<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

平常と非日常のあいだ

結婚をしたときから、大晦日も元旦も、1日/365日と思うようにしています。

身体は1つ(カップルカウントならば、1カップル)ですが、家族の思いをくもうとすると、2分身の術が必要になります。そこに、自分たちの希望まで加えてしまったら、身体がいくつあっても足りません。

年中行事に向かう人たちの空気感を肌に感じながらの冬期休暇ということでしょうか。

f0043134_11162122.jpg

f0043134_11162242.jpg

f0043134_11162338.jpg


それにしてもカクテルって本当に媚薬のようです。
by inluce | 2012-12-31 11:14

ジューシィ・レッド

f0043134_2055493.jpg

公私ともに親しくお付き合いいただいているKサンからいただきました。食べ頃の芳香が漂っています。

「ほんだびれっじ」さんでは新年1月2日から、苺狩りを楽しむことができるそうです。
ジューシー・レッドを堪能されてみてはいかがですか?
by inluce | 2012-12-25 20:54
「食事会以外の“おまけの楽しみ”ってないのかな…」と、ずっと考えていました。なぜならば、私にとっての食事会って、ロング講座の“おまけの楽しみ”感が高いのです。それ以外は、なんだかそんな気分にならないのです。

それでは、ワンディやショートの方に申し訳ないので、どうしよう…こうしよう…とアタマをひねっていました。

2013年は、クリスタルの頒布会を加えてみようかと思っています。

珍しい原石を扱う石屋さんとの出会いがきっかけです。お値段も1,000円前後ですから、気分に任せることも可能な感じ。

最も“商う”つもりなど毛頭なく、あくまで私の余力の範囲内で、少し多めにいだたき、その石たちとご縁があった方にお持ちいただければいいなぁ…といった程度です。

だからお披露目は、あくまで講座のティータイムなどを利用して…と思っています。あくまで“おまけの楽しみ”という位置づけにこだわって。

原石好きの私としては、お披露目できる石たちも、可能な限り原石にできればと思っています。ルースも素敵ですが、原石って本当に面白い。

あのように、色がついた石が発見されたことによって、私たちにとって、色の意味づけやら価値付けが、格段に飛躍したのだろうと考えられています。だからというわけではないのでしょうが、原石を眺めていると、人と色との原初的な関わりの一端に触れるような感覚を覚えることができるのです。

大切にしたい感覚かな。

あっ、“おまけ”を楽しむ感覚も!
by inluce | 2012-12-19 17:41
f0043134_18111132.jpg


月に一度の高齢者施設でのワークショップ。
少しばかり早く年を越し、「書き初め」ならぬ「貼り初め」をしました。
入浴日にあたる方の中には、「この講座に出たいから、お風呂に早く入れてね」と言って下さる方もみえるとか。本当に嬉しい限りです。

この世代の方は、「好きなように…」というと、本当に困惑されます。とはいえ、完成した作品を見れば「素敵ね〜」となって下さいます。

最初に見本をご覧いただいた時に「うわぁ〜綺麗!」と言っていただき、完成品をご覧いただいた時には「すってきぃ〜!!」との声をいただくことを目指して、来年もワークを考案していきたいと思います。

仕上げの際に、「今年も幸せな一年となりますように」とのメッセージステッカーを加えました
「来年も素敵な1年にしましょうね!」とお声がけすると、皆さん一様に「本当にそうよね。。。」とのお応えが。

願いを一つに、このワークショップを丁寧に営んでいきたいと思っています。
by inluce | 2012-12-17 18:10
いよいよ12月です。

今年1年のクロージングを有意義なものとしていただければとの思いから、X'masキャンペーンをご用意いたしました。



個人セッションをお申し込みの方にはヒーリングアイテムを!
X'masワークショップ(12月23日開催)にご参加の方には、個人セッションの割引クーポンを!

それぞれプレゼントいたします。


個人セッションについてはこちらから
X'mas ワークショップについてはこちらから

一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。
by inluce | 2012-12-02 19:21
f0043134_1533366.jpg

昨夜のワークショップを担ってくれたアイテムたち。
ゲストの方々と面識があったため、何となくというか、それとなく、マゼンタのボトルをガーディアンにしてみました。やはりというか、マゼンタのテーマ溢れるワークとなりました。

「できれば2ヶ月に1度くらいのペースでリフレインさせたいのですが…」とは、ご参加のKさんのお言葉。とても嬉しいギフトです。なぜならば、大切に育てていきたいワークショップの1つだからです。

一方で「自分だけトランスに入れてもらえなかった」とパートナーは拗ねています。
以前に、ディープリラクゼーションのトランス体験をした時、「もっと時間を長くしてほしかった」との感想を漏らしたほど、トランスから得られるくつろぎ感が心地よかったようで、アロマと並んでお気に入りアイテム(ツール)としているのです。

“身内のヒーリングを請け負うことは、並大抵のことではない”と認識している私ですが、ディープリラクゼーションとしてならば、学んできたことを提供できるかな…とは思っています。

ざっと勘案するに、アタマ部分で1時間ほどは費やしたいところです。Never stopで絶えずグルグルしている思考を、ほんとうにゆったりとくつろがせるためには、必要でしょう。

カラダの内部の凝りや緊張などのリリースにもう1時間といったところでしょうか。

事前に少し話を…とすれば、やはり1セッション90分になりますね。

2セッションを、明日バースデーを迎えるパートナーへのギフトに加えてみようかな…と思っています。

右端のまん丸の菊もチャーミングです。
by inluce | 2012-12-01 15:02

ゆるりゆるりと寛ぎながらも、シャキッとやる気も充填されている…そのような“ゆる気”を育むスクール&サロン イン・ルーチェのブログです  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31