気をよくして、依子さん伝授の、テキスト学習法に取り組んでもみました。
これがかなり効果的。学び方って、やっぱり大切です。時間を無駄にするか、しないかに関わってきますからね。

私にとって、時間というのは、何よりも大切なものの一つです。
だから、少しでも時間を創出するために、色彩についてや、ヒーリングについてや、コミュニケーションについてや、言葉について、学んできたんだな…と、今になって気づく部分があります。

綺麗になりたかったり、癒やされたかったり、人間関係の悩みを解消したかったというのは、直接的な理由ではないんですよね、私の場合。それであれば、セッションを受けるという手もありますし。

学ぶというのは、仕組みを知ることで、仕組みをしるから、創出ということが叶うのだろうと思っています。

学ぶことと、セッションを受けることも、どちらも大好きなことだけれど、それらは以て非なるもの。区別するってことも、大切な行為だと思っています。


で、しつこいようですが、リソースセッションの時、ご自分のリソースとワークされる様子が、本当に素敵で魅力に溢れていたために、少し、残像というか、余韻があったのですが、それに浸りながら、

ふと

「本当に、私たち1人1人の内側には、ただ気づいていないだけで、素晴らしいものが、すでに沢山あるのだから…」

という大好きなヒプノシスの先生の言葉を思いだしたのです(^.^)

来年7月、豊川(愛知)、大阪、東京で会えますよ‼︎ 
これについては、追ってまた。


『はじめてのクリーンランゲージ入門講座』残席わずかです。お申し込みはこちらから。お待ちしています。

f0043134_9224749.jpg

by inluce | 2014-09-13 09:24 | 対話・コミュニケーション
f0043134_8431480.jpg

お昼はランチコース。

画像は夜のアラカルトより。

左側の画像は「ポルペッティ」という名のミートボールですが、この味は、今のところ他店で味わったことはありません。

トマトソースとミートボールの美味しさが直球勝負って感じで伝わってきます。

右上は、名前を忘れてしまいましたが、ひよこ豆のペーストを練って揚げてあります。お芋よりは、ライトなほくほく感がたまりません。

で、右下はたこのテリーヌ。
以前に、とある雑誌のイタリア特集で、ミラノだったかな、たまたま「たこのテリーヌ」なるものを見つけて、ず〜っと食べたいと思っていた一品。


トラットリアt.v.b.   TEL 0533-83-8332 (火曜日定休)

※ランチタイム&ディナータイムともに、予約をされる方がベターです。
by inluce | 2014-09-13 08:50 | Yammy@TOYOKAWA

ゆるりゆるりと寛ぎながらも、シャキッとやる気も充填されている…そのような“ゆる気”を育むスクール&サロン イン・ルーチェのブログです  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー