ゆるりゆらりと寛ぎながら、シャキッとやる気もばっちりと。そのような“ゆる気”を育み、気軽(気を軽く・楽に)生きることをサポートする イン・ルーチェのブログです。  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:easy going( 4 )

f0043134_22113481.jpg
皆さま、こんにちは、イン・ルーチェです。今日は、イン・ルーチェ付近は、とても暖かな1日でした。風も柔らかく、日中は窓を開けていることができたほどです。久々に、しっかりと換気ができ、室内を新鮮な空気で満たすことができました110.png

f0043134_22162466.jpg
「やってらっしゃることが多岐に渡りますよね」
このように言われることが多いのですが151.pngおそらく、講座やワークショップが、都度、名称を変えて展開されているからだろうと思っています102.png

とはいえ、私としては、のびのび生きる、Easy Going、周囲の意見にふりまわされない …etc 辺りをとても大切にしていることに変わりなく、それを実践・実現できる手法ならびに方法論をお伝えしていることも、20年あまりブレずに同じです。呆れるほどに、飽きません129.png

同じ結果であれば楽にたどり着ける方法を考えることも、変わりありません。元来が、とても合理的にできているようです。

そして、この「楽に辿り着ける」ということのために、無意識領域とのワークを尊重しているのだと思っています。

コーディネートのような目に見える世界のことであれ、コミュニケーションのような相互作用的なことであれ、計画実現のような自分一人で行うことであれ、リラックスといったオフモードのとりかたであれ、無意識領域を活性化させることで、楽さ倍増できるのですから、活用しない手はありません。

楽さ倍増の優先順位は、時代の中で移り変わることもあります。ですから、その都度、必要を思われるジャンルの楽さ倍増を試みてきました。「やってらっしゃることが多岐に渡りますよね」とは、その結果だと思っています。

f0043134_22115357.jpg
新春企画の第三段はこちらです。「ギフトと強み」にフォーカスしたクラスです。
近年、「強み」への関心が高まっているようですね。「強み診断…」と銘打ったものを見かけることが多くなりました。

「強み」には、様々なレベルのものがあります。

「強み」は、本来、その人の生き方をスムーズにするものですが、人によっては、余り心地よく、快く感じていないケースもあります。それは、強みの種類とレベルによります。

このクラスでは、「自分を本当に強くしてくれるギフト」という観点から、「強み」に向かい合っていきます。

楽〜になりますよ! 色々なことをすることが!!

ご興味ある方は、一度、資料をじっくりとお読み下さると嬉しいです110.png

こちらもホームページへの掲載がおいついていませんが105.png コンタクトフォームから、お問合せ・お申込などお寄せいただくことができますので、お気軽にお問合せくださいませ。一人でも多くの方とご一緒したいな、と思っていますので、よろしくお願いいたします110.png

ではでは、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。引き続き、皆さまにとって、寛いだ素敵な時間となりますように。

引き続きトップ画像の追記です。久しぶりに愛犬こばらを登場させました113.png


自我の芽生え…!?
by inluce | 2018-01-16 22:40 | easy going
f0043134_17331709.jpg

皆さま、こんにちは、イン・ルーチェです。寒いですが、青空が嬉しい週末です。いかがお過ごしでしょうか?

f0043134_10415061.jpg
立て続けの赤色画像ですが、愛用のダンベルです。一つ500グラム、かれこれ20年以上の付き合いになります。リビングに置いてあり、TVを見ながら、あるいは仕事の合間にえっちらおっちら。ちなみにサロンにも別のタイプのものが置いてあります。室内のセッティングを終え、クライアントさんや、生徒さんがお見えになるまでの隙間時間にえっちらおっちら持ち上げています。

上方にえっちらおっちら。
両手を拡げて、ウエスト辺りから肩の高さまでえっちらおっちら。
肩の高さをキープして、背面にえっちらおっちら。
最後にウエストひねりをえっちらおっちら。

だいたいこんな感じです。それぞれ30回ずつ。以前は50回でしたが、減らしました151.png
私にとって、ダンベル30回というのは、1クール、一呼吸といった感じだと気づいたからです。ミニマムロットみたいな感じ。

50回やっていたときも、たいてい30回でインターバールが入りました。で、このインターバルを挟んで再度、、、というのが、億劫というか、だらけ癖を誘発させるというか、とにかく怠けやすくしているのではないかと思い、ミニマムロットの30回にしてみたのです。

大正解!サクサクできるようになりました166.png

f0043134_10523672.jpg


こんな感じが「植物的な脳」をベースにした行動計画です。私にとって。

ものすごくアグレッシブで上昇志向の強い方を除いては、モチベーションはある時期を境に目減りしてきます135.png ごく自然なことなのでしょうが109.png ですから、「一年の計」らしきものを、周囲のムードや時節の雰囲気にあやかって、企ててみたところで、季節の移り変わりとともに薄らいでいくことも珍しくありません105.png そもそもが「できたらいいな〜」程度の、ゆる〜い、低〜いモチベーションと化しているからです128.png 「何が何でも〜133.png133.png133.png」などと、力みをいれようにも、入るパワーもそれほどありません。

とはいえ、「まぁ、なるようになれば…」とまで、悠然と構えるには、いささか早く、「できたら○○したいな〜」「新しいことにも、やっぱりチャレンジしてみたいし…」といった、ほんのわずかな血気も残っているような、、、50歳ってそんな感じかなって思い始めています。


「何が何でも〜133.png133.png133.png」という思いが強いのであれば、【動物的な脳】の力は必要です。
けれども、「できたら○○したいな〜、ライフワークバランスも整えながら109.png109.png109.png」というのであれば、【植物的な脳】の力が必要になってきます。40歳を過ぎる頃までは、【動物的な脳】中心の時代ですし、実際にそれで、ある程度はどうにでもなりますが、40代も半ばになってくると、それまでのやり方では、少し無理が出るというか、機能しなくなる部分って、沢山あるのではないかと思います。

けれども、長い時間慣れ親しんだ方法をメンテナンスするって、結構、エネルギーが要ることだったりもします。私も、ようやく、身体が応答するようになってきたように思っています110.png

f0043134_11094200.jpg
通常の社会生活を送る場合は、【動物的な脳の目標の立て方】が主体となることが多いのですが、このクラスでは、【植物的な脳の目標の立て方】に着目することから計画のくみ上げを行います。これは、季節や天候を配慮したプランニングのようなものです。科学技術が発達する以前から、ごく自然に私たちの営みに組み込まれた、理に適った、且つ無理と無駄のない手法だと言えるでしょう。

これまで、計画倒れになりがちで、「新年の計画〜?立てたってどうせ実行できないし、、、」と言う方、あるいは「実行はできるだろうけれど、どうも力みがち…もう少し肩の力を抜きたいな」という方、「せっかくならば、目新しいユニークな視座から目標計画を立ててみたいな」という方などに、是非、ご参加いただきたいクラスです。(「いにしえの叡智を日々に活かす 〜2018年の目標・計画の組み上げ方〜」フライヤーより」

2018年1月29日(月)ならびに、2月3日(土)に開催します。イン・ルーチェの講座やワークショップの月曜日開催は珍しいので、ご都合よろしければ、是非、ご参加下さると嬉しいです110.png

ホームページへの掲載が追いついていませんが119.pngこちらのコンタクトフォームからお問合せ・お申込を寄せていただければと思います。お一人でも多くのご参加を楽しみにお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします110.png


ではでは、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。引き続き、皆さまにとって、寛いだ素敵な時間となりますように。

引き続きトップ画像「ヘルシオホットクック」についての追記です。

その前に、、、途中に登場した、美味しそうなドリンク113.png
近くのバーでいただく「アイリッシュコーヒー」です。最近は、これをシメにいただいて、頭を少しシャッキリさせて、身体をポカポカにさせて、帰路についています。ほろ酔いウォーキングを楽しんでいます。











ヘルシオホットクックの使い心地
by inluce | 2018-01-14 11:38 | easy going
f0043134_23255574.jpg
皆さま、こんにちは、イン・ルーチェです。今日も冷えましたね。
今朝9:00あたりにサロンのセッションルームにあるファンヒーターのスイッチをいれたら、気温3℃と表示されました。見ているだけで、凍えそうです。雪の影響も出始めているようです。積雪地帯の皆さまには、大事ないことを願うばかりです。


f0043134_23310336.jpg

今週に入り、ようやくイン・ルーチェも平常モードに戻りつつあります。セッションでは、やはり「今年1年をどのように、、、」といったテーマが多いです。

私も、新しい年に入ると、その年の過ごし方や意識しておきたいことなどを決めていきます。ですが、数年前から、その決め方そのものが変わりつつあります。

新しい年を迎えると「今年はどのような年にしようかな…」との考えが頭をよぎります。そして、このように目標や計画を立てる場合、【動物的な脳の目標の立て方】と【植物的な脳の目標の立て方】とに大別することができます。

通常の社会生活を送る場合は、【動物的な脳の目標の立て方】が主体となることが多いのですが、このクラスでは、【植物的な脳の目標の立て方】に着目することから計画のくみ上げを行います。これは、季節や天候を配慮したプランニングのようなものです。科学技術が発達する以前から、ごく自然に私たちの営みに組み込まれた、理に適った、且つ無理と無駄のない手法だと言えるでしょう。(「いにしえの叡智を日々に活かす 〜2018年の計画・目標の組み上げ方」フライヤーより)


一般に計画立てという場合、やはり【動物的な脳】で、立案しているなぁ、と思います。しかし、年齢も積み重なってくると、計画倒れに終わりやすいのも、この【動物的な脳】によって立てられた計画が多いです。ですから、最近では、【植物的な脳】も組み込んだ計画立てをしています。


これがとてもいい感じに進めることができるので、ご一緒できる方を増やしたいなぁ、と思って、新春イベントをご用意しました。

f0043134_23261200.jpg
本当は、もう少し、詳しく書くつもりでいましたが、うっかりつけたTVで、今日からスタートした石原さとみさん主演の『アンナチュラル』が、とても面白く、ついつい見入ってしまいました。23:00も回ると、頭の回転も鈍るようになったので103.png、続きは次回にさせてくださいませ。

『アンナチュラル』は、連ドラ予約にしようかな〜と思っています。

ではでは、こんな宙ぶらりんな感じですが、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。引き続き、皆さまにとって、寛いだ素敵な時間となりますように。

以下は、少しだけ、トップ画像についてです。






やっぱり和三盆。
by inluce | 2018-01-12 23:46 | easy going
f0043134_14312460.jpg
あらためまして、皆さま、あけましておめでとうございます。
今年も、できうることから、よい年にしていきたいですね。どうぞ、よろしくお願いいたします101.png

「一端立ち止まって、改めて考えてみる。お正月の意義はここにあるのではないかな、と思っています。これは老いた今でも変わりません。」
次の誕生日で84歳になる父が、元旦の食事会の最初に話した言葉です。(なぜだか分かりませんが、昔から、我が家では、家族揃った食事会となると、その冒頭に父の一言があります105.png

「easy going (イージーゴーイング)を、どのように伝えたらいいのだろう?????」

年始から私が考えていたのは、このことです。実際には、昨年もずっと考えていました。

ヒプノシスや瞑想の先生方の個人セッションを受けると、セッションも終わり、お礼を言って、ドアノブに手をかける頃に「Go easy.」と声をかけられることがあります。

また、インナーワークの講座などでは、「disease(病気、不健全な状態)」とは、「dis-ease」の状態のこと。などと語られることがあります。「dis」打ち消し語ですから、「ease」ではない状態ということなのですが、この「ease」を日本語に表そうとすると、なんだかしっくりこないというか、難しいなぁ、誤解されそうだなぁ、、、と、長らく思ってきました。「easy going」も同じです。

実は私、この「easy going」という表現の大ファンなのです113.png

トップ画像にも登場している電子辞書で、片っ端から調べてみると、、、、、、
easy…容易な、平易な、堅苦しくない、わかりやすい、(…することが)易しい、たやすい、簡単な、楽な、(…し)やすい、〈人・生活などが〉苦労[不便]のない、安楽な、安泰な、〈人・心・気分などが〉心痛[不安、悩み、心配]のない、安らかな、穏やかな、〈物・事が〉くつろぎ[安らぎ、慰め]を与えてくれる、気持ちの良い、快適な、楽な、、、、、、、、などと続きます。

最高!!!162.pngな感じがしませんか?

とはいえ、「楽に、簡単に、」などとなると、勤勉な日本人には、どうも居心地よく収まらないこともあります。なんだかなまけているような気分になるんですよね。
事実、更に続く意味には、〈人・性格・品行などが〉だらしのない、のんきな、ものぐさな、無精な、安逸にふける、、、なども記されていますから。

f0043134_15150790.png

楽な状態とは、身体に余分な力が入っていない状態のこと。
ベストパフォーマンスのためには、必須のコンディションであることは、スポーツ科学などでも折り紙つきです。

ですから、ネガティブな理解ではなく、ポジティブで肯定的な理解で、「楽・easy」と関わったら、日々の暮らしは、もっと過ごしやすく、機嫌良くなるのではないかと、ず〜っと考えていたのです。

というわけで、「気軽に・気楽に」と当てはめてみました。
イン・ルーチェのサイトには、このことを、もう少しだけ詳しく説明していますので、よろしければご一読くださると嬉しいです110.png


そして、これからは、この「気軽に・気楽に」を切り口に、ブログを書いてみようと思い、これまでのカテゴリーも一新することにしました。まだ、ほとんどありませんが、これから少しずつ増やしていけたらいいなぁ、と思っています。

f0043134_15244026.jpg
新春のセッションです。3月5日までの限定メニューとなっていますので、ご興味ある方は、是非、ご予約くださいませ。
上記のホームページからご予約いただけます101.png

ではでは、最後まで、お読みくださりありがとうございます。どうぞ、皆さま、easy goingで行きましょう173.png

引き続きはトップ画像に関するおまけ追記です164.png






今年の手帳たち。
by inluce | 2018-01-06 15:44 | easy going