ゆるりゆらりと寛ぎながら、シャキッとやる気もばっちりと。…そのような“ゆる気”を育み、機嫌良く暮らしたいと思う イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce

<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

SRSはスペクトラル・レセプティビィティ・システムの略称です。
『光の医学』の著者である米国 Dr.ジェイコブ・リバーマン氏によって開発されました。

リラックスして20色(光)を見つめるだけのヒーリングシステムです。
身体と心のトラブルを解きほぐしてくれます。
“光の瞑想”と称された方もみえました。

このSRSとヒプノシスのトランス体験(リラックスした意識の状態)とをコラボさせたグループワークショップを開催します。

ゆったりとくつろいだ時間を過ごされたい方は是非ご参加くださると嬉しいです。

ワークショップ情報はこちらから。


f0043134_2115670.jpg

お気に入りの一冊です。
by inluce | 2014-06-30 21:21 | お知らせ

お茶になります。

f0043134_13184234.jpg


コーン茶大好き!
by inluce | 2014-06-30 13:20
f0043134_9361794.jpg


毎年一度のお楽しみ(≧∇≦)
さ、せっせと蒸したり、おすそ分けしたり。
旬のエネルギーを、た〜っぷり浴びることにします。
by inluce | 2014-06-29 09:37
f0043134_1223727.jpg


『アンコンシャスカラー(R) セラピスト養成講座』のお知らせです。

上の画像は、通称「色彩版」と呼ばれており、この中から任意で選んだ色で、その時の心身の状態(意識・無意識の状態)を瞬時に把握することができます。

色とりどりの見るも美しいカラーセラピーが乱立する中で、何とも素っ気ないと思いませんか?
でもね、これがいいんです。

オーラ・ソーマ(R)のプラクティショナーでもある私ですが、アンコンシャスカラー(R)から手を引こうなんて思ったことは一切ありません。

むしろ、全く目的を異にする、この2つと早くに出会っていたお陰で、それ以外のカラーセラピーに見向きすることは一切なし。


で、下の画像は、最近考案された意識変換のツールです。
『お手玉』と、恩師から伝えられた時は、正直、一瞬かたまりかけましたが(笑)、この道30年、御年70歳になられる恩師の元には、80歳を超えた方が、夫婦間のコミュニケーションや、お孫さんとのコミュニケーションのためにと、学びに来られているそうです。

「世代を超えて役立つシステムへと昇華させたい」という恩師の思いを感じました。

養成講座のご案内はこちらから

f0043134_1218421.jpg


一人でも多くの方に知っていただきたい色彩心理の世界です。
by inluce | 2014-06-28 21:21 | お知らせ
キャサリン妃にライバル!? センス抜群、スペイン新王妃

こんな見出しを見つけたならば、覗かずにはいられませんでした。
キャサリン妃もさることながら、レティシア王妃のファッションセンスに、しばし呆然。

夏の白ワンピ姿など、ガッチガチの皇室観に縛られているこの国では“ありえない!”のではないでしょうか?
一億総国民が小姑のような、この環境下では、オフのファッションすらままならない。

ファッション情報誌(専門誌ではなくて、ファッションを中心とした女性情報誌)が、世代別に色濃く構成されているのも、こちらの国特有の現象です。

「枠」ありすぎるんですよね。
な〜んとなく、はびこる、決してハードではないが、それでいて決して緩められることのない窮屈感って、こんなところにも、ぷんぷんと立ち籠めています。

で、私はというと「枠」が大嫌い!
この「見えない枠」と闘うために、「カラー」を腰に携えたんだなぁ…と最近あらためて気づきました。
加えるならば「見えない紐」もかな。

最近では闘い方も随分と洗練してきたようだと、自画自賛できるようになりました。
『柔よく剛を制す』でいきたいものです。


キャサリン妃にライバル!? センス抜群、スペイン新王妃

本当に素敵です。。。

More
by inluce | 2014-06-28 13:19
「ジャケ買い」の言葉があるように、ブックデザインが果たす役割って大きいですよね。

白地に黒文字のシンプルなブックデザイン。
帯色候補の可能性は、ほぼ無限と言えそうですが、どうしてこの色とされたのかな?
素直に、理由を聞いてみたくなりました。

こちらから。
by inluce | 2014-06-27 18:50

飲み直しの色。

f0043134_9465635.jpg


ま、飲み直しの理由は秘密ということで。

先ほどまで食事をしていたお店の、お隣のテーブルの方々がね〜(^^;;
が、一応、地元の名士の若手ですからね…。
穏便に。

というわけで、何故だか私が飲み直し(^^;;
by inluce | 2014-06-24 21:43

6月の色。

f0043134_9483416.jpg


こんなタイトルでアンケートでもしようものならば、おそらくこな紫陽花の色もランクインするのでしょうね。

最近は、品種改良の賜物で、紫陽花の世界も本当に賑やかです。

最も、子供のころから慣れ親しんだ紫陽花を見ると、なんとも言えない安心感を覚えることができ、そうなると、これぞ「紫陽花」などと思ったりもします。

つくづく勝手なものですよね、人の心情って。
でもまあ、これが流行色の存在の源泉なのですし、経済活動にも関与しているのですから、是非は安易には問えませんけどね(^^;;
by inluce | 2014-06-24 10:13
f0043134_22304725.jpg


あたらしいサイトをオープンさせました。

あたらしいインフォもアップしています。

ご覧くださいませ。
by inluce | 2014-06-23 22:30
これは少し長文です。

PC入力につきこちらのページに書いてみました。
by inluce | 2014-06-21 13:00