<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Love Your Colours Totally.

新しく組み上げたワークショップの名前です。
3年余り温めてきました。

名称としては「Love Your colours.」の方が、スパッとしていいのでしょうが、
やはり「Totally」は外せませんでした。
『名は体を表す』といいますしね。

ワークショップを組み上げることは「オリジナル」を意図してのことでも何でもなく
(そもそも、純粋に考えて「オリジナル」というものが、存在しうるのかという疑問もありますし)
ただ、ただ、どうしてもシェアしたいこと(学びの体験の共有)を、エディットしているのです。

色とワークするって、本当に本当に素敵なことなのです。
一人でも多くの方と、シェアできればと思っています。
by inluce | 2012-11-30 14:41
久々にお会いした知人の男性から言われた一言。
「種はいっぱい持ってるんだから!」

15年以上前にイン・ルーチェとしての活動を始めた時からの知り合いで、「色と心」「潜在意識とのワーク」「精神世界」など、当時としては特定少数の人でなければ、関心を寄せなかったあれこれに、既に深い造詣を持っておられ、あれやこれやと話が盛り上がることもしばしばでした。有能な(と噂されていたとか)ビジネスマンを経たその人は、「右脳開発」ということにも熱心だったように記憶しています。

「最近どう?」
「え〜、変わらずですよ。ぼちぼちと…」という私に対し、「オープンフォーカスしてるんだから、もっと色々可能性があるよ」と一言。

これまで「オープンフォーカス」そのものへのコミットを意識することはなかったのですが、去り際に、「色で潜在意識に働きかければ、何だってスムーズになるのに」といった類いの言葉が、ふっと心に残りました。

尽きることなく盛り上がっていた話の中では、色の可能性の最大限を信じていたなぁ………。

信頼を寄せてないわけではありませんが、最近の“お手軽ムーブメント”の中で、知らず知らずにイージーな着地点を用意しがちになっていたことに気付きました。

「スマン、colours、ポテンシャルを活かしきれていなくって…」とも。

『Re-トラスト』のタイミングなのかもしれません。
種をしっかりと手入れして、実りのシェアをしていきたいな、と改めて思ったのでした。
by inluce | 2012-11-29 17:50
f0043134_1049164.jpg


大阪から宏林先生をお招きしての「クリスタルヒーリング・初級講座」。
第6回目の最終日を無事に終えることができ、今頃、ご参加になったみなさんは(もちろん私も含めて)、それぞれの石たちのサポートを受けながら、講座での学びを根づかせているころでしょう。

「このような素晴らしい講座を地元で受講することができて、本当に感謝しています」というお礼のメールも数多く寄せられ、主催サイドとしては嬉しい限りです。

f0043134_10544278.jpgとはいえ、実のところ、以前の私は、正直クリスタル(正確にはパワーストーン)に対して、少々毛嫌いというか、ある種の苦手意識を感じていたのです。

オーラ・ソーマなどのヒーリング系のワークショップなどに参加すると、必ずといっていいほど、クリスタル信望者の方にお会いするのですが、幾分か(随分か)抱く“too ヘブンリー”な印象をぬぐえなかったことが絡んでいたのだろうと思います。


f0043134_111810.jpgそんな私でしたが、オーラ・ソーマのティーチャー仲間(とっても今や先輩の域におられますが)のGeetaが、師と仰ぐ宏林氏のワークには、漠然と興味を持ち始めたのです。なぜならば、Geetaの学ぶプロセスに、信頼というか共感を覚えていたからです。

ということでご縁かなっての開催となり、結果として私の予感(?)的中。素晴らしい内容で、私がクリスタルに対して抱いていた些末な感覚は、一掃されました。

それぞれの石がもつ象徴性(メッセージ)への奥深い考察は、ネット情報や簡易な書籍から得られるそれらとは、異質のもので、そんなこんなで電子顕微鏡まで欲しくなる始末。(組成を見たくなってしまうのです)

今では、ちびっ子時代から「石(鉱物)」好きのコナフキンも、宅配物の送り状に「天然石」と明記されていると、「早く開けないと!」とせっつきます。そして表現も「石英系だね」と、鉱物の文脈で話します。カットの具合にしても然り。

人によってはヒーリングを、人によっては地面を見つめて石ころを探していたあのワクワク感を、と様々な次元に容易に降り立つことができるのが、クリスタルの魅力だと思っています。

そのお陰か、霊的な意味合いの“色彩”に傾倒しながらも、アカデミックな場所でサイエンスとしての“色彩”を教えるということに、大きさの異なる2つの車輪で走行するようなぎこちない感覚を、ず〜っと抱いていた私の脳ミソも、すっかりと整備されたようです。

「トランスフォーメーション」
今回のクリスタル・ヒーリング講座からの最大のギフトです。


宏林先生、Geeta、そしてご参加の皆さま、本当にありがとうございました。
by inluce | 2012-11-25 11:21

ゆるりゆるりと寛ぎながらも、シャキッとやる気も充填させる…そのような“ゆる気”を育むスクール&サロン イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30