カテゴリ:未分類( 182 )

【ハートに手を当てながら目覚める】ことについては、確か、A3サイズ2枚、両面併せて8ページという、今にして思えば、結構ボリュームのあるニュースレターを制作していた時にも、お伝えした記憶がありますので、2009年頃でしょうか。あの頃から、ずっと毎朝行っていることになります。


f0043134_11181748.jpg



うっすらぼんやりと目覚め始めるころに、ハートに手を当てるという、いたってシンプルで簡単なこと。

けれども、目下トレーニングに入っている【ハート瞑想(R)】の先生方から、この方法もハート瞑想の一部に含まれると教わってから、一層日々の生活に定着するようになってきました。

ただ、ぼんやりと、手を当てているだけですが、手を離すタイミングだけは、ハートの直観に任せます。これが日によって異なるので、面白いんですよね。

何か浮かぶときもありますし、ひらめきというか、内なる声のようなメッセージを感じて、「メモメモ!!!」となる時もあります。

今朝は、小さな雑草のような、それでいてしっかりと鮮やかなすみれ色をした花が見えました。

現実には目にしたことがない花です。
黄色であれば、似たような花を見たような気もします。

で、今度はしばらく、その花を見つめていました。
小さいながらも花はしっかりとしていて、葉も伸びやかです。

ギュギュギュっと濃縮されたエッセンスを感じました。

その後、一瞬眠りに陥ったようで、その時には、身近な人が登場しました。けれども現実とは全く異なる暮らしぶりです。

その時に私にやってきた感覚は、、、、、、

何かを選択するということは、それ以外を選択しないという選択でもある。けれども、選択しなかったといっても、それに伴うリソース(本質)そのものは、失われるものではないんだな〜という感覚。

選択されたことに伴うリソースは、否が応でも日々関わるために、自覚ってしやすいと思います。
けれども、リソースそのものは選択に伴って産出されるという性質ではないので、どのような人生(この言い方が大げさであれば、日々の生活)であっても、様々なリソースは、確かに内在していますし、望むのであれば、現在の日々に用いることができるということになります。

で、今朝は、うすらぼんやりした感覚の中で(所謂α波の状態というのでしょうが)、そんな体験がやってきました。

いいですよ!
胸に手を当てて目覚める朝って!!
皆さんにお勧めしています!!!
by inluce | 2016-02-03 11:18
頭の中が、すっきりとした、まるで晴天のようだったらいいなあ…。
ちなみに、私は、秋に見られる高さのある青空が好きで、そこに少しだけ冷たい風が吹き込んでいたら最高ですね。

そんなことを望みながら、たどり着いた1つがアクセスバーズです。

【アクセスバーズについて】

難しいことは分かりませんが、人工知能というくらいですから、頭とコンピューターとの間には、共通要項が多いのだろうと思います。

丁度、色彩学で「眼のしくみ」を学ぶ時に、カメラに喩えられるようなものでしょうか?

f0043134_15385169.jpg



改めて考えてみると、脳は、HD(ハードディスクドライブ)とCPU(集積回路)の双方に喩えることができるのだな〜なんて感じ入ってしまいました。

脳をコンピューターに見立てた場合、私達は、CPUとしての脳にフォーカスすることが多いのかもしれません。

事実、私が学んできた、ヒプノシスやクリーンランゲージは、CPU的な脳の使い方をトレーニングすることに有益だったように思います。

とはいえ、HDとしての脳にフォーカスすることも大切ですよね。

ヒプノやクリーンで、CPU的な脳の使い方をエクササイズした後に、考えるようになったことです。

HDという喩えではありませんでしたが、【脳の中がすっきりしていた方が、ヒプノやクリーンがより作用しやすいのではないかな?】という思いからでした。

【脳の中がすっきりしていた方が…】というのは、事実、脳の中には、周囲から提供されたさまざまなプログラム(価値観、思い込みetc)が、所狭しとインストールされているからです。

インストールされていることに気づくことは、PCの作動状況が今ひとつである要因の一つを知ることになるので、少しだけすっきりできるのですが、実際の動作をサクサクさせようと思った時には、これでは不十分で、削除、削除、また削除。とPC内の断捨離ならぬ、脳の断捨離が必要になってきます。

そうすれば、CPUの動きも、必然的にスムーズになってくるというわけです。
スムーズというのは、実際の動作、身体感覚を伴う状態にまで落とし込まれていることを示します。

頭であれこれ納得できるだけではなく、実際の暮らしの中で、体感的にスムーズさを感じたいな〜と思う場合は、レクチャー(理論)のインストールではなく、まずはリリースから…と、なったわけです。

私は、仕事柄、瞑想やリトリートワークに時間を費やすことが可能ですが、周囲を見渡せば、それが適わない現実もたくさん目にします。

だからこそ、クライアントさんに、無理なく、ストレスなく、お受けいただける人知的テクノロジーを、あれやこれやと探求しているのかもしれません。

More
by inluce | 2015-11-24 17:06
この連休は、アクセスバーズ(R)のセッション続きでした。

アクセスバーズ(R)は、20年以上も前に誕生し、現在180余りの国で親しまれています。

【悪くても、良いマッサージを受けたようは深いリラックス感を得ることができ、良ければ、あなたの一生を変えるかもしれません】

このように言い表されることの多いバーズですが、私との出逢いは【脳の深部からの寛ぎ】をオファーできる技法を模索していたことに始まります。

瞑想などでも【脳の深部からの寛ぎ】を得ることはできますし、私もその恩恵にあやかってはいますが、誰でも一様にそうなるとも限りません。

また、これまで学んできたことのお陰で、【感情に振り回される】ことが減ったとは言え、依然としてアロマトリートメントなどを受けていても、脳の活動は活発だったりします。

それらがアイデアなどであると、良いことのように受けとめる方も多いかもしれませんが、これを肯定すると24時間起動し続けることをヨシ!としてしまいます。

おまけに、不必要なことや、よろしからぬあれやこれやで起動しているのが、世の常というものです。

ですから、いたってシンプルに単純に【誰の脳であっても、簡単に手軽に、晴天の青空のようになったらいいな〜】との、不届き且つ怠惰心旺盛な思いから、探し求めていたのです。

f0043134_12192266.jpg


バーズはコンピューターのHD(ハードディスクドライブ)のようなものです。そしてバーズのセッションは、そのハードディスクドライブに、溜まりに溜まった不要なファイル(ソフトウエアやデータなど)を削除して、サクサクと動きの良い状態へとリカバリーさせていくようなものです。

不要なファイルが放置されたPCって、動きが悪くてストレスですよね。
私達の脳も同じです。
とはいえ、私達は、脳のことを、まるで底なし沼ならぬ【底なしフィールド】のように思ってしまい、ファイル削除というメンテナンスを怠りがちなのも事実。

バーズで、すっきり、サクサクと動く、晴天の空のような脳を体験してみませんか?

More
by inluce | 2015-11-24 12:34
19:00〜21:30というタイムテーブルで、【オーラ・ソーマコンサルテーション&チャクラバランシング】のセッションをお受けいただきました。

今年の8月から【プロセスセッション】と銘打って、月1ペースで6ヶ月間お受けいただいているセッションの4回目です。

お仕事帰りのクライアントさん。1時間ほどドライブをして、イン・ルーチェのサロンまで通って下さっています。

f0043134_16251860.jpg



セッションは、毎回、「前回のセッション以降、どのように過ごしておいででしたか?」とお尋ねすることから始まります。

ご自分の感情が乱されるような言動に遭遇しても、そこに対するリアクションをすることが軽減されているようです…とお話し下さりました。

一生懸命に、思考でその振る舞いをイメージされたり、言い聞かせたりすることは一切なく、気づいたら、そのような新しい振る舞い方をしていた、ということで、これが、ボトルワーク(オーラ・ソーマのボトルを身体に塗布する)ことの恩恵だなぁ、とお話を聞きながらしみじみ感じ入っていました。


さて、夢に向かって頑張っておいでのクライアントさん。
今回のセッションでは、夢に名づけられたラベル(職種)ばかりに目が向けられておいでだったことに気づかれ、そのラベルによって可能な行動→好きな感覚→強み→自己価値と、気づきを深めていかれました。

「なんだか嬉しくなりますね。これからが楽しみです!」

との言葉と共に、チャクラバランシングへ。1時間ほど、ゆったりと瞑想的な時間をお過ごしいただきます。このチャクラバランシングでは、オーラ・ソーマポマンダーが大活躍します。

ベッドから抜け出るなり、「このボトルが欲しいです!」と、任意でセレクトされていかれました。

また次回お会いするのが楽しみです。

More
by inluce | 2015-11-21 16:41
前回の続きのような感じです。


f0043134_2361352.jpg新学期が始まりました。
毎講義毎に、質問やら、感想やら…自由既述のシートを提出してもらっています。

「あれ? 私、教え方が上達したのかな?」と、ふと感じることが重なっています。
理由は、この自由既述シートに書かれている内容が、これまでとは少し異なっているからです。

「面白かった」「興味をもった」「難しかった」…などは例年どおりなのですが、それ以外の部分で、質的に向上しているのです。

その時間内に最も私が伝えようとしていることへの気づき…といった類いに関することに触れた既述が目立つようになりました。

で、ここまでならば、何と言うことはないのですが、「あれ? 私、教え方が上達したのかな?」と思った背景には、私自身は、その最も伝えようとしていることは名言していないのです。

教育(education)の語源は、「引き出す」の意をもつeducereとeducareという説がありますが、何というか、その「引き出し力」が、若干ではありますが、向上したような感覚を覚えているのです。


で、そんなこんなしていたら、今度は社会人クラスにご参加の方々から、「先生のように、人の良いところを見つけて引き出せるようになりたいと思っています」とのフィードバックが寄せられてきました。

嬉しいです。

それもこれも、余計なことや無駄なことや不要なことと同一化することなく、クリーンな態度で接するということが、備わってきたからこそかな〜と思っています。

educereのごとく、「引き出し力」を一層高めていきたいです。そうすることで、一人一人の異なる個性を、もっともっと開花させ、輝かせることに貢献できるだろうと思うからです。
by inluce | 2015-04-30 23:18
f0043134_934075.jpg今日は母アッシーの日。
月に1度のアロマサロンです。

フットバスでは、肩からそっとブランケットをかけていただいたり…
お湯に浸った足先を丁寧にバスタオルでふいていただいたり…

「何だかお姫様みたい…」とは、毎回口にしている言葉です。

「いくつになっても、このようなシチュエーションでのメタファーは『お姫様』なのね〜」と傍らでは思う娘です。

さて、私は一昨昨日に既にトリートメントを受けてきました。
サロンオープンから3年余り、ほぼ月に1度のペースでケアをお願いしています。

「月に1度、来て下さっているので、細かな身体の変調が、よく分かります」とは、その際に言われたこと。

そりゃそうですよね。
数ヶ月に一度となれば、セッションされる方も、前回の記憶は朧気なものになりますから。
さらにさらに、期間が長くなれば、当然のことながら、表層の疲れが、まずもってのケアの対象になりますから、なかなか深部にまで、時間内に及ばせることもままなりません。

これは、ボディワークであれ、私が提供してる類いのセッションであれ、同じことです。


そしてそして…
「神経と頭脳を使われているんだろうな…という、凝りや疲労が身体に出ることが多かったようですけれど、ここ最近はめっきりですね」とも言われましたので

「大したことしてないからじゃないの? ぼけ〜っと暮らしていますよ」とお伝えすると

「………、というよりかは、使い方が変わられたのでは?身体の?」と言われたのです。

f0043134_9124187.jpg最初はピンとくるようなこないような…でしたけれど、思い当たるのはこの感じ。

これは未読ですが、そのアロマトリートメントの後に見つけて、「きっとこういうことなんだろうな〜」と思ったので、目下アマゾンの欲しいものリストに納めています(^_^;)

【必要な時に、必要なエネルギーを使う】
平たくいえば、効率よくとなりますが、これってね、簡単なようで実はね、結構難易度高しなのです。

効率よくのためのあれこれで、反って労力を奪われるってこともありますしね。

で、このようなエコでロハスで、しかもエシカルで、日々の自分の行為を執り行おうとすると、どうしても必要になってくるんですよね。

【クリーン的な態度】と【リソース(本質的な才能や資質)】が。

きっと、私の身体における疲労の顕れ方に変化が起きたのは、これらについての学びが、ようやく少しずつ日常に根付いてきたからなのだろうと思っています。

f0043134_920157.jpg先ほどの本が、目下ウェイティング中なのは、この本のためです。

5月末に行われる「クリーンランゲージ講座」で使用するこの本を先に読むからです。
言ってみれば、先ほどのはイメージクリップのような感じですよね。

カラーコーディネートや、オーラ・ソーマに始まり、個人的趣向も相まって、タロットやら西洋占星術やら、生命の木やら、完全にオカルト(神秘主義思想)の領域まで、どっぷりエンジョイしているのですけれど、狭義と言いますか、身近なレベルで言えば、目指しているところは、ずばり、あのイメージクリップのような暮らしです。

99%の無駄を捨てる!
そうしたら、、、、、、もっとゆったりと寛いで生きていられると思うからです。これは20代半ばの頃から、直観的に感じていたこと。ですから、そのために必要なことを学んできたのだろうと思っています。

あ、でもね、蛇足を許していただけるのであれば、「色の正体は光」という大発見をした、かのニュートンも神秘主義者だったのですよ。色の世界にどっぷりつかれば、神秘の世界にいきますとも!というのは、私の持論です。

ま、この程度の持論であれば、さして害もないでしょうが、時には持論の展開が、コミュニケーションの大きな障害となることもあります。そして、意外にもそのことに気づいている人は少ないようですね。

このあたりをクリーンに学ぶことができる講座を開催いたします。

f0043134_928974.jpgお申込・お問合せはこちらからお願い致します。
by inluce | 2015-04-30 09:29
陽気な日差しに温められた空気漂うトワイライトの時間帯って、何とも心地いいですね。

で、ゆったりと、アセアセしながら、明日の支度をしています(^_^;)

月に1度の高齢者施設のカラーセラピー講座。

誰にとっても、初めて聞く説明で、たったの1時間で何かを仕上げるなんて、容易なことではありません。

ましてや、90歳前後の方達にとっては言わずもがな…ですよね。

おまけに、指先などは、多少なりとも硬化されている方もいらして、私たちにとっては何てことない作業に、やはり難しさを伴う方も大勢いらっしゃいます。

「子供達からお年寄りまで、誰にでも手軽に簡単に取り組めます」とは、パステル和みアートセラピーの謳い文句ですが、ここではそれも通用しません(^_^;)
f0043134_18202095.jpg

このような円を描いてみることですら、ようやく…であったりするのです。そのような中で、できる限りの創意工夫を凝らして完成させた先月の作品がこれ。
f0043134_18204123.jpg

皆さんとても気に入って下さいましたし、可愛らしいテイストですから、施設スタッフの方も「欲しい〜」とのこと。このように、スタッフの方自身が気に入ってくださるレベルで提供することも、心がけていることの一つです。マストと言ってもいいかな。

で、明日のテーマは【エアーお花見】
エアーには二重の意味があります。

あともう少し頑張ります。
by inluce | 2015-03-22 18:21
パート1〜3まで、合計10日間に渡るサトルボディヒーリングのファウンデーションコースを受けていました。

夏の藤沢、秋の品川に続き、陽春の葉山にて(*^_^*)
f0043134_14101734.jpg


今回は、朝によるにたっぷりの瞑想つき合宿スタイル。

瞑想が脳の活性化に有用的ということは、今日、科学的立証も数多くなされていますが、それに違うことなく、前半は仕事のアイデアが閃く閃く!!!!!

で、後半は、どっぷりとハートの深いレベルからシンクロニシティを体感し、エネルギーの凝縮体としての、自分の身体を知覚するような、神秘的な体験が続きました。

いずれも情報としては既知のこと。
でも、どっぷりと体験と体感の中に浸ったのは、初めてといっていいかもしれません。
というわけで、理解が深まると同時に、これまで学んで来たあれやこれやのエッセンスが、統合を始めたようです。

また少しずつシェアをいたします。
f0043134_14103511.jpg

それにしても、最近瞑想合宿に縁づいていますが、これってやみつきになりそうな感じです。
リトリート効果抜群!

そしてバカンス感満載の道中の模様(*^_^*)
f0043134_149539.jpg

by inluce | 2015-03-18 14:12
取り急ぎ、フライヤーにてご紹介いたします。

3月4月のテーマは【イイ感じな出逢いと手放し】です。
で、これに絡めてあれやこれや…。

こちからはPDF資料をダウンロードいただけます。よろしければごらんくださいませ。

f0043134_16281714.jpg
f0043134_16282699.jpg


まずは、大まかなお知らせです。また、ゆっくりお知らせさせてくださいませ。
by inluce | 2015-02-21 16:29
f0043134_11515011.jpg
【情報編集 / editorial design】や【物語り編集】という概念に出会ってから7年ほどが経過します。

当初から、これらが「創造性開発」や「知の再編」に、多大なる貢献ができる方法論であると思い、ぞっこん…と惚れ込んで学んできました。

で、これを自分の創造性や知の再編に留めることなく、プログラムとして整備することができたのは、間違いなく、この1~2年、熱心に関わっている【クリーン・ランゲージ】のおかげです。

この【物語り編集 + クリーン・ランゲージ】という基本公式によって、「物語り編集的○○講座シリーズ」が生み出されました。

いずれのコンテンツも、私が学び得て10年~20余年が経過しています。世にも登場しているものばかりですから、決して目新しい内容ではありません。


けれども、そのコンテンツ(アプリ)を起動・稼働させる「物語り編集的」というスタイルは全く新しい感覚であり、脳ミソの使い方です。


まずは5月30-31日の「物語り編集的数詠み数秘学講座」からスタートしますが、そのお知らせは追ってまたということで、今日は全体図として、こんな感じをお届けします。

f0043134_1152338.jpg

by inluce | 2015-02-17 11:52

ゆるりゆるりと寛ぎながらも、シャキッとやる気も充填されている…そのような“ゆる気”を育むスクール&サロン イン・ルーチェのブログです  …どうぞごゆるりと…。


by inluce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31