<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Rose ibis

DIC F-232
  〜フランスの伝統色シリーズ〜

Rose ibis(ローズ・イビス)

201, 87, 109
E7566F
1.9R 5.6/13.4
C0, M73, Y39, K0

カラーグループ………ブライトさん。

★memo★
ユーフォルビアを植えたプランターから、ひょっこりと顔を見せたポーチュラカ。楽しいですね、こういう出来事。最もポーチュラカだけではなく、水菜らしきものも姿を現しています。

こののびのびとしたポーチュラカの近似色としてセレクトしたのが『ローズ・イビス』。「ローズ」の響き効果なのか、『ローズ・イビス』となれば「お花の名前かなぁ…」と思ってしまいがちですが、渉禽類(しょうきんるい)の鳥にちなんだ色名のようです。
DICガイドによれば、エジプトでは「ナイル川の氾濫期に現れ、蛇を殺す」という理由から、この鳥は非常に聖なる鳥とされているようです。

色ははっきりとしたピンク。フランス語の色名において、「ローズ」はピンク系を示します。CMYKの配合を見てもわかるように、Yの多いピンクです。「ローズピンクと朱赤の中間くらい」といった感じです。

あるようで見ない色といった印象なのですが、みなさんはいかがですか?

ミドルエイジ以上になると、このような鮮やかな類いの色は、素材(質感)をはじめデザイン全般に気を配らないと、少し違和感を覚えるなぁ…とは個人的な所感です。「黄み」が強くなると、それだけで“若い色”の印象になりますから、その辺りとの微調整をしたくなるのです。

生産技術の向上により、随分と身近なものにはなりましたが、やはり“発色のよい色(素材)”は、それなりのお値段がします。一方で、安価バージョンになると、妙に“安っぽさ”といいましょうか、品がなくなる感じが否めません。さりとて、“そこそこ(お手頃)”辺りも、そうそうあるわけではありません。『アメジスト』などの発色の良い紫あたりも、同様の理由から、探すことに苦労する色だと感じています。

「色は素材次第」というのは、偽りのないこと。

そんなあんなを勘案すると、潤沢なバジェットが許される一部の人々以外は、「黄み」が強く、且つ鮮やか、つまりは “若い色”である『ローズ・イビス』は、ニット素材など、思いっきりカジュアルなアイテム、それもボーイズライクなテイストで取り入れるか、はたまたブローチやスカーフなど、アクセントカラーで効かせるかといったあたりでしょうか。

『ローズ・イビス』は、確かに鮮やかな色ですが、なるほどどうして微妙な色ですから、合わせる色は潔く引き立て役に徹することが可能な無彩色がお薦めです。 ウール素材のミディアムグレーなどもいいですね。

精妙な色味を伝えたい場合は、明暗のコントラスト感に気を配りましょう。 メリハリをつけすぎないように。せっかくの色味の印象を知覚させることが難しくなってしまいますから。
by inluce | 2012-10-31 21:14

110 大天使アンブリエル

f0043134_18333261.jpg
2012年5月31日に誕生した新しいボトルです。
ボトルのインフォメーションについては、ASIACTのHPにて詳しくご覧いただけますので、そちらにお任せするとして…。



オーラ・ソーマは、時代と共に進化する過程において、ボトル数が増えています。時代の流れと共に、私たちの意識・無意識にも変化が起こりますから、それを反映してのこととされています。

一方で、この“ボトル数の変動”ということが、カラーセラピーを学ぼうとする時に、オーラ・ソーマをセレクトしない原因の一つになっているようです。なぜならば「ボトルの維持管理が大変だから」「いったん学んだことに追加事項が加わるのが大変」などと思われるところにあるようです。

何をセレクトするかは、ひとそれぞれ、その分野とどのように関わろうかということに委ねられますので、ここではこれ以上は触れません。

けれども、私がオーラ・ソーマと関わり続けていられるのは、 この“ボトル数の変動”があるがゆえなのだろうと、思っています。

オーラ・ソーマの正式名称は、オーラソーマカラーケアシステムです。システムとは「ある目的のための秩序だった方法、体系、組織(精選版 日本国語大辞典)」のことです。そして、そのシステムが“変動するシステム”であるということは、それば「オープンなシステム」あるいは「開かれたシステム」であることの証です。

“癒やし”からは少し逸れますが、インターナショナルな色彩体系としてお馴染みのマンセルカラーシステムも、同様に開かれたシステムです。マンセルシステムの考案は1905年。マンセルは、後世における科学技術の進歩により、未知なる鮮やかさをもつ色が誕生した時に備え、彩度に対するオープンな概念を提唱しました。これが「マンセルツリー」と呼ばれるマンセルシステム特有の色立体を構成する要因になっています。

実際に、私が色彩学を学び始めたころは、最高彩度値はRの色相あたりで、たしか14.8あたりでしたが、最近目にしたものは16.8でした。調べればより高い彩度数値を持つ色彩もあるかもしれません。

癒やしの世界では、“変化こそが唯一の普遍”と言われます

このように考えるならば、“変動のある”「オープンなシステム」あるいは「開かれたシステム」といえるオーラ・ソーマには、「色の癒やしの“普遍的な姿”」に対する真摯さと可能性を覚えるのです。

ちなみに、カラーシステム(色彩体系)については、カラーコーディネーションの際のガイドスケールとして用いることが多いため、マンセルに拘わらず用いていますが、色彩体系中の色表にない色の場合など、やはりマンセルが扱いやすいですね。そういう意味で、包容力が高いなぁ…と思います。

さて、110番のこのボトル。数秘では「1+1+0=11 / 1+1=2」となります。奇しくも「6+5=11 / 1+1=2」の私の個人周期数とぴったりです。というわけで、ぬりぬりしています。
by inluce | 2012-10-23 18:34

書籍情報の落とし穴。

書籍情報≠パーソナルカラーの全情報
パーソナルカラーの書籍とは、理科実験室にあった人骨模型のようなものです。




何かを知ろうとした場合、本や、今であればネットなどで情報を得ようとします。これは至極当然なことです。「本」とひとくくりにすることそのものに無理を感じますが、専門書や研究所を除いた場合、書籍に掲載できるテキスト(文章)というのは、かなりある部分に限られた情報といえることがあります。特に、感性感覚に委ねられるカラー関連(カラーセラピーの類いも含めて)などは顕著です。

パーソナルカラーに限っていえば、書籍情報というのは1970年代にリリースされた本と、近年発刊された本との間の情報に大差はありません。これは一般化できうる情報に限りがあるということです。

一つ例えてみるならば、ソフトさん(世間でいわれるところのsummerさん)などは、「色白肌の持ち主」などというのが一般化された情報で、これ自体は誤りではありません。確かに、その傾向はみられます。けれども、以外に多いのですよ!「色黒のソフトさん」。

もう一つ例を挙げてみるならば、「個性的な印象の持ち主」という説明が加えられることが多いビビッドさん(世間でいわれるところのwinterさん)ですが、ところがどっこい「超地味〜」なビビッドさんなどもおみえです。(もちろん、この方たちはビビッドカラーで見違えるように変貌されましたが)

おまけに昨今では、パーソナルカラーそのものが、かなり個性化されてきています。もちろん時代の要請があってのことですが、個別性の高い情報は、活字化されることが難しいのです。

というわけで、パーソナルカラーの書籍を読んでも「何だかなぁ〜」と感じている方々、がっかりしないでください。そこに書かれているのは、人間情報でいうところの骨情報のようなものです。無論それが “人”そのものをトータルに網羅できるものでないことは…一目瞭然ですよね。

「本やネットの情報で十分!」という方は、もちろんそれでOKです。装丁の気に入ったものを1冊お選びくださり、必要に応じてパラパラさせればばっちりです。
「本やネットの情報では不十分…」という方は、本の世界で書かれていることで満足・完結させるのはやめましょう!なぜならそこで出会った情報は、世間一般に向けられた情報であって、あなたそのものに向けられた情報ではないからです。

そしてもう少しだけ加えるならば…
by inluce | 2012-10-23 18:22

ゆるりゆるりと寛ぎながらも、シャキッとやる気も充填させる…そのような“ゆる気”を育むスクール&サロン イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31